大阪のホームページ制作会社

株式会社セブンデザイン

無料でできるSEO

SEO対策を行うには、それなりの費用がかかります。

基本的にホームページ運営段階で行うSEOは、無料でできるのですが、SEOのためのコンテンツが作成されていなかったり、そもそもホームページの構成がSEOを考えていなかった場合には、既存のホームページのリニューアルを行う必要が出てきます。

しかしこれらの施策はあくまで、ホームページ運営でのSEO作業を効率化させるための施策であり、これらが行われていなくても、確かに作業量は倍増しますが、無料でSEO対策を行うことは可能です。

そこで今回は、現在のホームページをリニューアルすることは考えていない、そしてSEO会社やホームページ制作会社に依頼するつもりがないという方向けに、無料でできるSEO対策をご紹介いたします。

無料のSEOで成果を出すに

基本的にSEOで成果を出す方法は、ホームページ内に新規ページを作成することと、被リンクを集めることの2つの対策が必要になります。

この2つの対策を考えたときに、上位表示と密接に関係するのは被リンクになっており、極論にはなりますが、被リンクがあれば上位表示は可能なのです。

ただし、その際にページ数が極端に少ないや基本的なSEOを行っていない場合はその被リンクの数が膨大な量必要になるので、できればホームページの内部を改定していったほうが良くなります。

また、さらにはホームページの内部がSEOに最適化されていないと、実は上がりづらいだけではなく、被リンク作業を辞めたあとに下がりやすくなり、例えば短期間で少しずつ検索順位が落ちてしまったり、落ちる幅が大きくなったりするなどの問題が出てきます。

そのため、できる限りホームページ制作会社を使ってSEOに最適化したホームページ制作をしたほうが良いのですが、それを行わないとなるとできる範囲はかなり限定的にはなりますが、以下のような作業になります。

当ページでご紹介するのは、あくまで無料のSEO施策になっており、制作されたホームページによっては本当に上がらないなどの問題があるかもしれませんが、その場合は、SEO会社やホームページ制作会社のサポートを受けると良いでしょう。

ALTタグを記述する

まずは、最も簡単に行えるのがALTタグの導入になっています。

ALTタグは、すべての画像についているタグになり、グーグルは画像をどのような画像化認識することができないので、このALTタグを使って画像の識別をしております。

このALTタグについては、グーグルも推奨していることもあり、SEO会社やホームページ制作会社なども導入することを進めているものになり、そこにしっかりと原稿を入れて画像の説明をしておくことで、グーグルの画像検索にその画像が表示されるようになります。

これらがどれほどの影響力を持っているかは謎ですが、スパム的にではなく、しっかりとその画像の説明を入れることで、ホームページのSEO効果を向上させる効果があると思われます。

各ページで固有の上位表示キーワードを定める

そして次にホームページにあるすべてのページで上位表示したいキーワードを定めていきます。

この作業においては、ホームページ内ですることではなく、エクセルなどでそれぞれのページのタイトルとアドレス、そして固有の上位表示したいキーワードを定めていく作業になります。

そしてすべてのページで上位表示キーワードが決まれば、それぞれのページのタイトルにその上位表示キーワードが使われているのかをチェックして、もし使われていない場合は改善をしていきます。

この作業は非常に大変な作業ですが、しっかりと行う必要があり、これらを行うことで、ホームページの成果を最大化することが可能になります。

各ページの原稿をリライト

そして、各ページの上位表示キーワードが明確になり、タイトルを改定したら次は本文を改定していきます。

この本文の改定では、そのキーワードで検索したユーザが訪れたときにそのページの内容が適切かどうかを考えて、画像などを変えるのは難しいかもしれませんが、原稿であれば変えれる方は変えれると思われます。

その際に注意が必要になるのが、文章の冒頭で必ずそのページで狙っているキーワードを2回程度使うこと、そして一つ目のHタグに狙っているキーワードを短文で含めることが大切です。

これらはアフィリエイターの方がよくやっている施策になっており、グーグルはホームページを上から順番に認識しているので、上にある情報のほうが重要であると考えるようになっております。

そのため、これらの作業をしっかりと行っていくことで、SEO効果を最適化することが可能になります。

XMLサイトマップとロボットテキストを導入

XMLサイトマップは当ホームページであれば「https://www.sevendesign.biz/sitemap.xml」になり、ロボットテキストは「https://www.sevendesign.biz/robots.txt」になります。

この2つのファイルは、本当にSEOにとって大切なファイルになるので、しっかりとトップページと同階層に設置をしていきましょう。

これらを行うことで、グーグルは御社のホームページを適切に認識してくれるようになるので、SEO効果の向上が早くなってくるのです。

グーグルサーチコンソールの導入

次にグーグルサーチコンソールを導入します。

こちらのツールは、比較的簡単に導入することができるので、SEOを行うのであれば必須のツールになっております。

取り敢えずSEOを行うのであれば、XMLサイトマップの送信とトップページのURL送信を行っておくことで、検索エンジンが正しくホームページを認識してくれるようになります。

被リンク対策

上記はホームページ内部の最低限の手直しになりますが、これらはサーバにアクセスする方法が分かる、そしてサーバの情報を編集する知識がある前提になります。

そのため分からない方は、行わずに被リンク対策だけを力を入れていきます。

この被リンク対策においては、2つの対策法があり、1つ目がライバルサイトのトップページに被リンクを張っているホームページに自分も連絡をして、自社の情報を掲載してもらうことになります。

このメールの返信率は非常に低いものになりますが、しっかりとこれらを行うことで、被リンクの獲得が可能になります。

そしてもう一つの対策が本当に大変なものになり、無料ブログを利用して、そのブログから自分のホームページへとリンクを行うのです。

その際に1つのブログからリンクを行い続けるのではなく、複数のブログを制作運営していくことが大切で、アフィリエイターなどにおいては、30位のブログを1年間運営してリンク対策を行っているようです。

これらを行うことで、少しずつリンクが増えていきますが、しかし上位表示を狙っているキーワードによっては、相当なリンク数が必要になるので、成果が出づらいなどの問題があります。

また、さらにはこの被リンクについては、闇雲に行うと一発でスパム扱いされてしまうので、必ず被リンクについての勉強を行ってから実施するようにしましょう。

無料でできるSEOは時間がかかる

基本的に現在のSEOは弊社の経験から、ホームページ制作会社であれば約1年、SEO会社であれば約半年の期間がかかります。

そのため、無料で行うSEOについては、それよりも倍くらいの期間を見ていく必要があること、そして効果測定をしながら効果がなければやり方に問題があることを疑い改善することが求められています。

しかし、基本的にざっくりにはなりますが、上記の施策が自分でできるSEOになるので、しっかりと行うようにすることで、少しずつ検索順位を高めれます。

もちろん、ホームページ内部がSEOに最適化されていないから上がらないというリスクはあるにしても、まずはこれらを行って様子を見てホームページ制作会社やSEO会社を頼っても良いかもしれません。

無料でできるSEO対策は本当に大変ですが、これから行われる方はまずは被リンクについてもう少し詳しく調べてから対策を行うことがお薦めです。

TOP

ホームページ制作実績