HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

無料ブログはインデックス未登録が多い?対策をしてもなかなか改善されない

無料ブログのインデックス未登録

弊社はホームページ制作後に、無料ブログの利用を推奨しています。

その理由は、SEOに依存しないための集客構造の構築になっているのですが、この無料ブログには、インデックス未登録が多いように感じます。

実際にそこまでの数の管理をしているわけではないので、分かりませんが、グーグル検索を行ったときにも、さまざまな情報が表示されています。

ホームページ制作実績の会社さまや当社に多発

現在、ホームページ制作実績の複数の会社さまと、当社で無料ブログを運営しています。

弊社では、無料ブログであったとしても、SEOは行うべきであると考えているので、必ずグーグルサーチコンソールを導入しています。

このグーグルサーチコンソールを導入することで、SEO上の問題点を知ることができるので、具体的な対策法を検討ができるのです。

そして、無料ブログでは一般的に見るデータは限られているのですが、その中の一つにインデックス未登録があります。

このインデックス未登録には検出とクロール済みの2つがあり、これらにリストアップされたアドレスのページは、検索結果に表示されません。

また、これまで調査をしてきた限りで言うと、現状では影響がないかもしれませんが、404NOTFOUNDになったページがクロール済み - インデックス未登録にリストアップされています。

もちろん、100%ではないにしても、もしかすれば、今後、何かしらSEO効果にマイナス評価を与える可能性があるので、しっかりと対応していくようにしましょう。

そして実は、小規模な無料ブログであればそれほどでもないのですが、無料ブログのページ数が増加すればするほど、インデックス未登録になるケースが増えているように感じます。

特に多いのがはてなブログ

はてなブログは非常に優れた無料ブログです。

たまたまなのかもしれませんが、当社がグーグルサーチコンソールのデータを見る限りは、複数のホームページではてなブログがインデックス未登録の数が平均的に多いと思います。

もちろん、その他の無料ブログにおいても多いのは多いですが、はてなブログほどではありません。

それはサイト運営法が悪いからだろうと考えたこともあったのですが、当社のホームページ制作は、あまりインデックス未登録の数が多くないのです。

もちろん、サイト運営などもマニュアル化してしまうか、レクチャーをしっかりと行います。

そのため、原稿を書いている人間が同じになるし、さらには被リンク目的で運営はしていただいていないので、クオリティーは本体サイトと変わりありません。

となってくるともしかすればはてなブログの組み方に問題があるかもしれませんが、この箇所はカスタマイズが必要になり、有料になっています。

そのため、多くの会社さまでは、インデックス未登録になる割合を出して、サイト運営を行われています。

例えば、50%程度がなると分かれば、2記事書いて1記事の効果を得れると考えていただくことで、具体的な目標を定めれます。

ただ、実際には、多くの場合で、アメブロに移転されるケースがあり、すでにアメブロが開設されている企業さまは、ライブドアブログかnoteに移転されています。

改善してみたけれども無理だった

ホームページ制作実績のクライアントさまから、少し多いので、何か問題点を抽出して欲しいと言われ、実際に当社で当社ブログで改善をして見ることとしました。

もちろん、作業は本当に時間がかかるので、有料ですが、改善されればレポートにして提出してくれればいいよと言うことでしたので、本気で取り組んでみました。

通常のホームページ制作でインデックス未登録を改善するには、更新頻度の向上とホームページ全体で内部リンクを張り巡らせることが中心です。

そのため、現在、公開している記事の内部リンクの最適化を中心に行い、さらには新規ページ作成も行っています。

もう一点、試している対策があり、それは画像の利用です。

これは、当社のイメージですが、画像があったほうがインデックスしてくれる可能性が高いのではないかと思い、対応をして見ました。

この作業を大体半年間続けてみたところ、確かに数は減りましたが、効果的な対策とは決して呼べない結果でした。

具体的には、100くらいのインデックス未登録が80から70くらいになった程度です。

60未満であれば、レポーティングをしようと考えていたので、少し数が足りず、半年間の労力としては少ないかもしれません。

そのため、お客さまには、現状報告だけを行い、もし実施するのであれば、レポーティングはするけれどもとお伝えすると、不要と言われてしまいました。

インデックス未登録が多発したら

もし無料ブログを開設してインデックス未登録が多発したときの対処法をお伝えします。

独自ドメインでホームページ制作

もっとも良いのが独自ドメインでブログサイトを制作し、そこで運用することになります。

当社であれば、独自ドメインでホームページを制作すると、インデックス未登録になる可能性が比較的低いです。

また、一般的にWebサイト制作会社が、作り込むホームページであれば、それほど発生する可能性がないと思います。

ただ、問題点としては、支払い料金が高くなるケースがあり、弊社の場合であっても50万円からの提供になっています。

無料ブログの変更

次に無料ブログを変更するのも手段です。

弊社の事例で多かったのが、はてなブログからアメブロへの移管になっています。

これまでの経験としては、アメブロはそんなに発生していないように思われますので、インデックス未登録になる確率を下げれるかもしれません。

ただ、更新している内容が、質が低いや極端に文字数が少ない場合は、移管をしても同じ結果になるので、その場合は以下で紹介するリライトを頑張りましょう。

リライトで頑張る

最後に、内部リンクの充実や質と更新頻度の向上を行い、利用している無料ブログで、インデックス未登録の数を減らす対策を行います。

ただ、お恥ずかしい話ですが、Webサイト制作会社である当社が失敗しているため、あまりおすすめはしづらくなっています。

もちろん、できないことはないと思われ、SEO会社が運用しているはてなブログは、ほとんどインデックス未登録がないようです。

ただ、他にも2つ選択肢があると理解をした上で対応するのが良いでしょう。

インデックス未登録の仕様はグーグル次第

投げやり的な考え方かもしれませんが、インデックス未登録の仕様はグーグル次第になっています。

そのため、もちろん本体サイトであれば、改善が必要ですが、無料ブログではそこまで気にしないというのも手ではあると思います。

実際に弊社のホームページ制作実績の会社さまの数社が、インデックス未登録は気にせず、はてなブログの更新を頑張っています。

その理由は、結局のところ現在の仕様で対応をしても未来は分かりませんし、放っておいても治る可能性も十分にあるためです。

そのため、最後にグーグル次第であると思って、そこまで気にせず、とにかくユーザーのための運用を継続するのもありだと思いました。

ただ、インデックス未登録の割合として、8割や9割の場合は、対応しなくてはならないと思います。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP