HP作成会社 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

グーグルがサポートしているメタタグ!ホームページのSEOで必須

グーグルがサポートしているメタタグ!ホームページのSEOで必須

メタタグとは、ソースコード記述の際に、ヘッドタグ内にコーディングするタグを言います。

このメタタグは無数存在しているのですが、その中でもグーグルがサポートしているものがあります。

今回は、グーグルがサポートしているメタタグにはどんなものがあるかをご紹介します。

ホームページ制作におけるメタタグとは

メタタグとは

メタタグとは、ホームページ制作のコーディングでヘッドタグ内に記述されるソースコードを言います。

上記の画像がメタタグになっていて、この記述を必要に応じて適切に行うことで、検索エンジンにこのページはどのような内容で書かれているかを適切に伝えれるようになります。

そのため、SEOを考慮するのであれば、適切な導入が必須になっています。

記載された情報は、基本的にはウェブブラウザで閲覧したときには、一切表示されないものになっています。

そのため、もし自社サイトやライバルサイトのメタタグを閲覧する際には、ソースコードを表示しなくてはなりません。

また、検索エンジンに伝えれるだけではなく、メタディスクリプションタグなどは、検索結果にも表示される情報になるので、最適な記述が必要になっています。

一般的にはWebサイト制作会社が作成してくれるため、お客さまフェーズではそれほど意識する必要はありません。

ただ、場合によっては、メタディスクリプションタグなどは、トップページをお客さまに原稿作成を依頼し、そのメタディスクリプションを全ページに入れるWebサイト制作会社もあります。

そのため、ホームページ制作が終わったら、最低でも確認だけはしていきましょう。

グーグルがサポートしているホームページのメタタグ

グーグルがサポートしているメタタグ

では、実際にグーグルがサポートしているメタタグをご紹介いたします。

こちらの内容は、グーグル検索セントラルにあるGoogle がサポートしているメタタグとインラインタグに記載されている内容になります。

項目はすべて紹介しますが、当社がホームページ制作で利用する機能紹介になり、全機能については、上記のグーグル検索セントラルのリンク先ページからご覧ください。

メタディスクリプション

<meta name="description" content="・・・">

メタディスクリプションとは、検索結果のタイトル下部に表示される2行ほどのテキストになっています。

このメタディスクリプションを作成すれば、検索結果に文言を表示させることができるため、当社ホームページ制作では必須になっています。

ただし、一点だけ注意点があり、それは、ページ個々で固有の文章を記載する点です。

詳しいメタディスクリプション作成法は、メタディスクリプション作成法のページからご覧ください。

ロボット

<meta name="robots" content="・・・">

ロボットとは、グーグル専用タグになっています。

ロボットにnoindexを記述することで、そのページをグーグルに認識させないように設定が可能です。

noindexの記述は、一般的には問題がないですが、当社ホームページ制作では、あまり推奨しておりません。

その理由は、グーグル自体でもnoindexの扱いは意見が割れており、当社では、インターネットにページを公開するのであれば、グーグル検索に表示されても問題がないと考えています。

サイトリンク検索ボックス

<meta name="google" content="nositelinkssearchbox">

サイトリンク検索ボックスとは、グーグルの検索結果に表示されるサイト内検索ボックスを言います。

サイトリンク検索ボックスを表示したくない場合に、記載が必要になりますが、当社のホームページ制作では利用した経験がありません。

言語

<meta name="googlebot" content="notranslate">

グーグル翻訳をオフにする機能です。

例えば、日本で公開しているホームぺージは基本的には日本語で記載されています。

そのホームページをアメリカで見たときに、勝手に翻訳されることを防ぐのに利用します。

特に翻訳されて問題はないと思うので、当社ホームページ制作では利用した経験はありませんが、必要であれば実装しましょう。

テキストの読み上げ

<meta name="google" content="nopagereadaloud">

Googleアシスタントというテキスト読み上げサービスを利用している場合に、勝手にテキストが読み上げられてしまいます。

これを防止するときに利用可能です。

グーグルサーチコンソール

<meta name="google-site-verification" content="・・・">

多くのWebサイト制作会社が利用するのがグーグルサーチコンソールの実装で利用するメタタグかと思います。

ホームページを制作すれば、グーグルサーチコンソールは必須であるため、もっとも多くの方が利用されていると思われます。

文字エンコーディング

<meta http-equiv="Content-Type" content="・・・; charset=・・・">

文字コードを指定できるタグです。

基本的には、当社ホームページ制作では、グーグルが推奨する「Unicode/UTF-8」を指定しています。

転送

<meta http-equiv="refresh" content="・・・;url=・・・">

AからBへと転送したい場合に、Aページに埋め込むことで、Bへと自動転送が可能です。

ただし、基本的には、この転送は利用せず、.htaccessを使って転送を行う手法が一般的になります。

ビューポート

<meta name="viewport" content="・・・">

レスポンシブWebデザインでは必須になります。

ビューポートを適切に設置することで、パソコンとスマートフォン、場合によってはタブレットで、レイアウトが変わったホームページを表示させることが可能です。

アダルトサイト

<meta name="rating" content="adult">

申し訳ありませんが、当社では、アダルトサイトを制作した経験がないため、詳しくは分かりません。

上記タグを入れることで、セーフサーチの検索結果から除外が可能だそうです。

メタタグに含まれないがSEO効果があるもの

メタタグの注意点

上記がグーグルがサポートするメタタグになっております。

グーグルサイトでは、紹介がありませんでしたが、以下も一緒にご確認をお願いします。

タイトルタグ

<title>・・・</title>

メタタグについて調べると、多くのページでタイトルを含めているケースがあります。

タイトルは、メタタグではありませんのでご注意ください。

ただ、SEOにおいて重要であることは間違いがなく、当社ではホームページ制作時からタイトルを最適化させるために、お客さまと密なお打ち合わせを行っております。

昨今で言えば、タイトルを変更しただけでSEO効果が出たという事例も多くあるくらい重要なので、適切なタイトル作成は必須になっています。

メタキーワード

<meta name="keywords" content="・・・,・・・" />

現在検索エンジンは、メタキーワードをサポートしていません。

ただ、実際に当社が調査した結果を見ると、結構な検索キーワード数で、10位以内に入っているホームページで導入しているケースが多いと思います。

もちろん、お客さまの判断次第ではありますが、もし導入するのであれば、導入しても良いかもしれません。

また、メタキーワードについては、メタキーワードってホームページに必要?のページで解説しておりますので、ご興味があればご覧ください。

メタタグを理解したWebサイト制作会社を

メタタグはWebサイト制作会社が設定

今回は、グーグルがサポートしているメタタグをご紹介いたしました。

クライアントさまにおいては、メタタグは触らないケースがほとんどでしょう。

唯一お客さまが意識すべきは、メタディスクリプションと場合によってはメタキーワードの2点です。

それ以外については、発注したWebサイト制作会社が適切に導入をしてくれているとは思い、しっかりと理解した業者を選定しましょう。

ただ、グーグルの認識においては、メタタグは非常に大切な要素です。

当社ホームページ制作では、不要なものはぜったにい入れないというのを徹底し、できる限りヘッドタグ内の行数を減らしております。

当然ですが、分母を減らしたほうが、グーグルはそのページを分析がしやすくなっているためであり、必要と不要をしっかりと分けていくことが大切です。

上記をご確認の上、自社サイトには、このメタタグが必要ではないの?やいらないのでは?と思われたら、ぜひそのホームページを制作したWebサイト制作会社へ問い合わせてみましょう。

そして、理論的に必要か不要かをしっかりと分けていれば、問題がありませんが、なんとなく入れていないや入れている場合は、最適化する方法を検討するのが良いでしょう。

ただし、昨今のSEOにおいては、メタタグが1行くらい増えた程度では、検索順位への影響はほとんどなくなってきたような気がします。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP