大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

グーグルサーチコンソールのインデックス未登録

グーグルサーチコンソールのインデックス未登録問題

2021年5月頃から、弊社ではグーグルサーチコンソールが示すインデックス未登録について、かなり調査を実施しております。

その理由は、弊社のWeb制作では、Web制作作業が完了した後、お客さまにグーグルサーチコンソールの見方を一通り説明しているため、お客さまからWeb運営中にグーグルサーチコンソールを見ると「インデックス未登録が増えた」とお問い合わせを多くいただきました。

そのため、弊社では、このインデックス未登録の問題を改善する方法を調査し始めており、それが大体2021年5月頃からスタートしております。

せっかくページ作成をしてもグーグルから評価されていない

このインデックス未登録のページは、グーグルからSEOの評価をされていないページになります。

そのため、せっかくSEOのためにページ作成を行っているのにもかかわらず、まったくSEOとしての効果がないページになっているので、SEOに取り組まれているホームページにとっては、記事作成時間を無駄にしたことに繋がるのです。

そのため、SEOを行われているホームページにおいては、このインデックス未登録のページは必ず改善していかなくてはならないページになっており、しっかりとインデックス未登録のページを改善し、インデックスされることで、御社のSEO効果は最大化すると言っても過言ではありません。

では、このインデックス未登録となってしまったページは、どのように判断を行うのかについてご紹介をいたします。

インデックス未登録の2つの種類

インデックス未登録は、グーグルサーチコンソールを導入することで把握することが可能です。

検出

グーグルサーチコンソールの「カバレッジ>除外>検出 - インデックス未登録」を見ることで、URLの検出はされたけれども、インデックスされていないページを把握することが可能です。

具体的な内容についてはグーグルが公表していないため、あくまで弊社が調査した結果になるのですが、この「検出 - インデックス未登録」はXMLサイトマップやfeed、rssなどによってグーグルはそのページのURLを知っているけれども、内容は見ていないというページのリストになっております。

そのため、「検出 - インデックス未登録」のページを改善するためには、グーグルに該当のページを見てもらうことが大切になっており、そのためには基本的には被リンク数を増やすことが大切になっております。

あくまで弊社の考え方ですが、「検出 - インデックス未登録」では、基本的には本文のリライトは不要になっているので、しっかりと被リンク数を増やしたり、ページの表示速度を高めることで、基本的には「検出 - インデックス未登録」を解消することが可能になっております。

クロール済み

実はインデックス未登録には、「検出 - インデックス未登録」だけではなく、「クロール済み- インデックス未登録」もあります。

この「クロール済み- インデックス未登録」では、クロールは完了しているページになるため、基本的にはそのページの質を高めることが必要になっております。

そのため、リライトを行ったり、ホームページ内外から該当ページへと被リンクを行ったりする必要があり、そのページ自体のSEOの価値を高めていく必要があるのです。

ただし、リライトを行う際には、良質なホームページとするために、しっかりとそのページを利用するユーザのことを考えることが大切になっており、ただリライトするだけでは「クロール済み- インデックス未登録」は改善されないと理解することが重要になります。

対策法のポイントは内外の被リンク

検出であれ、クロール済みであれ、どちらの場合においても、基本的には共通の対策としては、ホームページ内外の被リンクになっております。

グーグルの基本的な考え方として、2020年の半ば頃からしきりに「すべてのページをインデックスするとは限らない」と言い始めているイメージがあり、グーグルは本当に重要なページだけをインデックスしたいと考えております。

そしてこの重要か重要でないかは、そのページが良質かどうかもあるのですが、分かりやすい指標としては、外部の被リンク数と内部の被リンク数になっております。

もちろん、被リンクがあれば良いということはなく、良質な被リンクでなければならないですが、良質な被リンク数が増えることで、そのページは必ず重要なページであると認識され、インデックスされるようになっております。

URLの送信は意味がないことが多い

そしてこれらのインデックス未登録について、多くの方が行われる対策になるのですが、グーグルサーチコンソールからURLを送信してインデックスをして欲しいとリクエストを送る方法があります。

これについては実際に弊社もリライト後には行っておりますが、しかしリライトを行わずに、URLの送信だけを行っても、多くの場合で意味がないように思います。

実際の事例として、弊社がお客さまに依頼をされて、このURLの送信を1ヶ月もの間、毎日インデックス未登録のページに対してグーグルサーチコンソールからURLを送信したのですが、結果としてはインデックス未登録の100ページのうち、2,3ページが減少した程度になっておりました。

そしてその2,3ページも、たまたまインデックスされただけになっているため、おそらくURLの送信はまったく意味がないものになっております。

そのためインデックス未登録のページを改善する際には、URLの送信はリライト後には行ったほうが良いかもしれませんが、リライトを行っていない場合はURLを送信しても意味がないと理解をして、その送信時間をリライト時間や被リンク時間に当てることで、本当に効果的な対策が行えるようになるのです。

正しい判断を行おう

上記がグーグルサーチコンソールのインデックス未登録についての対策の概要になります。

このインデックス未登録は、SEOを行われている会社さまにおいては、せっかくページを作成したにもかかわらず、SEO評価をされていないページのリストになるので、必ず改善していかなくてはなりません。

そしてこの改善方法は、それぞれで結構明確になってきたと思っており、しっかりとこれらを対策だてて行うことで、御社のSEO効果は飛躍的に高まるのです。

このインデックス未登録については、さまざまな情報があり、インデックス未登録が多いと、検索順位が下がるという情報もあるのですが、インデックス未登録が多くても、そこそこ難易度の高いキーワードで上位表示しているお客さまもいらっしゃいます。

そのため、弊社の感覚的な話で言うと、インデックス未登録はもちろん改善すべきポイントにはなりますが、現段階ではそれほどSEOに影響がないと思っており、もちろん状況にもよりますが、インデックス未登録を無視するのであれば、これまで通り新規ページの作成を行われることも良いと思います。

もちろん、弊社の場合は、基本的には新規ページ作成を行いながら、少しずつこのインデックス未登録対策を行っておりますが、お客さまによっては、無視するという選択肢を取られているお客さまもいらっしゃり、そのようなお客さまには「現状では順位が落ちていないけれども、今後は分からない」とお伝えしたうえで、これまで通りのSEOを行っていただいております。

そのため、御社のホームページにおいても、このインデックス未登録と現状の検索順位をあわせて検討し、改善を行うかどうかは、正しい判断を行うことが重要になっていると思います。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績