大阪のホームページ制作会社

セブンデザインのスタッフブログ

グーグルサーチコンソールの導入と活用法

グーグルサーチコンソール(Google Search Console)は、検索エンジンのグーグルが無料で提供するホームページのSEO管理が行えるツールになります。

グーグルサーチコンソールを導入することで、ウェブサイトが抱えるSEO上の問題点の発見とその改善法を知ることができたり、グーグルにウェブサイトの情報を正しく認識してもらうことが可能になります。

そのため、SEOを行われているホームページはもちろんですが、例えば企業名やサービス名などで上位表示を行うだけでよいなど、本気でSEOに取り組む必要がないウェブサイトであったとしても、少しでも検索エンジンから訪問者の集客を考えているのであれば、必ず導入しなくてはなりません。

今回は、ほぼすべてのホームページで導入したほうがよいと言っても過言ではないグーグルサーチコンソールの導入法から活用法までをご紹介いたします。

グーグルサーチコンソールとは

グーグルサーチコンソールとは、検索エンジンのグーグルが無料で提供しているSEOの管理ツールになり、検索エンジンから少しでも訪問者を集客しようとお考えであれば、必ず導入しなくてはなりません。

グーグルサーチコンソールを導入することで、検索結果ページでの表示回数や平均掲載順位、ホームページが抱えるSEO上の技術的な問題点、被リンクの状況など、SEOに関わるさまざまな重要データを閲覧することができるため、そのデータを活かしてホームページの改善を行うことで、飛躍的にSEO効果を高めることが可能になります。

なお、グーグルサーチコンソールは、もともとグーグルウェブマスターツールという名称で、ホームページ運営者向けに提供されていました。

しかし、グーグルがグーグルウェブマスターツールの利用者調査を行ったところ、SEOの専門家やマーケティング担当者、webプログラマーなど、HPに関わるさまざまなユーザが利用していることが分かり、2015年5月20日に、グーグルウェブマスターツールからグーグルサーチコンソールへと名称を変更いたしました。

グーグルサーチコンソールの導入方法

グーグルサーチコンソールの導入は、非常に簡単に行うことができ、普段あまりインターネットを利用していない方であっても、15分前後で導入することが可能です。

なお、グーグルサーチコンソールを導入するためには、グーグルアカウントの作成が必要になります。

1. グーグルサーチコンソールで検索

グーグルサーチコンソールで検索したときの検索結果

グーグルにアクセスし、【グーグルサーチコンソール】で検索を行います。

検索結果の1位に「Google Search Console」のページが表示されるので、そのタイトルをクリックします。

2. 今すぐ開始をクリック

グーグルサーチコンソールのページ

グーグルサーチコンソールのページにアクセスしたら、「今すぐ開始」をクリックします。

3. グーグルアカウントでログイン

グーグルサーチコンソールにログイン

一度でもグーグルアカウントにログインしたことがある場合は、アカウントの選択画面が表示されるため、グーグルサーチコンソールで利用するグーグルアカウントをクリックで選択し、パスワードを入力して「次へ」をクリックします。

もし、一度もログインをしたことがない場合は、メールアドレスまたは電話番号とパスワードを入力して、「次へ」をクリックします。

4. プロパティを追加

グーグルサーチコンソールのプロバティを追加

グーグルサーチコンソールを導入するホームページの設定方法には、「ドメイン」と「URLプレフィックス」の2つがあり、ドメインの場合は、「http://またはhttps://」と「wwwまたはサブドメイン名」、「URLの最後の/」を含まないホームページアドレスを入力し、URLプレフィックスの場合は、http://www.example.com/のようにホームページのアドレスをすべて入力し、「続行」ボタンをクリックします。

ドメインでの設定

ドメインでの設定を行うと、「ルートドメインとサブドメイン」や「httpとhttps」でまったく別のウェブサイトを運営していた場合においても、1つの結果として表示されます。

具体的には、以下のURLがすべて1つの結果として表示されます。

  • http://example.com/
  • http://www.example.com/
  • https://example.com/
  • https://www.example.com/
  • http://sub.example.com/
  • https://sub.example.com/

URLプレフィックスでの設定

URLプレフィックスでの設定では、httpから始まるアドレスとhttpsから始まるアドレスなど、トップページのURLが少しでも違えば、別のウェブサイトであると認識します。

そのため、サブドメインでまったく別のウェブサイトを制作している場合や、例えばブログなどのコンテンツを別の結果で見たい場合などは、URLプレフィックスでの登録を行うようにします。

5. 所有権の確認

所有権の確認方法は、ドメインでの設定とURLプレフィックスでの設定で異なります。

ドメインを選んだ場合

ドメインでの所有権の確認

DNS設定の箇所にあるTXTレコードを「コピー」ボタンをクリックしてコピーして、サーバの管理画面のDSN設定に張り付けて保存ます。

保存ができたら、グーグルサーチコンソールに戻り、「確認」ボタンをクリックします。

URLプレフィックスを選んだ場合

URLプレフィックスでの所有権の確認

URLプレフィックスでの所有権の確認方法には、「HTMLファイルをサーバーにアップロードする方法」と「HTMLタグを記述する方法」、「Google Analyticsのアカウントを利用する方法」、「Googleタグマネージャーのアカウントを利用する方法」、「ドメインプロバイダにログインしてDSN設定にTXTレコードを張り付ける方法」の5つの方法があります。

「ドメインプロバイダにログインしてDSNにTXTレコードを張り付ける方法」は、サーバの管理画面にアクセスする必要があります。

そのため、あまりサーバの管理画面にアクセスしたことがない方は、「HTMLファイルをサーバーにアップロードする方法」か「HTMLタグを記述する方法」、「Google Analyticsのアカウントを利用する方法」がお薦めになります。

あまりサーバやホームページについて知識がない方であれば「HTMLファイルをサーバーにアップロードする方法」、グーグルアナリティクスを利用しようとお考えの方は「Google Analyticsのアカウントを利用する方法」がお薦めになります。

設定が完了したらグーグルサーチコンソールの「確認」ボタンをクリックします。

6. グーグルサーチコンソールの設定完了

グーグルサーチコンソール設定完了

こちらのページが表示されれば、設定が完了になります。

グーグルサーチコンソールの活用法

グーグルサーチコンソールの活用法をご紹介いたします。

検索パフォーマンスの確認

検索パフォーマンス

「検索結果ページでのクリック回数」と「合計表示回数」、「平均CTR(平均クリック率)」、「平均掲載順位」を確認することができます。

また、データはホームページ全体だけではなく、「検索クエリ(検索キーワード)」と「ページ」、「国」、「デバイス」ごとに細かく見ることが可能です。

これからSEOを行われる方は、ウェブサイトの平均掲載順位よりも、合計表示回数を確認するようにし、合計表示回数を上げるために、ホームページの更新システムを導入しているスタッフブログなどの新たなページを作成できるコンテンツで、新規ページを作成することが効果的です。

また、表示回数がある程度ある場合は、ホームページ全体のテーマとなるキーワードを含むフレーズでの平均掲載順位と平均CTRを確認し、平均掲載順位が低い場合はSEOを実施、平均CTRが低い場合は、ページタイトルやメタディスクリプションの見直しを行います。

URL検査

URL検査

グーグルサーチコンソールの上部にある検索ボックスに、グーグルに送信したいページ、またはグーグルがどのようにページを認識しているかを知りたいページのURLを張り付けて検索を行うと、上のキャプチャー画像のページが表示されます。

ホームページを改定した場合や、新規でページを追加した場合は、「URLはGoogleに登録されています」の右下にある「インデックス登録をリクエスト」をクリックし、グーグルにページの情報を送信することで、すぐに検索結果に表示または反映されるようになります。

また、重要なページであるにも関わらず、あまり成果が出ていない場合は、URLを送信して、サイトマップやクロールの許可、ページの取得、正規URLなどについての確認を行い、問題がある場合は改善することで、SEO効果の向上を図ることが可能になります。

カバレッジ

カバレッジ

SEOに関する技術的なエラーを発見することができます。

特に、エラーと除外について詳しく確認するようにし、もし、グーグルに認識してほしいページが、正しく認識されていない場合は、早急に改善していく必要があります。

サイトマップ

サイトマップ

サイトマップのページから検索エンジン用のサイトマップであるXMLサイトマップをグーグルに送信することが可能です。

XMLサイトマップを送信することで、グーグルにウェブサイトにあるすべてのページのURLと更新日時を正しく伝えることができるため、SEO効果の向上を図ることが可能です。

モバイルユーザビリティ

モバイルユーザビリティ

ウェブサイトにあるすべてのページがモバイルフレンドリーに最適化されているかの確認が行えます。

ウェブサイトをレスポンシブウェブデザインで制作している、またはモバイルサイトを制作している場合で、エラーの項目がある場合は、改善していかなくてはなりません。

手動による対策

手動による対策

検索エンジンペナルティには、手動による対策と自動の対策の2つがあります。

手動による対策とは、実際にグーグルの担当者が目視で、グーグルのガイドラインに違反しているウェブサイトの発見と検索結果ページからの除外などのペナルティの付与を行う対策のことを言います。

手動による対策の場合は、ペナルティの付与後に、グーグルサーチコンソールの手動による対策ページに、具体的な問題となる施策を提示してくれます。

そのため、手動による対策ページに、問題点が表示されている場合は、検索エンジンペナルティを受けているため、早急な対応を行う必要があります。

また、自動の対策は、自動的にグーグルのガイドラインに違反するウェブサイトを抽出し、検索結果から除外または順位を大きく落とす対策になり、グーグルサーチコンソールの手動による対策への表示はもちろんですが、自動ペナルティを受けているかどうかも提示してくれることがありません。

セキュリティの問題

セキュリティの問題

ホームページがマルウェアに感染していたり、有害なコンテンツをアップしているなど、ウェブサイトにセキュリティー上の問題がある場合は、セキュリティの問題ページに問題点が表示されるため、改善していかなくてはなりません。

リンク

セキュリティの問題

リンクページでは、外部リンクと内部リンクについての確認ができます。

外部リンク

外部リンクでは、リンク数の多いページと上位のリンク元サイト、上位のリンク元テキストを確認することができます。

これからSEOを始められる方であれば、リンク数が多いページの確認を行い、リンクを獲得できているページの内容を参考に、SEOで効果が出ていないページの改善を行うことで、ウェブサイト全体でリンク数を多く獲得できるホームページへと成長させることが可能になります。

内部リンク

内部リンク数の多いページでは、内部リンク数のランキングを確認することができるため、トップページやサービスページなどの重要なページへの内部リンク数が上位になっているかの確認を行います。

上位表示させたいページへの内部リンク数を上位にすることで、SEO効果の向上を図ることが可能になります。

また、内部リンクを作成する際には、SEOのことばかりを考えて、キーワードを無理に詰め込んだ文章を作成するのではなく、訪問者の目線に立って、リンク先のページの内容が分かりやすい文章を作成することが重要です。

まとめ

グーグルサーチコンソールの導入は、すべてのホームページで導入しなくてはならないと言っても過言ではありません。

現状、グーグルサーチコンソールを導入されていない、またはホームページ制作時に導入はしたけれども、一度も見ていないという方は、ぜひこの機会にグーグルサーチコンソールを活用し、ウェブサイトの問題点の発見と改善を行われてみてはいかがでしょうか。

TOP

ホームページ制作実績