サイト作成の成果を追求 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

オリジナルコンテンツ作成法

オリジナルコンテンツの作り方

オリジナルコンテンツとは、御社独自のコンテンツを言い、ホームページ制作時にオリジナルを作成で、SEO効果の向上や被リンクの獲得、さらには成約率の向上の3つを実現が可能です。

そのため、現在SEOを行う、あるいは成約率の向上を考える会社さまでは、多くがオリジナルの作成に注力しており、ホームページ内にオリジナルコンテンツが多ければ多いほど、SEO効果と成約率の最大化を図れます。

しかし、オリジナルは、これまでの弊社の実績で言うと、本当に難しく、しっかりと計画を立ててコンテンツを作成しても、なかなか検索エンジンにも訪問者にもオリジナルと認めてもらえず、成果に繋げれないのです。

しかし、完全な状態、すなわち100点のオリジナルである必要はなく、基本的にはそこそこオリジナルであったとしても、高い成果を出せます。

ただし、ホームページ制作時からオリジナルや上位表示キーワードを定めるのが大切です。

オリジナルコンテンツとは

オリジナルコンテンツって何?

オリジナルコンテンツとは、基本的にはユーザーに向けたコンテンツで、ホームページ制作時に以下のようなご紹介をしてます。

  • 御社独自
  • タイトルに対して詳しい
  • 訪問者が読みやすく理解しやすい
  • 内容の根拠が明確

上記の4点が弊社が考えるオリジナルの定義で、ホームページ制作時から、お客さまにスタッフブログの更新は4点を達成を意識して更新をお願いしてます。

では、具体的に4点についてもう少し詳しくご紹介をしたいと思います。

御社独自

現在のホームページ制作の成果を考えた場合に、どこにでもあるような情報ばかりを掲載されるホームページでは、SEOで成果を出せません。

もちろん成約と考えたときには、独自のコンテンツが無くても、一定数は成果に繋がるのですが、しかしSEOでは成果を出せず、現在のホームページでは集客の半分くらいはSEOでの集客を考えるのが一般的で、成果を出せないのは運営においては致命的であると言っても過言ではありません。

では実際に独自とはどのようなものかというと、ライバルが掲載していないようなコンテンツである必要はなく、御社の意見がしっかりとちりばめられています。

基本的にはライバルが書いていない情報は、業種によってはあるかもしれませんが、大半の業種ではない方が多く、ライバルが公開した内容を御社も作成は問題ないです。

しかし、タイトルや本文、画像の利用方法などについては、御社独自の内容で記載していく必要があり、独自の内容とは、例えば「成果の出るホームページ」というタイトルで多くが「集客と成約が大切」と記載していたときに御社が「とにかく公開が大切」と記載の必要はなく、御社独自の意見を含むのが重要です。

御社独自の意見をホームページ制作段階から含めれば、SEOとしてはもちろんですが、内容を魅力的に感じてくれた方が成果にも繋がり、期待以上の成果を得れるのです。

タイトルに対して詳しい

ホームページ制作は、タイトルに対してすべてのページが詳しいのが大切です。

オリジナルにおいては、基本的にはなんでも良いから自社の情報を掲載すれば良いものではなく、上位表示を行いたいキーワードを定め、キーワードで検索したユーザーが訪問したときに、もっとも詳しいというのが大切です。

SEOにおいてはグーグル自体が「検索キーワードに対して詳しい順に上位表示」と発言してますし、さらには詳しい情報を掲載で訪問者が「御社の話をもう少し聞いてみたい」と感じてくれます。

そのため、タイトルに対して詳しいページとが重要で、ホームページ制作と運営まで意識すれば、検索エンジンからも訪問者からも評価されるオリジナルの多いホームページへと成長します。

内容の根拠が明確

詳しい内容について記載は良いですが、しかし、根拠を提示が大切です。

根拠とは、例えば、自社が調査したデータを公表や、さらにはタイトルに対しての専門的な知識と経験を持つホームページへのリンクを掲載して、「リンク先にこういった会社が運営し、そしてここにデータとしてこのように公表されてるので、データを見ればこう言える」というようなページが重要なのです。

現在のホームページ制作においては、根拠を明確は非常に重要で、最近は根拠が不明確なのは減りましたが、根拠が分からないのは、ユーザーが見たときに「書かれてる内容は本当なのだろうか」と感じたり、さらにはグーグルも「情報は正しいのだろうか」と感じてしまうのです。

もちろん、グーグルだけ、すなわちSEOだけを見れば、それほど大きな影響はないのですが、しかし実際に調査データが公表させるのは被リンクが獲得しやすいや、国が運営のホームページへの発リンクは効果が多少あると言われてますので、根拠の明確化は、多少の効果を得れます。

訪問者が読みやすく理解しやすい

ホームページ制作で詳しいページと言ったら、長々と文章を書いてしまうのを想定されると思いますが、ここで大切なのが、あまりにも文章の多いページは、ユーザーの中にはここで情報を得なくても他のホームページを探せば同じ内容があると知っています。

そして他にも情報があると知るユーザーは、離脱してしまうので、せっかく御社独自のタイトルに対して詳しいページを作成であれば、情報をしっかりと閲覧して欲しいと考えるのが大切です。

さらには長文を読んでると、目が疲れるというデメリットもあり、目の疲れを発生させない方法として、しっかりと装飾が重要です。

弊社が考える装飾においては、基本的には「画像の利用」と「箇条書き」、「表の利用」、「太字」の4点で、実際に原稿を作成の際には、しっかりと4点を意識してユーザーにとって、読みやすく理解しやすいページが重要です。

そして4点は、単に読みやすいページにしたり、ユーザーの目を疲れさせないだけではなく、実はSEOにも効果を発揮ができ、弊社のホームページ制作においては、お客さまで更新ができるコンテンツは4点に注力していただき、ホームページの更新を行っていただいてます。

スタッフブログがオススメ

オススメはスタッフブログ

ホームページ制作におけるオリジナルは、SEOと成約率の向上に非常に効果を発揮し、最もオリジナルが作成しやすいのが、御社のノウハウを公開してるスタッフブログであると思われます。

基本的には、ユーザーが見たときだけを考えるのであれば、商品やサービスだけでもユーザーを考えていれば、魅力的に感じてくれるのですが、SEOではそういうわけにはいきません。

SEOでは確かにオリジナルが評価はされますが、基本的には1ページだけオリジナルとしていても効果がなく、ライバルサイトと比較したときに、オリジナル数で負けてると効果を出せないのです。

そのため、オリジナルは数を増やせるコンテンツが必要で、コンテンツを更新し続ければ効果を発揮が可能です。

そして更新できるコンテンツでは、弊社でよく更新可能コンテンツは、新着情報や実績などもよくある更新可能コンテンツですが、しかしこれらはSEOのためではなく、成約、すなわちユーザーを考えるが多いので、実はこれらのコンテンツは原稿量が足りず、効果を発揮しづらいページです。

そのため、原稿量とページ数、オリジナルの3つを達成できるのが、ノウハウを公開したスタッフブログで、弊社では、ホームページ制作時に、SEOのためにもオリジナルが多くあるスタッフブログを推奨しています。

4つの調査法

調査方法は3つ

オリジナルの話すと、どうせなら効率を良くしたいと言われますので、効率良くオリジナルを作成のため、ページのテーマを決める調査方法をご紹介いたします。

実際に調査方法は、弊社がホームページ制作後にご紹介してる調査方法で参考としていただけましたら幸いです。

ライバルサイトの調査

ホームページ制作前に、ライバルサイトがどのようなページを作成してるかの調査を実施いたします。

基本的にはSEOで成功してるホームページでは、作成の際に、上位表示キーワードを定め、そして御社もライバルと同じように上位表示キーワードを設定が重要です。

そしてライバルが設定してるキーワードで作成で、ライバルが独占していた上位表示キーワードに御社もランクインができ、ライバルのお問い合わせ数を奪えます。

ただし、ライバルサイトの調査においては、キーワードを定めていないホームページもいくつかありますので、そこだけは注意が必要で、ライバルサイトを見ても、これはキーワードを定めていないと感じたら、御社自身でライバルのキーワードを定め、同じ上位表示キーワードで狙うページを検討が必要です。

現在のグーグルは重複コンテンツはマイナス効果であり、重複を発生させないと、高い効果を得れます。

そして調査方法などについては、弊社ではホームページ制作中にしっかりとレクチャーをさせていただき、弊社の実績のANA株主優待券購入サイトでは、レクチャー通りにスタッフブログを運営していただき、本当に高い効果と売上を伸ばし続けております。

不足キーワードの発見

ビジネスに関連内容で、ライバルが作成していないページがあれば、キーワードを設定したページを用意します。

実際に弊社のSEOサービスやサポートの結果から言うと、抜けてるキーワードを探して、そしてキーワードでページを作成は非常に重要で、実際の例として、害虫・害獣駆除のライフディフェンスさまでは、不足キーワードを追加で、主要な検索キーワードでの検索順位の向上とさらにはニッチなキーワードでの訪問者数の向上を実現されてました。

そして実際に弊社の事例でも、弊社では【ホームページ制作】がトップで上位表示を行いたいキーワードですが、例えばWebPを推奨しない理由という、トップで上位表示を行うキーワードに関係があり、弊社のホームページにはなかったテーマのページを複数作成で効果を高めれました。

このように調査対象のライバルサイトになかったけれども、メインキーワードに関連ページを作成は非常に重要で、これらを徹底して実施で、御社の効果の向上とこれまでなかったお問い合わせの獲得が可能です。

調査ツールの利用

タイトルを定める調査ツールとして、グーグルのキーワードプランナーラッコキーワードと呼ばれる調査ツールがあります。

調査ツールは、実は結構アバウトですが、しかし更新ネタとしては非常に良いツールです。

そのため、弊社では、ホームページ制作後にまずは上記のライバルサイトの調査と不足キーワードを発見していただき、その後調査ツールで不足してるキーワードのページを作成していただいてます。

ツールはどちらも利用方法はそれほど難しくないので、主要な単体キーワードで検索を行うと、検索結果にキーワードを含んだ2語以上のフレーズが表示されますので、それらのフレーズを利用していくのが良いでしょう。

関連検索キーワード

グーグルの検索結果には、関連検索キーワードが表示されてます。

そして関連キーワードに表示されたキーワードをSEOキーワードに設定も重要です。

ただし、効果は比較的弱く、例えば弊社の例で言えば、東大阪のホームページ制作の特徴ホームページ制作はオワコンかどうかのページは試しに関連キーワードから作成をしてます。

しかし実際にこれらのページについては、ほぼSEOに効果が無いと思われ、実際に弊社では成果が出ていないと思われますし、さらには弊社のお客さまの事例でもほとんど効果を発揮してませんでした。

そのため、関連検索キーワードについては、更新ネタ程度で把握が重要で、上記の2点の調査法のような効果はほぼないと言っても過言ではありません。

そして関連キーワードについては、ユーザーが検索してるキーワードというよりも、弊社の調べた結果で言えば、キーワードを利用してるホームページが多いと、関連キーワードとして表示させてるとSEO会社がスタッフブログで公表してました。

成果が出なかったとき

成果が出ないときの対処法

上記の考え方をもとに、オリジナルを作成した後、思ったほど効果が出ないや成約率が高くならないという場合もあります。

この場合は、SEOに問題があるのか、あるいは成約率に問題があるのかを検討し、リライト作業を実施が必要です。

基本的にはホームページ制作時にリライト作業の重要性をご紹介したら、多くの会社さまでは新規ページは良いけどリライトはしたくないと言われますが、現在のSEOではリライトは必須であるとお考えをいただき、適切にリライトで効果が向上します。

SEOの問題

SEOに問題がある場合は、基本的にはページで上位表示したいキーワード数を増やしたり減らしたりして、検索エンジンが正しくページの情報を認識できるような調整を行います。

さらに、画像枚数を増やしたり、内部リンクを張り付けたり、ユーザーが見やすいように、表や太字、箇条書きを利用で、効果を高めれます。

キーワードの利用数については、基本的にはホームページ制作時やページ作成時にはそれほど意識の必要はないのですが、効果が出ない場合はしっかりと調整が重要です。

ただし、HTMLをご存知の方であれば、検索エンジンがもっとも評価したリライトはソースコードを変更し、単に文章を変えるだけよりもソースコードの変更も重要です。

もちろんタグ自体を変えるのではなく、Pタグを追加させたり、imageタグを追加させたりというような変更で、SEO会社のリライト方法の中に、ソースコードの変更率も意識もあり、HTMLをある程度理解されてる方は、ソースコードの変更率も意識してリライトが大切です。

成約率の問題

次に問題点が成約率であった場合は、ページをよりユーザーが読みやすく、そしてタイトルに詳しいページが良いでしょう。

成約率を高めるリライトにおいては、本当にユーザーに向いてるかを確認が大切です。

成約率のリライトは、実際にどのように行えば良いかは、ページを見たユーザー次第ですが、とにかく御社が納得できるページへと成長、さらにはライバルサイトを確認して、優れたページを参考に御社もページ作成を行えば成約率を高めれます。

成約率を高めるリライトは、現在のホームページ制作の提案でもっとも難しい内容ですが、しかし諦めるのではなく、何度もリライトを重ねながらすべてのページでユーザーのためのページへと改善でオリジナルのページを増やせ、成約率を高めれます。

丁寧に作成

丁寧なページ作成

上記がオリジナルの作成法です。

基本的には、SEOで言えばリライト時には多少テクニックはありますが、しかしユーザー向けのオリジナルにはテクニックは無く、見直しを行い、リライトが重要です。

そしてオリジナルはホームページの成果と密接に関わっていて、弊社ではホームページ制作時からオリジナルの重要性を説明させていただき、しっかりと作成を継続して頂いてます。

これまでオリジナルの提案を行ってきた結果ですが、ユーザーのためにページと理解されてる会社さまの方が効果を発揮していますので、全ページを丁寧な作成が重要です。

SEO効果を高めたいや成約率を高めたいという方は、ぜひ機会にオリジナルを意識してみてはいかがでしょうか。

当記事についてやサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メール

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP