大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

Web制作目的の定め方

Web制作目的の定め方

現在、Web制作を行う際に、目的なくWeb制作を行いたいという方は非常に少なくなったと思います。

2010年頃であれば、結構、グーグルとヤフーで社名で検索したときに上位に表示されれば良いとおっしゃる方も多かったのですが、現在はどのようなホームページであっても必ず目的が存在しております。

そしてこの目的については、弊社ではWeb制作を行う前には必ず「なぜホームページを制作するのですか?」とお尋ねしているのですが、「お問い合わせが欲しい」や「ECサイトで商品を販売したい」などの曖昧な目的をおっしゃられることが多く、この質問の本当の意味は「なぜお問い合わせを行ってくれたり商品が売れるのか」という「なぜ」を含んだものになっております。

Web制作目的とは

Web制作目的とは、なぜそのホームページを制作するのかと言う、Web制作の根幹になっております。

弊社ではホームページを制作する際に、必ずお客さまに「なぜホームページを制作するのですか?」と確認をしており、ここをしっかりと定めていかなくては、ホームページは成果を出すことができないのです。

このWeb制作目的の策定は、基本的にはホームページの構成やWebデザイン、コンテンツなどにも影響を与えるものになっており、このWeb制作目的が曖昧だと、なんとなく競合他社のホームページと似たようなホームページを制作してしまうのです。

そしてもちろん、集客構造なども曖昧なままホームページを制作していくため、集客に失敗をしてしまい、成果の出るWeb制作とは大きく離れた結果となってしまいます。

お問い合わせが欲しいでは駄目

実際にお客さまの元に、Web制作のためのヒアリングのためにお伺いしたときに、「なぜホームページを制作するのですか?」とお尋ねすると、「ホームページを使ってお問い合わせが欲しいから」という回答を本当に多くのお客さまから頂きます。

この「お問い合わせが欲しいから」というのはもちろんそうなのですが、しかしこの情報だけでは、実際に弊社がホームページを制作するための参考にはならないのです。

例えば「お問い合わせが欲しいから」という情報だけでホームページを制作するとなると、お問い合わせフォーム以外どのようなコンテンツを作成すれば良いかが分からず、この「なぜホームページを制作するのですか?」という質問自体がまったく意味がないものになってしまいます。

また、目的がはっきりとしていないWeb制作では、コンテンツも曖昧なものになってしまい、御社の競合他社のホームページを見て、そのホームページを参考に御社に提案するしか方法がなく、これでは御社の魅力を最大限打ち出したホームページになることはありません。

なぜお問い合わせが獲得できるのか

では、実際にどのような情報を含んでいることが大切になってくるかと言うと、制作目的に「なぜ?」を追加することになっております。

例えば、「ホームページを使ってお問い合わせが欲しいから」という回答は先述した通り、この情報だけではお問い合わせフォームを構築する以外の方法が思いつきません。

しかし、この「ホームページを使ってお問い合わせが欲しいから」に「なぜ訪問者がお問い合わせを行ってくれるのか」を追加することで、そのホームページの構成やコンテンツ、デザイン性などは一気に効果的なものへと成長するのです。

具体的に言うと、例えば弊社のホームページであれば、もちろんベースは「お問い合わせが欲しいから」になっておりますが、そのなぜを追加して「集客対策についての弊社の考え方をしっかりと打ち出し、集客力に強いWeb制作会社であることを魅力に感じてもらいお問い合わせを獲得したい」というようなWeb制作目的になっております。

そのため、弊社のホームページにおいては集客に関するページ数も非常に多く、弊社がホームページで打ち出さなくてはならない内容は集客力になっております。

この集客力すなわち「なぜ」をホームページ全体に加えることで、狙ったキーワードでのSEOができていない場合や、ソーシャルメディアからの集客が思ったほど効果を出していない場合においても、お問い合わせを獲得できるホームページとなるのです。

そして、現在のSEOにおいては、この「なぜ」を考えながらホームページの更新を行うことで、弊社のホームページ制作実績で言うと、非常に多くのホームページが少しずつ検索順位を上げており、SEOにも効果的な対策となっているのです。

その後ターゲット選定

そしてこのWeb制作目的を定めた後、ターゲット選定やホームページの構成、デザイン作成など、Web制作の企画を行います。

このターゲット選定やホームページの構成においても、Web制作目的を含めることは、非常に重要になっており、せっかく定めたWeb制作目的であったとしても、ここで利用しなくては、他のホームページと変わらないホームページとなってしまうのです。

そのため、Web制作の目的を定め、そしてそれからターゲット選定やホームページの構成などのホームページの企画を立てることが本当に大切になっており、この制作目的の策定から企画立てまでを一連の流れとして行うことで、御社のホームページは本当に成果を出せるようになるのです。

これからWeb制作を行うやリニューアルを実施される方は、ぜひ「なぜ」を含めたWeb制作目的を定めることから始め、そしてその目的を利用したホームページの企画を立てるようにしましょう。

正しい制作目的の策定で成果を出そう

上記が一般的なWeb制作目的の策定と利用法になっております。

Web制作目的の策定と利用は本当に大切なものになっていて、まだまだ実際にホームページからお問い合わせをいただいたお客さまとお打ち合わせを行っていると、制作目的は軽視されているように思われます。

しかし、基本的には、目的のないWeb制作はまったく意味がないものになっており、目的なくWeb制作を行ったとしても、まったくお問い合わせがないホームページとなってしまい、Web制作費はもちろん、毎月のサーバーやドメイン代の無駄になってしまいます。

そのため、Web制作目的の策定はどんなに時間がかかっても、しっかりと行っておくべきものになっており、これらを徹底することで、御社のWeb制作は本当に成功することができるのです。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績