サイト作成の成果を追求 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

ホームページの訪問者数が足りない

訪問者数が足りない

ホームページを制作して、成果を出すために、初めに行うのは集客力の向上です。

この集客力の向上においては、弊社のホームページ制作では、当初はSEOに依存しますが、もちろんSEOだけではありません。

では、実際にホームページ制作後で、成果が出ないと思い、アクセス解析などのデータから訪問者数が足りない場合に検討すべき内容をご紹介します。

訪問者数を確認

訪問者数を見る

ホームページを制作したら、基本的には成果の向上を狙うと思います。

成果を出すためには、基本的には訪問者数が必要で、もちろん、成果がないから訪問者数が足りないと決めつけるのではなく、しっかりとグーグルアナリティクスなどのアクセス解析を確認して、本当に集客力がないかを調査しなくてはいけません。

グーグルアナリティクスの集客サマリーを見ると、どこから訪問者が訪問しているかが分かるため、適切な対策法を検討できます。

例えば、お問い合わせがほとんどない状況にも関わらず、検索エンジンからはそこそこ来ていて、ソーシャルメディアからはほとんど来ていない場合に取るべき対策は、検索エンジンからの訪問者を適切に成果ページへと誘導あるいは、ソーシャルメディアの訪問者数を増やすのどちらかになっています。

この場合には、弊社が取るべき対策は、もちろん検索からの訪問者数を適切に成果ページへと誘導対策も行いますが、しかし、成果を考えた場合に実は0から1はそれほど難しくないので、並行してソーシャルメディアからの集客を行います。

このように、まずはグーグルアナリティクスなどのアクセス解析を確認し、現状で本当に集客力が足りているかや、さらにはどこから人が訪れている、いないを明確にすれば、必ず訪問者数を増やすことが可能です。

では、実際に人を増やしたいと考えた場合に、御社がどこから人を集めれば良いかを提案しているかをご紹介します。

当考え方は、弊社のホームページ制作では、公開直後はSEOに依存いただくため、ホームページ制作前後よりも、運営段階での考え方になります。

どこから人を集めるか

どこから集客するか

実際にどこから人を集めれば良いかをご紹介します。

この人を集める方法は、別記事のホームページの集客法でご紹介していますが、集客法は主に5つで、それぞれに対して適切な判断が必要です。

無料だけど時間と労力が多い

まず、無料で行えるけれども、時間と労力が多いのがSEOです。

弊社がホームページを制作すれば、最初に注力いただくのがSEOですが、理由は、無料で行えると、成果が出るまで多くの時間と労力がかかる点になります。

このような時間と労力がかかる施策を始めに行っておくことで、後々の作業量が激減や、さらには一度上がってしまえば、よほど間違えた運営法を行わない限りは、中期的に上位表示が可能なので、後から非常に楽をできます。

ただし、SEOは、例えば御社が頑張って1位表示されたとしても、永続的に1位表示できるものではなく、現在ではAIを利用して日々アルゴリズムと呼ばれる上位表示ルールが変更されているので、時代ごとに適切な対策を行い続ける必要があります。

そして、ホームページ制作サービスでは、発注した段階、さらにはグーグルの理念に基づいたSEOを行ったホームページを制作していますが、これがいつまでも続くケースはなく、必ず改定やリニューアルが必ず必要です。

成果が出るかは運営法次第

無料で行えますが、成果が出るかは、運営法に依存するのが、ソーシャルメディア運用です。

弊社では初めからソーシャルメディア運用は行っておらず、理由は、もちろんヒットすれば検索エンジンからの集客力と変わらないくらい、多く見込み顧客が訪れますが、間違えていたらせっかく運営をしていても集客力は0に近い数値になります。

もちろん、SEOと比べれば作業量は1分の10程度で良いので、コストパフォーマンスで言えば、ソーシャルメディア運用がおすすめではあります。

しかし、万が一成果が出なかった場合、運営法を大きく変更させなくてはならないので、リアルタイムで成果を分析しなくてはならず、最初の集客法としては、あまりお客さまにおすすめしづらいサービスです。

無料で底上げ

無料でできる対策として、アメブロやはてなブログ、noteなどの無料ブログを利用した集客法があります。

基本的には制作したホームページとは別に、無料ブログを公開しますが、その際には、自社の制作されたホームページと同じテーマで、さらには自社サイトと同じくらいのクオリティーで運営しなくてはいけません。

さらには、無料ブログからの集客力は、実はそれほど高くなく、実際に、これまで、さまざまな制作実績の会社さまに提案してきた経験で言うと、1ブログあたり月間で10人前後が多くなっています。

そのため、基本的には微増程度ですが、しかし現在の集客においては、何か1つに依存よりも、複数の集客ルートを持っている方が強いため、どこかのタイミングでは必ず行わなくてはいけません。

ただ、やはりこれから集客対策を行われる方であれば、集客数の問題から、あまりおすすめはいたしません。

コストを出して労力は少なく

こちらは有料になるのですが、しかし、費用を多く出せるのであれば、リスティング広告運用がおすすめです。

リスティング広告運用は、最初にしっかりと出稿キーワードやタイトル、説明文、入口ページ、さらには予算を設定していれば、成果が出始めるとある程度は一定の成果を得れるようになっています。

ただし、問題は予算の設定であり、例えば、2015年ごろは月額5万円もみれば、成果を出せていたのですが、現在はSEO難易度が上がってしまったため、出稿企業数が増えてしまい、5万円では足りないケースの方が多くなっています。

実際にいくら必要かと言うと、弊社がホームページを制作した後にお客さまに提案するのが、最低でも月額10万円は見ていただくようにしていて、5万円だと出稿者数が多いため、実はすぐに予算を超えてしまい、広告が出稿されなくなってしまいます。

そのため、毎月の予算が最低でも10万円以上あれば、多少の調整は必要ですが、明らかに他の集客対策よりも楽に見込み顧客を集客ができるので、着実に訪問者数を獲得できます。

ホームページ制作中から検討がベスト

ベストはホームページ制作中から検討

上記は、ホームページを制作時から検討すべき、集客法ではあります。

しかし、ホームページ制作時でなくても、運営段階で検討をしても効果を発揮できるので、もし集客数に問題がある場合は、上記をご覧の上で適切な対策を行ってみてはいかがでしょうか。

ホームページ制作は、集客力が足りなければ、絶対に成果が出るものではないですが、しかし闇雲に行ってもなかなか成果が出ないので、適切に足りていない集客ルートに対してのアプローチを行う必要があります。

もちろん、ホームページ制作時には、アクセス解析のデータはないので、基本的にはどの対策でも良いですが、しかしホームページを制作したらなんとなくSEOを行うのではなく、御社にとって本当に運営がしやすい方法で、対策を継続すれば、どの方法を行っても必ず多くの見込み客を集客ができます。

ただし、これまでさまざまなホームページを制作してきた経験、さらにはお客さまからの要望で言うと、ホームページ制作時はSEOがもっともベストであると思います。

そのため、弊社の提案では、ホームページ制作時はSEOを、運営時は現状を把握したうえで、もっとも御社にとってベストの対策を行えば、必ず訪問者数は飛躍的に向上すると思います。

当ページは株式会社セブンデザインが作成しています。
当記事についてやサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メール

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP