サイト作成の成果を追求 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

ホームページの表示速度を高めるPageSpeed InsightsとSEO効果

ホームページの表示速度

表示速度を高めると、SEO効果と成約率の向上が可能なので、Web制作会社のホームページ制作では、意識をして制作されています。

なぜ、表示速度を高めると、SEO効果と成約率が向上するかは以下です。

グーグルは表示速度を検索ランキング決定の1要因にしている、そして訪問者がアクセスしたときに表示が速いと、表示されないストレスで訪問者の離脱防止が可能です。

そのため、公開したら、必ずどこかのタイミングで表示速度への意識が必要です。

この計測はグーグル提供のPageSpeed Insightsを見て問題点を明確にしてから改善すれば飛躍的な改善が可能になり、ホームページ制作の成果を向上させれるのです。

PageSpeed Insightsとは

ページスピードインサイトって何?

PageSpeed Insightsは、検索エンジンのグーグル提供の無料の表示速度計測ツールです。

PageSpeed Insightsのおすすめの理由としては、グーグル提供のツールなので、SEOに効果的なデータを抽出できます。

パソコンとスマートフォンで見たときに、それぞれを点数化してくれるので、これらを見れば、問題点を一目で把握ができるのです。

そしてこのPageSpeed Insightsでは、パソコンとスマートフォンを点数化してくれます。

さらには問題点を明確に表示してくれている点から、速度を計測して100点を取りたいと思ってしまいがちです。

が、ユーザーの閲覧やSEOを考慮したときに、パソコンとスマートフォン両方で50点以上で良いと思います。

なぜかというと、基本的には、50点以上あれば、ユーザーの閲覧に何ら支障はありません。

さらにSEOで言えば弊社のこれまでのホームページ制作の感覚で言うと、50点あれば十分上位表示が可能です。

さらに、グーグル自身がSEOに効果的と言っております。

しかし、2021年7月10日現在で言えば、難易度の高い検索キーワードで上位表示しているホームページのページスピードを計測したらと10点前後でも上位表示しています。

そのため、実はそれほどSEOに重要な指標ではないのかもと思っております。

ただやはり10点は低い点数なので、実際にユーザーが見たときに支障が出る可能性がある場合は、最低でも50点と認識して50点未満であればしっかりと対策を講じていくと良いでしょう。

そのため、ホームページ制作後には、PageSpeed Insightsを利用して速度を確認し、問題があったらは改善すると表示速度においては問題が解決されたホームぺージへと成長いたします。

SEO効果

SEO

弊社は、SEOに強いホームページ制作を提供している大阪のWeb制作会社なので、表示速度とSEOについてもう少し詳しく解説します。

先述した通り、確かにSEOにおいて、あるキーワードで上位にランクインしているホームページの速度は10点前後でした。

しかし、いつグーグルは、SEOにおける重要性を高めるかは不明で、弊社の予想では近いうちには高めてくると思っております。

その理由は、2018年に表示速度をランキング指標に加えると公表しています。

さらにはグーグルアナリティクスの解析データに加えているため、いつかどこかのタイミングでは重要指標の1つに加えてくる可能性があるのです。

そのため、現段階ではそれほど効果的を出せないと思います。

しかししっかりとホームページ制作が完了したら、現段階から表示速度を高めるための改善を少しずつ行えば、もし今後SEOの重要指標に定められても焦った対応の必要はありません。

そのため、SEOを考えられている場合は、PageSpeed Insightsの点数を意識していく必要性があり、現段階では50点あれば良いです。

ただ、50点の次の改定では60点というように点数を高めていきましょう。

成約率対策

成約

次に表示速度と成約率についてですが、本当に遅い場合は、すぐに改善しましょう。

例えば、自分が気になった情報を探していたときに、もしグーグルの検索結果でクリックした先のページがなかなか表示されなかったらどうするでしょう。

おそらく、ブラウザバックなどですぐに検索結果ページに戻ると思います。

そしてこのユーザーがストレスを感じずページが表示されるまでの時間は、年々短くなっていると思われます。

実際に自分自身もそうですが、1秒を超えてまだまったく表示されていなければ、すぐに戻るボタンをクリックして検索結果に戻っております。

そのため、PageSpeed Insightsに関係なく、実際に自社のホームページにアクセスしてみましょう。

そして、なかなかページが表示できない場合においては、ユーザーがノーストレスで閲覧できるようになるまで高める必要があります。

実はこれを行うだけでも、直帰率の減少と成約率の向上が可能になので、もしあまりにも遅い場合は、しっかりと対策を行いましょう。

ホームページ制作の成果が速度で足を引っ張らないようにしましょう。

改善ポイント

改善

では、ホームページ制作後にPageSpeed Insightsを使って、どのような改善を行えば良いのかについてご紹介をいたします。

不要なCSSやJSファイルの削除

PageSpeed Insightsを見ると、使用していないJavaScriptやCSSの削減の項目がございます。

不要なJavaScriptやCSSが多いと、SEOにおけるグーグルの巡回効率の低下や、成約率におけるブラウザの遅延に繋がるため、利用していないJavaScriptやCSSは削除の必要があります。

この使用していないJavaScriptやCSSの削減については、PageSpeed Insightsに関係なく、普段から改定を行ったら、JavaScriptやCSSファイルの削除への意識が重要です。

実際にWeb制作会社によっては、このJavaScriptやCSSについて、非対応の可能性もあります。

なので、修正が完了したら、PageSpeed Insightsを確認し、不要なJavaScriptやCSSが残っている場合は、きっちりとWeb制作会社に削除してもらうのが重要です。

ただし、一般的にはWeb制作会社もPageSpeed Insightsを利用しながらホームページ制作を行うのが一般的ですので、大半のホームページでは無関係と思われます。

画像を適切なサイズに

現在のホームページはワードプレスで制作されるのが多いのですが、このワードプレスでは、適切なサイズの画像をアップしなくても自動縮小してくれます。

しかし、実はこの自動で行われる縮小は、グーグルやブラウザで読み込まれる画像自体は、アップした大きな画像サイズのため表示速度に影響を与えます。

もちろんこれもPageSpeed Insightsの適切なサイズの画像にサイズが違う画像をリスト化してくれるため、しっかりと適切な画像サイズへと改善しましょう。

基本的にはWeb制作会社は、ホームページ制作時に適切な画像サイズにそろえて公開してくれています。

そのため、主にサイト運営時、すなわち自社で公開した画像が問題のケースが多いです。

適切なサイズの画像にエラーがあれば、その画像ファイルを適切なサイズに改善すれば、御社の表示速度は飛躍的に高まります。

この適切なサイズの画像については、画像枚数が多く、アップした画像サイズが大きければ大きいほどユーザーの閲覧に影響を与えるくらいホームページが重くなってしまします。

画像アップの前に必ず画像サイズの調整を習慣化させなくてはなりません。

その他の項目は急いで行わなくて良い

のんびりで良い

ホームページ制作実績の会社さまをPageSpeed Insightsで調査してみました。

結果、次世代フォーマットでの画像配信とオフスクリーン画像の遅延読み込み、効率的な画像フォーマットがエラーとして出てきますが、これらについては現段階では対応が不要です。

もちろん、場合によってはオフスクリーン画像の遅延読み込みなどは行ったほうが良い可能性もあります。

が、これらは基本的にはそれほどPageSpeed Insightsの点数やユーザーに大きな影響を与えない可能性が多いので、優先順位は低くて良いと思っております。

また、次世代フォーマットでの画像の配信については、JPEGやGIFではなくJPEG 2000やJPEG XR、WebPなどの画像フォーマットにしなくてはいけません。

現段階では普及率から考えると、まだ対応する必要がございません。

追記として、2022年5月から弊社ではWebPを取り扱うケースが増えています。

そして、これらのエラーを残した状態でその他の対策をしっかりと行えば、大体ですがPageSpeed Insightsでの計測結果が50点前後まで上がります。

ユーザーが見たときにホームページが重いと感じる可能性もありませんし、さらにはSEOにおいてもマイナス評価を受けないホームページ制作へと成長いたします。

もちろん、そこから点数を上げていくために運営の中で改善は必要だと思いますが、しかし実際にここから先の点数の向上は、時間をかけて行うでも問題がありません。

快適な閲覧

快適なホームページ

表示速度を高めるのは、ホームページ制作において非常に大切です。

そしてそのためのツールが、PageSpeed Insightsで、ホームページが抱える問題点を簡単に改善が可能です。

そしてその際に、点数化してくれているから100点を取りたいと思うかもしれません。

しかし、現在上位にランクインしているホームページが10点前後の可能性があり、現段階ではSEOにはそれほど影響しません。

さらには50点以上あれば、ユーザーが見たときには、それほど表示速度でストレスを感じないと思われます。

ただ、影響がないからと言って改善しなくて良いではなく、運営の中でPageSpeed Insightsの点数を60点、70点と高めていくと良いでしょう。

表示速度を高めるのは、ホームページ制作時の基本事項になり、中長期的に見たらSEOにとって重要です。

さらにはユーザーの成約率の観点からも重要ですので、SEOと成果向上をご検討の方は、PageSpeed Insightsを利用した改善をされるのがおすすめになります。

当ページは株式会社セブンデザインが作成しています。
当記事についてやサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メール

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP