大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

ホームページのSSL(HTTPS)化の重要性

ホームページのSSL(HTTPS)化

現在のWeb制作は基本的にはSSL(https)での制作が行われております。

その理由は、httpsでホームページを制作することにデメリットがなく、基本的にはメリットしかありません。

そして現在ホームページを「http://」で制作されている方が、SSL化を行い「https://」に変更する作業は、それほど時間がかかるモノにはならないため、低価格・短納期でSSL化を行うことが可能になるのです。

また、これからWeb制作を行うやリニューアルを行う場合は、このホームページのSSL化はWeb制作会社が無料対応してくれるものになっていると思います。

SSL(HTTPS)化とは

SSL(HTTPS)って何?

SSL(HTTPS)とは、インターネットに流れる情報を暗号化する仕組みのことを言い、SSL化されたホームページは安心で安全にホームページを運営することが可能になります。

このSSLに対応されたホームページは、ホームページのURLが「https://」で始まり、SSLに対応されていないホームページは「http://」となるため、ブラウザで自社サイトを開き、URLが「https://」で始まっているのかを確認することで、SSL対応ができているかを確認することが可能です。

2010年頃のWeb制作では、基本的にはホームページ自体は「http://」で制作を行い、お問い合わせやネットショップのカートページなどの訪問者がクレジットカード情報などの個人情報を入力するページのみをSSLで制作しておりました。

しかし、2012年頃だったと思いますが、グーグルがホームページ全体をSSLで制作することを推奨したため、それ以降はほぼすべてのホームページではホームページ全体をSSLで制作するようになったのです。

SSL化のメリット

SSLのメリット

ホームページ全体をSSL化するメリットをご紹介いたします。

基本的には現在のWeb制作では、ホームページ全体をSSLで制作するのですが、ある程度のメリットを理解しておくことで、より効率的なWeb運営が行えるようになります。

セキュリティーレベルの向上

ホームページ全体をSSL化することで、ホームページのサーバーに残るデータすべてを暗号化することができるため、訪問者は安心で安全に御社のホームページを閲覧することが可能です。

また、SSL化には、盗聴防止や改ざん検知、なりすまし防止といった安全のための複数の機能が搭載されているため、単に訪問者だけの安全性だけではなく、ホームページ運営者さまの安全性も高めることが可能になっているため、「http://」で始まるURLよりも高いセキュリティーレベルのWeb制作が行えるのです。

自社サイトは、盗聴や改ざん、なりすましは関係が無いと思われる会社さまも多いですが、しかし実際に弊社がWeb制作を行ってきたお客さまでは、2015年頃に流行ったガンフラーというホームページのデータの改ざん系のウィルスに感染してしまい、ホームページを1週間ほど閉鎖したことがありますので、インターネットにホームページを公開している以上は、セキュリティーはしっかりと意識していくことで、安心で安全なWeb運営に繋がるのです。

表示速度の向上

SSLでWeb制作を行うことで、ホームページの表示を高速化することが可能になります。

2012年頃は、SSL化したホームページはかすかに表示速度が遅くなると言われておりましたが、現在はSSL化を行うことで「HTTP/2」を利用することができるため、多少表示速度を早くすることが可能です。

ただし現在は、スマートフォンなどの通信機器の機能向上によって「http://」と「https://」の体感的な表示速度の差は感じませんが、グーグルが提供するPageSpeed Insightsなどにおいては表示速度に差が出るものになっております。

SEO効果

グーグルの公表によると、ホームページのSSL化を行うことで、SEO効果に1%程度の影響を与えます。

しかし、現在のWeb制作では、ほぼすべての会社がホームページ全体をSSLで制作しておりますので、SSLでホームページを制作したからと言って、検索順位が上がると言う例は本当に稀なものになっており、どちらかと言うと、SSL化していないホームページが少しだけ検索順位が落ちると認識することが大切です。

SSL化の行い方

SSLの仕方

現在のSSL化は非常に簡単に行えることが多いと思います。

もしWeb制作時に「http://」でホームページを制作している場合は、ホームページ全体をSSLで制作することで、上記の3つのメリットを受けることが可能です。

このSSL化にはサーバーの仕様が関わっており、弊社が推奨するエックスサーバーであれば、データの移し替えなどは必要がなく、ワードプレスで制作されたホームページであれば、ワードプレスの管理画面で多少の変更だけでSSL化が行えますので、当ページをご覧のタイミングでSSL化を行うことをオススメいたします。

もちろん、Web制作会社に依頼をすれば、エックスサーバーでワードプレスでのWeb制作であっても多少の費用はかかりますが、しかし大半の場合でSSL化の作業時間はそれほどかからないため、非常に安く提供されていると思います。

無料独自SSLの利用が本当多い

無料SSLが多い

基本的にはSSL化を行うには、サーバー会社にSSLのお申し込みが必要になっているのですが、現在のサーバー会社は無料独自SSLオプションを無料提供しております。

そのため、SSLだからと言って、サーバーの維持管理費が上がると言うことは基本的には無く、かかる費用としては、サーバーの仕様次第ですが、Web制作会社に払う人件費くらいになっております。

そしてこのSSL化は非常に簡単に行えますので、作業時間も比較的短いものになっておりますので、基本的には非常に安い価格でSSL化を行うことが可能です。

現在「http://」で始まるURLの方はぜひ当ページをご覧の機会に、自社のホームページのSSL化を行ってみてはいかがでしょうか。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績