大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

ホームページの集客法

ホームページの集客対策

Web制作で成果を出すためには、Web制作後に集客対策を行う必要があります。

どんなに優れたデザインのホームページを制作したとしても、そもそもそのホームページに人が訪れてくれなければ、成果を出すことはできないのです。

この集客対策で、多くの方がパッと思いつくのがSEOになってくると思いますが、このSEOは本当に多くの労力が必要になっており、さらにはSEOで成果を出すためにはそれなりの期間が必要になっております。

そのため、弊社ではSEOはもちろん重要なので、ほぼすべてのWeb制作で提案をしておりますが、SEO以外の集客法も提案をしており、SEOはもちろん行うにしても、その他の集客法も同時並行で実施していただくことで、本当に多くの見込み顧客が訪れるホームページとなるのです。

5つのホームページの集客法

今回ご紹介するホームページの集客方法は、弊社が実際にWeb制作時にお客さまに提案している5つの集客法になっております。

この集客法を1つ選んで対策を行うのではなく、弊社で推奨しているのが、SEOとリアルでの告知、そしてもう1つ以上をお客さまの状況に応じて選択いただいております。

実際に、この複数の集客対策を行うことで、ホームページを制作してから短い期間でホームページから成果を出すことができることや、さらには安定した見込み顧客の集客ができるホームページとなるため、成果の出るWeb制作においては非常に大切な要素であると弊社では考えております。

SEO

ホームページの集客法として、もっとも人気があるのがSEOになっていると思います。

実際にWeb制作のお打ち合わせにお客さまの会社にご訪問させていただき、ホームページの集客について確認すると、SEOをしたいという声がもっとも多くなっております。

ただ、このSEOは、弊社ではSEO単体でのお申し込みはそれほど多くの実績はございませんが、Web制作実績に掲載されているホームページのほぼすべてにSEOを提供しており、この作業は弊社も心苦しいですが、「こういうスケジュールでこういう作業を行ってください」と提案をしており、多くのお客さまが「こんなに作業が必要なの?」と驚かれております。

実際にSEOで行う作業としては以下のような作業を実施いただいております。

作成ページ数の多さ

まず、SEOを行う際に、弊社のSEOは基本的にはグーグルの発表にある「検索キーワードに対して最も詳しいホームぺージ」を目指すようにしております。

もちろん、「目指してください」とお願いするだけではなく、具体的に「このようなページを何ページ作成してください」とお願いをしており、この目標作成ページ数を達成することで、現在で言えば、ほぼすべての会社さまがSEOで狙い通りの訪問者数を集客することに成功をいたしております。

ただ、このページ数は本当に膨大で、大体ですが150ページから300ページの間であることが多く、もちろん難易度の高いビッグワードであれば、もっと多くのページ数が必要になるかもしれませんが、一般的な企業さまのホームページでは、この数値の間で収まっております。

そしてただページを作成するだけであれば、大半の企業さまが達成できるのですが、SEOで成果を出すためには、質の高いページであるという条件があるため、もちろん何としても達成いただいておりますが、ほぼすべての会社さまに「もっと楽をできないのか」とご相談をいただいております。

ただ現状では、このページ作成で楽をしてSEOで成果を出すノウハウが弊社にはございませんので、基本的には「ないです」と申し上げており、日々お客さまに努力をお願いしております。

作成したページのリライト

お客さまによっては、まったくやらずに成果を出している会社さまもいますが、しかし現在のSEOにおいてかなり重要になるのが、作成したページのリライト作業になっております。

基本的にはスタッフブログを運営していれば、まだ記事を作成するのであれば頑張れるけれども、リライトとなると一気にそのハードルが高くなることが一般的です。

ただし、このハードルの高いリライト作業を行わなければ成果が出ないホームページも多くあるため、しっかりと成果を出すためにリライト作業をお願いしております。

このリライトを行うべきページについては、弊社では以下の3つの方法で調査しております。

  • グーグルサーチコンソール
  • グーグルアナリティクス
  • 目視

グーグルサーチコンソールでは、数値データを見て、グーグルがインデックス未登録にしているページを発見し、そのインデックス未登録を改善することで、御社のSEO効果は最大化されていきます。

そしてグーグルアナリティクスは、アクセス解析サービスになるので、訪問者の足跡を確認できるツールになり、検索からの訪問者数の少ないページの調査と分析を行い、SEOとしてまったく機能していないページを改善することで、SEO効果を高めることが可能です。

ただ、このSEOとして機能していないの調査については、基本的には検索からの訪問者数がないページがSEOとして問題のあるページになるのですが、「ページが悪くSEOで効果がない」のか、または「そもそもSEOキーワード設定が間違えている」のかについては、Web制作会社のサポートを受けて判断する必要があると思います。

そして、最近、弊社が特に重要になっていると思っているのが、目視になっており、この目視は意外と効果を発揮することが多いように思います。

ただし、この目視を行う際には、基本的にはリライト前よりもリライト後の方がページの質が高くなっていることが重要で、さらにはグーグルの判断はユーザの判断とは異なるため、一気に作業を行うのではなく少しずつ行うのが良いでしょう。

地味に被リンクも大変

最後にSEOでもっとも難しい被リンク対策をご紹介いたします。

この被リンク対策は、新規ページ作成を6の割合で行うとしたら、リライトは3、被リンクが1程度で良いと考えております。

基本的には被リンク作業は本当に大変なものになっているので、できれば行わない方が良く、しかし実際にホームページに被リンクが無ければ上位表示が難しいので、最小の被リンク対策でSEOを成功させることが重要になっております。

この被リンクを行う際には、被リンクはやり過ぎてしまうとスパム行為になるので、必ず被リンクの基礎知識をご確認の上、被リンク対策を行うことをオススメいたします。

リスティング広告

SEOと合わせて行いたいのがリスティング広告になっております。

このリスティング広告は出稿後2ヵ月くらいは本当に大変ですが、しかしこの2ヵ月間でしっかりと最適化を行うことで、後は放置でもある一定量以上の成果を生み出せるものになっております。

そのため、SEOと一緒に行っていただきたい対策として、弊社が力を入れてご提案しているのがリスティング広告になっており、このリスティング広告をしっかりと検討しながら出稿することで、御社のホームページは立ち上げ当初から成果を出すことが可能になっております。

ただし、このリスティング広告を行われているお客さまは、ある程度の期間が経つにつれて、費用がかかるリスティング広告を辞めてSEOでしっかりと集客したいと言われることがありますので、リスティング広告を行ったとしても必ずSEOは行っていくようにしなくてはなりません。

リアルでの活動

会社案内やパンフレット、リーフレットなどの印刷物がある場合は、そこにしっかりとホームページのURLを記載いただいたり、また実店舗での営業をされている場合は、店舗内でしっかりとURLの告知を行っていただいております

この活動は地味に大切になっており、もちろんイベントなどでURLを配布すれば一気にアクセス数が稼げるのですが、そうではなく店舗内でURLを告知するだけでも、少量ではありますが安定した見込み顧客の集客で成果を出すことが可能になります。

そしてこの活動は、SEOはもちろんリスティング広告よりも労力が少なくて良いものになっているので、弊社では必須になる活動であるとお客さまにご説明をしております。

ソーシャルメディア

ごく稀にですが、Web制作を実施する際に、何としても半年以内に成果を出したいと言われることがあります。

そういった場合、SEOによる集客対策では、半年以内に成果の出るホームページもあるのですが、Web制作会社の提案としては、半年で必ず成果が出るとは言えず、SEO以外の集客対策として、上記のリスティング広告運用とソーシャルメディアをご提案しております。

もちろんソーシャルメディアであっても運用法が正しくなければ、半年で成果を出すことは難しいですが、しかし実際に成功しているソーシャルメディアの運用法や考え方をサポートさせていただくことで、半年以内にソーシャルメディアで成功している会社さまが多くいらっしゃいます。

そしてこのソーシャルメディアにおいては、上手く活用することができれば、検索エンジン以上の成果を得ることが可能ですので、検索エンジンからの集客に依存しないホームページとするためにも、できれば実施していただきたい集客対策になっております。

このソーシャルメディアは複数のサービスの総称になっており、弊社がよく提案するソーシャルメディアは、主要なソーシャルメディアのご紹介のページでご紹介をしております。

外部サイトの利用

外部サイトの利用は、本当にWeb運営のための労力は豊富に用意できており、そして成果をなるべく早く出したい、あるいはより効果的なSEOを行いたいという場合のみオススメしております。

外部サイトの利用については、例えば無料ブログを利用して、その無料ブログの更新をユーザのために行い、本体のホームページへとリンクを張ることで、無料ブログから本体のホームページへと訪問者を誘導することが可能です。

そしてさらには、リンクを張ることはSEOにも効果的な対策になってくるので、実はSEO効果も高めることが可能です。

ただし、実際に弊社では無料ブログの運営を行ってはおりますが、あまり無料ブログを更新する時間が取れないため、更新頻度は非常に低くそれほど効果を得ることができておりません。

しかし、この無料ブログや外部サイトの利用はホームページの集客としては、非常に重要な要素になっているので、Web運営の時間が豊富にある場合は、ぜひとも行いたい集客対策の一つとなっております。

多くの集客法を行おう

上記の5つが弊社が普段から提案する集客ルートになっております。

そしてこれらのルートを多く利用した方が、本当に安定したホームページの集客になってくると考えており、これらの集客対策すべてを実施することは難しいかもしれませんが、SEOに依存した集客対策はなるべく早く脱却していくことが重要になっております。

もちろんSEOを辞めろと言う意味ではなく、やることには変わりがないのですが、しかしSEOだけの集客対策だと、「SEOは効果が出るまでに時間がかかること」や「コアアルゴリズムアップデートで一気に順位が落ちる可能性がある」、「順位を上げるためあるいはキープするための労力が大きい」などのデメリットもあるので、これらのデメリットを解消するためにもその他の集客対策を行うことが大切になるのです。

これから集客対策をご検討の方は、ぜひ上記の5つの集客対策のうち、少なくてもSEOとリアルでの活動、さらにもう1つ以上は行うようにすることで、本当に安定して多くの見込み顧客を集客できるようになるのです。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績