大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

フリーランスにWeb制作を依頼する前に

フリーランスが行うWeb制作

現在、非常に多くのフリーランス(SOHO)の方が、Web制作事業を行われております。

弊社は大阪にあるWeb制作会社になるのですが、フリーランスの方にお仕事を依頼することが多くあり、その際に感じることは、フリーランスの方の能力はピンキリであると思われます。

では、実際にフリーランスの方とWeb制作を行っていて感じることについてご紹介をいたします。

もちろん、フリーランスの方すべてが以下でご紹介することに当てはまるのではなく、実際に弊社が依頼したフリーランスの方の中にも非常に高い技術やお客さまのホームページの成果について正しい考え方をお持ちの方もいらっしゃり、あくまで一例としてご覧をいただければ幸いです。

成果に対する考え方

成果を考えたWeb制作

Web制作を行う際には、成果を設定することが当たり前の時代になりました。

この成果の設定においては、会社であれば、その成果をデザイナーやHTMLコーダーなどと共有して、成果を達成するための対策を実施するのですが、フリーランスの方によっては、成果をまったく考えないこともございます。

フリーランスの方の中には、HTMLやCSSを使って、ホームページが完成すれば良いと思われる方も中にはいらっしゃり、成果の設定を行わないままを作り始めてしまうと、まったく成果の出ない可能性が飛躍的に高まるのです。

そして、さらには現在のホームページにおいては、基本的には更新が無くては、成果を達成することができませんが、実はこの更新のことを考えずになんとなく管理画面を構築されてしまい、非常に更新しづらいため、一切更新をされなくなってしまうというケースもございます。

もちろん、フリーランスの方すべてが成果を考えないということはありませんし、会社であれば必ず考えてくれるということもありませんが、弊社が実際にこれまでフリーランスの方とWeb制作を行った経験から、この成果を考えないというのが非常に大きな問題になることが多かったように思われます。

品質の問題

Web制作の品質

品質は、フリーランスよりも会社に依頼したほうが高品質である可能性が高くなります。

その理由は、Web制作会社は基本的には納品して終わりということは非常に稀なケースになっており、実際にホームページを公開した後に、お客さまの成果を確認しながら、自分が行った施策が本当に効果的だったかの検証を行っております。

そのため、常に品質が向上されるように、改良を繰り返し行っており、成果を出すための方法を日々バージョンアップさせております。

もちろんフリーランスの方であっても、グーグルアナリティクスなどのアクセス解析を導入して、コンテンツ内容や見せ方などを改良しているフリーランスの方もいらっしゃいますが、フリーランスの方はどちらかというと、ホームページを納品してそこで作業が終わるということが一般的になっているのです。

そのため、デザインの品質やコーディングのSEO効果などは、一般的には会社の方が高いことが多いように思われます。

サポートの受けやすさ

サポートについて

よく、Web制作会社とフリーランスでどちらがサポートを受けやすいかというブログ記事が公開されており、会社は決まった時間しか対応してくれないが、フリーランスは基本的にはいつでも対応してくれると書かれている記事を見かけます。

しかし、よほど急ぎの場合を除き、例えば深夜の24時に連絡をするというのは基本的には稀なケースになっており、一般的にはそこまでサポートについては差がないのではないかと考えております。

例えば弊社の営業時間は、10:00から18:00になっており、実際に弊社の実績のお客さまにサポートをしている時間で言えば、日によって異なりますが、大体8:30から18:30というケースが多くあり、この時間内にご連絡をいただければ、しっかりとサポートをさせていただいております。

このように、もちろん深夜に電話をかける方であれば、フリーランスの方が連絡が取れることもあると思いますが、基本的には午前あるいは午後の一般的な営業時間内であれば、どちらに依頼をしてもあまり変わらないと考えております。

ただし、電話に出てくれる確率は、会社の方が高くなっており、フリーランスの方は自分で営業やディレクション、デザイン作成、コーディングまですべてを行っているため、電話に出れない時間が多いように思われます。

価格はフリーランスが圧倒的に安い

フリーランスは安い

フリーランスの価格は、会社に依頼するよりも安いことが一般的です。

その理由は、Web制作会社であれば、オフィスの家賃や光熱費、さらには雑費などが必要になっていることがあり、この分の費用を上乗せしたお見積書を提出しているのです。

もちろん、フリーランスの方であってもこれらの費用は計算しているのですが、しかしフリーランスの方が会社組織よりもその費用は安くなっているため、その分がお見積書の総額として大きな違いになっていると思います。

実際に弊社がフリーランスの方に依頼した経験からは、大体2倍くらい費用が異なることがあり、フリーランスの方であれば30万円のホームページが、Web制作会社に依頼すると50万円から70万円くらいの費用がかかることが一般的です。

基本的には弊社のルールとしては、フリーランスの方が出てきたお見積書に、ディレクション費用として20%から30%を上乗せさせていただき、そこからは弊社独自で行う作業に対する費用を上乗せしたお見積書を提出しております。

フリーランスはばらつきがある

フリーランスはピンキリ

上記がフリーランスの方にWeb制作を依頼する前に知っていただきたいポイントになっております。

もちろん、上記は一般例になっており、フリーランスの中には、法人よりも優れたサービスを提供されている方もいらっしゃいます。

しかし逆に、成果をまったく考えていなかったり、十分にサポートを受けれないという、ただ単にWeb制作を行うフリーランスの方も多くいらっしゃります。

そのため、フリーランスに依頼を行う際には、そのフリーランスの方の考え方や技術力によって大きく異なっていることが多くなると理解することが大切で、もし現在価格面からフリーランスに依頼するかをお考えであれば、フリーランスを探す作業に時間を取り、御社の希望通りのフリーランスを探すことに注力してみてはいかがでしょうか。

フリーランスはばらつきがある反面、非常にWebに詳しい方もいらっしゃるので、そのような方を見つけることができれば、より低価格で高品質なホームページを制作することが可能になります。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

これまでの実績