大阪のホームページ制作会社セブンデザインのスタッフブログ

ホームページ制作をフリーランスに依頼するメリット・デメリット

ホームページ制作をフリーランスに依頼するメリット・デメリット

ホームページ制作を行う際に、基本的にはあまり予算をかけたくないと思ったら、ホームページ制作会社ではなく、フリーランスのホームぺージ制作者に依頼することを検討すると思われます。

もちろんこのホームページ制作をフリーランスで行うことは決して問題があるというわけではないのですが、しかしフリーランスに依頼するということをしっかりと理解をして依頼することが大切になってきます。

そこで今回はホームページ制作をフリーランスに依頼するメリットとデメリットをご紹介させていただき、最適なホームページ制作を行う判断材料としていただければと思います。

フリーランスとは

フリーランスとは

ホームページ制作のフリーランスとは、基本的には法人組織としてではなく、個人事業主でホームページを制作されている方のことを言います。

このフリーランスのホームページ制作者に依頼することで、ホームページ制作をより安く制作することができるため、非常に費用対効果の高いホームページ制作を行うことができる可能性があるのですが、しかしこのフリーランスのホームページ制作者においてはかなり技術力や考え方にばらつきがあると思っております。

そのため、最適な技術力の高いフリーランスを発見してそこに依頼されるのであれば、問題がないと思いますが、しかし実際にはお客さまの想定と全く異なったデザインやコーディングを行うフリーランスも多くあります。

そこで今回はこのようなホームページ制作のフリーランスに依頼する際にまずはメリット・デメリットを理解していただき、最適なホームページ制作者を選定いただければと思います。

ホームページ制作フリーランスのメリット

フリーランスのメリット

まず初めに、ホームページ制作会社ではなく、フリーランスを選ぶメリットをご紹介いたします。

費用が安い

まずホームページ制作のフリーランスに依頼することで、非常に安くホームページを制作することが可能です。

ざっくりとした費用感としては、これまで弊社がホームページ制作をフリーランスの方と一緒に行った経験から言うと、30万からの予算で制作されることが多くあるので、通常のホームページ制作会社の見積よりも少し安く、大体7掛けの費用くらいでお見積りが提出されております。

そのため、ホームページ制作会社よりも少し安くホームページ制作が行えるようになるので、より安くホームページ制作を行うことが可能なのです。

連絡が取りやすい

こちらは昔は結構あったのですが、最近のホームページ制作のフリーランスの方によっては連絡が取りづらいこともあります。

ただ、最近はホームページ制作の営業マンも名刺に携帯番号を書いていることが多くなったことや、フリーランスのホームページ制作者の方であっても労働時間を定めて、その時間でないと連絡が取れないということも増えているので、絶対的なメリットとはならないかもしれません。

しかし基本的にはホームページ制作会社は、営業時間でないと会社にそもそも出社していないことや、名刺に書いている携帯番号は会社の電話になっているので、営業時間外にその携帯番号に連絡を入れても、まったく繋がらないということもあるので、それに比べれば、フリーランスの方が連絡が取りやすいということもあるのです。

営業と制作者が同じ

そして次のメリットとしては、ホームページ制作会社は営業マンと制作者は基本的には別の人間が対応していますが、フリーランスの場合においては、打ち合わせの人間とホームページ制作者が同じという点があります。

これは結構気にされる方も多くいらっしゃり、場合によってはお客さまがホームページ制作でこうして欲しいという要望があれば、伝言ゲームのように情報を伝えなくていいので、正確に要望通りのホームページ制作を行ってくれます。

そのため、例えば打ち合わせでこのようにしてほしいという情報を伝えるだけで、短時間で正確なホームページ制作を行ってもらえるようになるので、本当に効率よくホームページ制作が行えるようになるのです。

ホームページ制作フリーランスのデメリット

フリーランスのデメリット

では、フリーランスにホームページ制作を依頼するデメリットはどのようなものになるのでしょうか。

品質にばらつきがある

まず最大のデメリットとしては、ホームページ制作の品質にばらつきが出てしまうことになっております。

これは本当に大きな問題になっており、例えばホームページの打ち合わせでは、かなりレベルの高いホームページ制作が行えるだろうと思っても、いざデザイン作成が始まると非常に質が低かったということがあるのです。

そしてそうなってしまうと、すでにホームページ制作の構成であったりデザイン作成を行ってくれているので、ここでキャンセルしてしまうとそこまでの費用を支払う必要が出てくるので、基本的には依頼すればそれをやりきる必要があるのです。

そのため、フリーランスに依頼する時にはしっかりと、依頼する前にしっかりとその成果物の品質を確認することで、本当に良いホームページ制作のフリーランスを見つけることが可能になります。

プロ意識が低いことも

そして、フリーランスの方の中には非常にプロ意識が低いことがあるのです。

もちろんすべてのフリーランスがプロ意識がないとは言えませんが、しかし実際に非常に低いプロ意識の方もいると言わざるを得ません。

ただしこのプロ意識については、分かりやすいところで、電話での連絡が基本的にはつかないや、さらには集客に対しては知らないなどになっており、プロ意識が低い方に依頼するとさまざまな問題が発生してしまうのです。

そしてこのプロ意識は非常に見抜くことが難しいものになっているのですが、しかしこのプロ意識がしっかりと高い方に依頼することで本当に安定した結果を得ることができるホームページ制作となるのです。

フリーランスに依頼するときは見極めが大事

フリーランスは見極めが大事

基本的にはホームページ制作をフリーランスに依頼することは非常に大きなメリットであると思います。

しかしフリーランスに依頼することは、非常に大きなデメリットもあるので、これらをしっかりと検討してからホームページ制作を依頼することが大切であると思われます。

ホームページ制作をフリーランスに依頼することは決して問題のあることではなく、最適なフリーランスに依頼することで御社のホームページ制作は期待以上の成果を得ることが可能になるのです。

類似記事

TOP

ホームページ制作実績