サイト作成ならSevenDesign 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

質が低いページにnoindexのリスク

noindexのリスク

弊社は、大阪のWeb制作会社で、多くのお客さまが、ホームページ制作が終わった後、集客対策として、SEOを選択されます。

現在のSEOにおいては、基本的には、質が低いと、質の高いページのインデックスを妨げるだけなので、削除や統合が大切であると言われています。

実際に、グーグルサーチコンソールを使い、質の低いページを見つけ、そして削除ではなくnoindexにしてみたのですが、noindexによって逆に検索順位を落とす結果となりました。

Web制作会社の事例として、質が低い場合に、noindexを行うリスクについてご紹介をいたします。

質が低いとは

質が低いページとは

当記事における質の低いページとは、グーグルサーチコンソールに表示されているインデックス未登録を質と定義いたします。

なぜインデックス未登録にリストアップされると質が低いかと言うと、グーグルが質が低いからと発言していたので、もちろん前提として、質が低い以外にもホームページ制作段階の技術的な問題もあると言っていますが、基本的には、ホームページ制作では、技術的な問題が発生しないように制作しているため、質が低いとみなしています。

インデックス未登録には、グーグルサーチコンソールのカバレッジ>除外の中に、クロール済みと検出の2つが存在してるのですが、それぞれどのような意味があるのでしょうか。

グーグルの発言ではなく、これまでのホームページ制作経験からのご説明ですが、まず検出 - インデックス未登録は、グーグルが検出は行ったが、認識の最中にサーバー側で何かしらの問題が発生して途中で情報収集を辞めた、あるいは認識中に内部リンクによって移動したので認識を途中で辞めた可能性があると認識しています。

なぜ、そのような認識かと言うと、実際にブログ更新などを行うと分かるのですが、記事作成当初に、検出になるのが非常に多くあるためです。

そして、検出は、放置していても、自然と認識がされるのが一般的なので、検出は公開して日が浅い場合と判断をしています。

そして、クロール済みは、質の低いか、内外の被リンクが極端に少ないページがリストアップされていて、お客さまが、まず改善すべきはクロール済み - インデックス未登録であると考えています。

そのため、検出 においては時間あるいは内部リンク数で解決ができ、クロール済みは、内外の被リンクや、質を高めるためのリライトを行う対象と判断をしていて、当記事ではクロール済みにリストアップされていると質の低いと判断しています。

現在のホームページ制作やSEOにおいては、インデックス未登録への理解が大切で、最低限は上記の情報を理解していくようにしましょう。

行ってみた

noindexページ

2022年3月13日現在、弊社のホームページには、クロール済み - インデックス未登録としては、80件ほどがリストアップされています。

ちなみにですが、検出 - インデックス未登録件数は0件です。

ただ、実際にリストアップされているのは、大半が2ページ目などで、例えばスタッフブログ - 35|大阪のWeb制作会社セブンデザインなどが60件ほどあります。

これらの一覧については、カテゴリーにnoindexは必要かでもご紹介していますが、カテゴリーにnoindexを導入すれば解消されると思います。

そして問題は、記事で、実は記事も20件ほどがインデックス未登録の状態で、記事のインデックス未登録はホームページ制作のSEO成果を考えると大きなマイナスだと思われます。

そして、スタッフブログだけであれば、がっつりリライトが可能なのですが、新着情報などにおいては、リライトも難しく、新着情報のインデックス未登録に対して、削除はできませんが、noindexとしてしまい、グーグルに評価対象から外してもらうようにしたのです。

noindexについては、住太陽氏のインデックスの整理で検索流入が二倍にという記事を参考といたしました。

翌日の順位

翌朝の検索順位

実際に、新着情報のインデックス未登録は10件ほどあったのですが、すべてをnoindexにして、その日は帰り、翌朝検索順位のチェックを行うと、24のキーワードすべてで検索順位が落ちてしまいました。

そのため、前日のnoindexが原因かもしれないと思い、noindexを解除してみたところ、元の検索順位に戻せました。

このようにグーグルが質が低いと認識しているはずのクロール済みは、実は認識はされていないかもしれませんが、トップのSEOに影響を与えるページのではないかと思い、スタッフブログの記事を使って検証をしてみました。

ホームページ制作を行って、インデックス未登録を確認してnoindexにしてしまうのは、おそらく大きなマイナス効果と推測されます。

必ず落ちると思う

noindexは順位が落ちる

スタッフブログの検証では、クロール済みだけをnoindexにしてみると、検出だけをしてみる、さらには両方にしてみるを行ってみました。

結果としては、すべてのパターンで大きく検索順位を落としていて、この落ち方はクロール済み - インデックス未登録だけであろうと検出 - インデックス未登録だけであろうと両方であろうと、大体同じくらいの順位を落としていました。

そのため、ホームページ制作や運営においては、検出 - インデックス未登録は時間をおいてから判断すれば良いと思いますが、クロール済み - インデックス未登録については、価値が低いからと言って、noindexや削除は非常にリスクが高い対策ではないかと思っています。

クロール済みの改善

クロール済みインデックス未登録を改善

では、クロール済み - インデックス未登録の改善法はどうすればいいのかと言うと、基本的には、リライトが大切で、リライトを行う際に、URLが変更される場合は、旧から新へと301リダイレクトをしっかりと行うのが大切です。

実際に、統合やリライトを行っても、301リダイレクトを行っていれば、検索順位が落ちるというのは現段階ではありません。

noindexについては、ブログなどを見ると、グーグルが価値が低いと判断したページはnoindexあるいは削除した方が良いという記事を稀に見かけるのですが、これまでのホームページ制作経験としては、基本的には作成した記事の削除は、どんなにグーグルが低品質だと認識していたとしても、あまりおすすめができるものではありません。

また、カテゴリー一覧などの場合は、これまでのホームページ制作実績で言えば、リダイレクトなどを行わずにnoindexとしても、グーグルの検索順位は下がりませんでしたので、あくまで記事限定での話になります。

これらをしっかりと理解してホームページ制作や運営は、SEOにおいて非常に大切なので、上記を理解してからのホームページ制作をおすすめいたします。

なるべく辞めよう

noindexは辞めよう

今回の事例から、ホームページ制作後に記事へのnoindexはなるべく辞めた方が良いと思います。

もし記事の質が低い場合は、ホームページ制作時に技術的な問題がない場合であれば、リライトをしたり、さらには内部リンクなどによってインデックスを促せば、必ずそのインデックスされるようになるのです。

実際に、リライト作業は高い効果があると認識していて、弊社では、リライト作業と内部リンクで、検出を0件に、クロール済みも160件から80件と、大体半分くらいまで減らすのに成功しています。

現在、クロール済みは削除かでお悩みの方は、削除ではなくリライトがおすすめで、リライトであれば、検索順位を下げないSEOになります。

弊社は大阪のWeb制作会社で、ホームページ制作だけではなく、SEOサポートもいたしていますので、質が低いページを改善したいとお考えの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

当ページは株式会社セブンデザインが作成しています。
当記事についてやサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メール

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP