大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

質の低いページにnoindexはリスクがある

noindexのリスク

Web制作が終わった後、ホームページの集客対策として、SEOを選択される方は非常に多いと思います。

そして現在のSEOにおいては、基本的には質の低いページは質の高いページのインデックスを妨害するだけのページになっているので、削除や統合を行うことが大切であると言われております。

実際に弊社では、グーグルサーチコンソールを使い質の低いページを見つけ、そして削除ではなくnoindexにしてみたのですが、このnoindexによって逆に検索順位を落とす結果となりました。

質の低いページとは

質が低いページとは

当記事における質の低いページとは、グーグルサーチコンソールに表示されているインデックス未登録のページを質の低いページであると定義いたします。

このグーグルサーチコンソールでは、「カバレッジ>除外」の中に、「クロール済みインデックス未登録」と、「検出インデックス未登録」の二つが存在してるのですが、それぞれどのような意味があるのでしょうか。

グーグルの発言ではなく、弊社のこれまでのホームページの運営経験からのご説明ですが、まず「検出インデックス未登録」は、グーグルが検出は行ったが、インデックスしている最中にサーバー側で何かしらの問題が発生して途中で情報収集を辞めた、あるいは認識中に内部リンクによって他のページへと移動したのでインデックスを途中で辞めたページであると認識しております。

なぜ、そのような認識をしているかと言うと、実際にブログ更新などを行っていると分かるのですが、記事作成当初に「検出インデックス未登録」になるページが非常に多くあるためです。

そしてそのページを放置していても、自然とインデックス登録がされることが一般的なので、おそらくこの「検出インデックス未登録」は、公開して日が浅いページがリストアップされる傾向が高いと判断をしております。

そして、「クロール済みインデックス未登録」は、質の低いページか、内外の被リンクが極端に少ないページがリストアップされており、お客さまがまずWeb運営で改善すべきはこの「クロール済みインデックス未登録」であると考えております。

そのため、「検出インデックス未登録」においては時間あるいは内部リンク数で解決できるページで、「クロール済みインデックス未登録」が被リンクを増やすことやページのリライトを行うべきページになっていると判断をしており、当記事ページでは「クロール済みインデックス未登録」にリストアップされているページが質の低いページになっております。

現在のWeb制作やSEOにおいてはこのインデックス未登録をしっかりと理解することが大切になっているので、最低限は上記の情報を理解していくようにしましょう。

質が低いページをnoindex

noindexページ

そして現在弊社のホームページには、2021年7月18日現在で「クロール済みインデックス未登録」のページ数としては、100ページほどのページがリストアップされております。

ただ、実際にリストアップされているページは、大半が2ページ目のページであることが多く、例えば「スタッフブログ-35ページ目|大阪のWeb制作会社セブンデザイン」や「SEO・SEM-5ページ目|大阪のWeb制作会社セブンデザイン」のページが40ページほどあります。

これらの一覧ページについては、カテゴリーページにnoindexは必要かでもご紹介しておりますが、カテゴリーページをnoindexにすることで、おそらく通常のスタッフブログの35ページ目などのページも認識が進むのではないかと思っております。

そして問題は、記事ページになっており、実はこの記事ページも20ページほどがインデックス未登録の状態になっていて、この記事ページのインデックス未登録はWeb制作の成果を考えると大きなマイナスになっているのです。

そしてスタッフブログであれば、がっつりリライトを行うことが可能なのですが、新着情報などにおいては、リライトも難しいものになっているので、弊社では新着情報のインデックス未登録のページに対して、削除はできませんが、noindexとすることでグーグルにそのページ自体を評価対象から外してもらうようにしたのです。

このnoindexについては、住太陽氏のインデックスの整理で検索流入が二倍になった話という記事を参考といたしました。

noindexにして翌日の順位

翌朝の検索順位

実際にこの新着情報のインデックス未登録のページは9ページほどあったのですが、9ページをnoindexにしてその日は帰り、翌朝検索順位のチェックを行うと、弊社が計測している30のキーワードすべてで検索順位が落ちておりました。

そのため、弊社では前日のnoindexが原因かもしれないと思い、noindexを解除してみたところ、元の検索順位に戻すことができました。

このようにグーグルが質が低いと認識しているページのはずの「クロール済みインデックス未登録」のページは実はインデックスはされていないかもしれませんが、SEO評価に影響を与えるページになっているのではないかと思い、スタッフブログの記事を使って検証をしてみました。

Web制作を行って、インデックス未登録を確認してnoindexにすることはおそらく大きなマイナスであることが推測されます。

noindexは必ず落ちる

noindexは順位が落ちる

このスタッフブログの検証では、「クロール済みインデックス未登録」だけをnoindexにしてみることと、「検出インデックス未登録」だけをnoindexにしてみること、さらには両方noindexにしてみることを行ってみました。

結果としては、すべてのパターンで大きく検索順位を落とすものになっており、この落ち方は「クロール済みインデックス未登録」だけであろうと「検出インデックス未登録」だけであろうと「両方」であろうと、大体同じくらいの順位を落としておりました。

そのため、Web制作や運営においては、「検出インデックス未登録」は時間をおいてから判断すれば良いと思いますが、「クロール済みインデックス未登録」については、価値が低いから純粋にnoindexや削除は非常にリスクが高い対策ではないかと思っております。

「クロール済みインデックス未登録」の改善法

クロール済みインデックス未登録を改善

では、「クロール済みインデックス未登録」のページの改善法はどうすればいいのかと言うと、基本的にはページのリライトを行うことになっており、リライトを行う際に、URLを変更する場合は、旧ページから新ページへと302リダイレクトをしっかりと行うことが大切です。

実際に弊社はこの統合やリライトを行っているのですが、302リダイレクトを行っていれば、検索順位が落ちるということは現段階ではありません。

このnoindexについては、ブログなどを見ていると、グーグルが価値が低いと判断しているページはnoindexあるいは削除した方が良いという記事を稀に見かけるのですが、弊社の経験としては、基本的には作成した記事を削除することは、どんなにグーグルが低品質だと認識していたとしても、あまりオススメができるものではありません。

また、カテゴリー一覧などの記事一覧ページの場合はリダイレクトなどを行わずにnoindexとしてもグーグルの検索順位が下がるということはありませんでしたので、あくまで記事詳細ページ限定での話になっております。

これらをしっかりと理解してWeb制作や運営を行うことは、SEOにおいて非常に大切になっておりますので、上記を理解してホームページを制作されることをオススメいたします。

記事詳細ページをnoindexにするのは辞めよう

noindexは辞めよう

そして今回の事例から、Web制作後に記事詳細ページのnoindex設定は絶対に辞めた方が良いものになっております。

もし記事の質が低い場合は、新しく記事を書き直したり、さらには内部リンクなどによってインデックスを促すことで、必ずそのページはインデックスされるようになっております。

実際にこのリライト作業はかなり効果的なものであると認識しており、当社では現在リライト作業を行うことと、内部リンクを行うことで、着実に「クロール済みインデックス未登録」のページを減らすことに成功しております。

現在、「クロール済みインデックス未登録」のページを削除するかお悩みの方は、削除するのではなくリライトを行うようにすることで、検索順位を下げないSEOとすることが可能なのです。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績