大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

Web制作のポイント

弊社のWeb制作のポイント

弊社のWeb制作のポイントをご紹介いたします。

弊社のWeb制作は、基本的にはSEOありきのホームページになっているため、SEOの仕様が変更されれば、当然弊社のWeb制作のポイントも変更いたします。

そのため、今回ご紹介するWeb制作のポイントは、あくまで2021年6月30日時点での話であり、実は7月にグーグルの検索順位決定アルゴリズムの変更、すなわちグーグルコアアップデートが行われるため、もしかすれば7月に変更するかもしれません。

Web制作は企画が重要

Web制作のポイントとして、もっとも弊社が重要だと考えているのは、Web制作の企画になっております。

この企画については、主に弊社では4つのポイントがあると考えており、「Web制作の目的」と、「誰のためにホームページを制作するのか」、「集客をどうするのか」、「成約をどうするか」になっております。

このホームぺージの企画は、ホームページを制作する前に立案するものになっていて、具体的に言えば、弊社のWeb制作の流れで言うと、ワイヤーフレーム作成前にしっかりと企画を定めております。

なぜ企画をWeb制作前にしっかりと定めるかと言うと、基本的にはこのWeb制作の企画内容は、ホームぺージ内外の全体像を示すものになっており、さらには、その全体像に対して、御社がとるべき戦術を記した資料になっているのです。

例えば、通常の営業活動を例にとると、市場の全体像を把握してから営業戦略を立て、そしてその全体に対して自社がどのような行動を行うかの戦術を決定していくことが一般的な営業になると思います。

Web制作においても同様に、この戦略と戦術をしっかりと定めることが大切になるので、ホームページを制作する前に、市場を把握し、しっかりと戦略と戦術を定め、それを企画書に落とし込んでいるのです。

そのため、Web制作前に企画立案を行うことは非常に重要になっており、さらに言えば、弊社ではWeb制作の中で最も重要であると考えております。

そして以下でご紹介する項目はすべて企画の中で決定することになっております。

Web制作の目的

ホームページの制作目的をしっかりと定めてWeb制作を行うことは重要です。

弊社は大阪でWeb制作を行っているのですが、もちろんホームページを制作する際に、「ホームページをなぜ制作するのですか?」と目的を確認しております。

その時にもっとも多い回答が、「お問い合わせが欲しいから」や「資料請求が欲しいから」と言われるのですが、このお問い合わせが欲しいや、資料請求が欲しいでは、Web制作にはあまり役に立たない情報になってしまうのです。

例えば、お問い合わせが欲しいがホームページの制作目的であれば、弊社が行える対策は、お問い合わせフォームの制作くらいになっており、その際に少しでも成果を出すために、「LPOを考慮したお問い合わせフォームを制作しましょう」くらいしか言えません。

そのため、「お問い合わせが欲しいから」と言うのは間違いではありませんが、しかし本当に欲しい回答としては、「自社のサービスは競合他社と比較をしたときに、サポート力に定評があり、現在でもそのサポート力をメリットに感じて仕事を獲得しているので、ホームページでもサポート力を打ち出してお問い合わせを獲得できるホームページを制作したい」になっております。

今回は例であるため、少し長くなりましたが、ここまでは必要がなく、「お問い合わせが欲しい」がホームページの制作目的であれば、「なぜ訪問者がお問い合わせをしてくれるのか」を加えることが大切になっており、これであればサポート力を打ち出したコンテンツを作成することが可能になります。

この「なぜ」を加えるだけで、ホームページの制作目的は、ホームページに活かせる情報になるため、成果の出るWeb制作には必須となっているのです。

誰のためにホームページを制作するのか

弊社では、ターゲットを定める際に、「検索ユーザのSEOキーワードを定める」ことと、「そのホームページをどのような属性の方が閲覧するかを検討」することを行っております。

そしてこの検索キーワードについては、お客さまと何度もお打ち合わせを行い、トップページで集客する検索キーワードを定め、そこからすべてのページに対してSEOキーワードを選定いたします。

そしてそれとは別に「そのホームページをどのような属性の方が閲覧するかを検討」することを行っており、実はこのユーザ属性を使ってデザイン作成を行っております。

弊社の場合は、上記の2種類を使ってターゲットを定めるのですが、例えばここで「【Web制作】で検索するユーザを集める」だけしか考えていない場合、確かにSEOとしては対策が行えますが、しかしこの情報ではどのようなデザインを作成していいかが分かりません。

この情報だけでデザイン作成を行うとすれば、ぜいぜい【Web制作】で検索を行い、上位表示している10サイトの傾向を抑えたデザイン作成になっております。

もちろんこれでも良いとは言えるのですが、しかしもっとも大切なのはそのホームページを利用するユーザに対して最適化されたデザインを作成することになっており、Web制作のデザインを作成するには、そのホームページを利用するユーザを考えて作成しなくてはならないのです。

そして、どのようなターゲット設定を行うかと言うと、「20代/女性/会社員/広報担当者」というようにユーザ属性を定めております。

そしてこの「20代/女性/会社員/広報担当者」がよく見るホームページを実際に調査してみて、その傾向からホームページのデザイン作成を行うことで、ユーザにとって本当に扱いやすいデザインとなり、成果に影響を与えるホームページデザインとなるのです。

これが弊社が、Web制作のターゲットとデザインのターゲットを定める理由になっており、これらの対策を行うことで、本当に御社のWeb制作は効果的なSEOとデザイン作成が行えるようになるのです。

集客をどうするのか

ホームページは制作しただけで集客ができるツールではなく、どこから人を集め、どのような対策が必要になるのかを検討しなくてはなりません。

この集客については、弊社のWeb制作実績では、多くのお客さまがSEOを選択されているように思います。

もちろんSEOを行うとなれば、全力でSEOで成果を出せるホームページを制作するのですが、実は現在のSEOにおいては、どんなにSEOに最適化されたホームページであったとしても、ホームページを制作しただけで成果を出すことはできず、Web運営が重要になってきます。

もちろんだからと言って、闇雲にホームページを制作して良いという理由にはなっておらず、グーグルの情報収集プログラムのホームページの回遊を意識したり、正しくホームページの情報を認識してもらうための対策を行うことは必要です。

そしてこのSEOに強いWeb制作を行ったうえで、Web運営を実施頂くことで、SEOで成功することができるのです。

ただ、弊社の場合は、Web制作中あるいはホームページ公開後に更新方法をお客さまにレクチャーしているのですが、基本的には膨大な運営量が必要だと認識していただく必要があります。

そしてこのSEOは本当に多くの作業量を伴うため、もしSEOの作業量に不安がある場合は、別の集客対策を検討しなくてはなりません。

この別の集客対策としては、多少手間はかかりますが、まずソーシャルメディア運用があり、このソーシャルメディア運用では、まず成功しているソーシャルメディアを参考にすることから始め、そして運用しながら投稿内容のマイナーチェンジを繰り返す必要があります。

そしてこのソーシャルメディアの投稿にある程度慣れてくれば、成果の出る投稿もできるようになり御社のホームページの集客力を大きく高めることが可能です。

ただやはりソーシャルメディアもSEOほどの努力量と期間は必要がないのですが、それなりの時間がかかることや、業種によってはソーシャルメディア運用自体が行いづらいこともあると思うので、その場合はリスティング広告をお願いしております。

このリスティング広告は、グーグルの検索結果に表示される広告枠に出稿することになっており、費用としては月額ではなく広告がクリックされるたびに費用が発生するクリック課金型になっています。

リスティング広告は、本当に手っ取り早くユーザを集めたいときには非常に効果的なものになっていて、広告を出稿するキーワードを定め、タイトルと説明文、入口ページのURLを設定し、最後に1クリックあたりの単価を決定します。

最初は確かに、費用対効果を高めるための対策が必要になりますが、一度期待通りの成果が出る広告となれば、後は放置でも費用はかかり続けますが、作業を行わずに集客が可能になっているので、非常に効果的な集客対策になっているのです。

このように上記3点の集客法プラス、リアルでのURLの告知を加え4つの集客法の中から、御社のWeb運営スタイルで行える集客法を選択してホームページに人を集めていきます。

成約をどうするか

そしてWeb制作のポイントの最後として、ホームページの成約を考える必要があります。

ホームページから成果を出すためには、この成約をしっかりと行う必要があるのですが、実はこの成約対策については、ある程度集客で成功をしていないと成約対策が行えないという縛りがあります。

どういうことかと言うと、基本的には人がまったく来ていない状態で、どのページに問題があるかを知ることができず、例えばトップページに月間1人しか集客できておらず、その1人が直帰してしまったら、直帰率が100%のトップページとなります。

そしてこの1人はたまたま帰ってしまった可能性も十分に考えられるので、成約率を高めるためには、ある程度の集客力が必要になっているのです。

そのため、弊社のWeb制作のポイントとしては、いきなり成約率を高めるという提案をしておらず、まずは集客対策に力を入れ、ある程度集客ができるようになってから成約対策をお願いしております。

上記に加えてサポートをしっかりと行う

上記が基本的な弊社のWeb制作のポイントになっております。

ただ、こちらは2021年6月30日のポイントになっており、SEOの仕様変更や新たな集客ルートができたり、成約対策の方法が変わったりすると変更する可能性があります。

そしてこれらのホームページを制作する前はもちろん、中や後においても弊社ではサポートをしっかりと行っており、基本的には弊社に工数がかからないサポートであれば無料、工数がかかるサポートは有料として提供しております。

そしてこのサポートを受けられるうえで、お客さまが「ホームページから成果を出したいから運営をしっかりとする」という方は多くが成果を出しており、逆に「成果は欲しいけどWeb運営は面倒くさいからやらない」という方は成果を出せておりません。

Web制作で成果を出すためには、Web運営が重要で、そのWeb運営を行うためには、サポートが非常に大切になっていると、弊社では考えておりますので、上記対策に加え、サポートをしっかりと行うことで、お客さまのWeb制作を成功へと導いております。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績