大阪のホームページ制作会社セブンデザインのスタッフブログ

ホームページ制作でSEO効果を出すために

ホームページ制作でSEO効果を出す

ホームページ制作を行ってもまったく効果が出なかった場合に、なぜ効果が出ないかを調べると訪問者数がまったくいないと気が付く方は多いです。

そしてその訪問者を集客する方法を調べていると多くの方がSEOを発見され、SEO対策に取り組もうと考えるのですが、実際にこのSEO対策については、何をすればいいのでしょうか。

このSEO対策においては、もちろんホームページ制作後に行うことも可能ではあるのですが、実はホームページ制作前にしっかりと行うことも重要になっているので、基本的にはホームページリニューアルあり気で行っていただきたいものになっております。

そこで今回はこのホームページ制作でSEO効果を出すために弊社が行っているポイントをご紹介いたします。

もちろんホームページリニューアルは検討していないという場合は、ホームページ運営フェーズのSEO対策だけを実施しても効果を出すことが可能です。

SEOはライバルとの競争

SEOはライバルと競争

SEO効果が出るホームページ制作についてご紹介をする前に、基本的なSEOの情報としてですが、SEOはライバルとの競争になっております。

基本的にはライバルよりも人気があり、人気のあるホームページであれば必ず成果を出すことが可能です。

そのため、まずSEOの基本としてはテクニックに頼った被リンク対策や、楽にできるページ作成をとにかく行うことではなく、しっかりと努力をし続けることが重要になっております。

このテクニックに頼った被リンク対策や楽ができるページ作成を行っていると、もちろんグーグルの認識次第で一時的に順位が上がることがあるかもしれませんが、しかしどこかのタイミングで必ずグーグルはそれらの行為を無効化してくるため、安定したSEO対策とならないのです。

SEO対策において大切なのは、努力をしっかりと行い、そして永続的に上位表示を行うことであり、テクニック的に被リンクやページ数を増やし、一時的に上がるSEO対策を行うことではないと理解していくことが重要になります。

SEOに強いホームページ制作

SEOに強いホームページ制作

まずできれば行いたいことはSEOに強いホームページ制作となっております。

このSEOに強いホームページ制作とは、基本的にはコーダーがしっかりとSEOを理解していることが重要になっていて、主に4つのポイントがございます。

タグを適切に使う

まず、グーグル自身もタグはほとんど影響がないと言っておりますが、正しいHTML5、CSS3の知識を持ってホームページを制作することは非常に大切です。

この正しいHTML5とCSS3については基本的にはホームページ制作会社が制作したホームページであれば、問題はないものになっており、実はこのタグの書き方だけではそれほどライバルとは差が付かないものになっております。

もちろんライバルと差が付かないからと言って闇雲にタグを書いていると、グーグルのそのページの認識速度が落ちたり、間違った認識をされてしまうので、しっかりと最低限正しいHTMLやCSSでの記述を行うことが重要になっております。

そしてその際に1点注意点があり、現在のグーグルなどの検索エンジンはCSSやJSなどの情報も含めて判断しているため、これらをしっかりと記述していくことで安定した順位のホームページとなるのです。

クローラビリティーの最適化

そして現在のSEO対策においてホームページ制作会社が行うべきはこのクローラビリティーであると判断をしております。

クローラビリティーとは、検索エンジンの情報収集プログラムがホームページ内部を巡回しやすいようにするための対策になっており、このクローラビリティーが低いと、せっかくページを作成してもグーグルに作成したページを認識してもらうことができないことがあります。

現在のグーグルは、ユーザの検索キーワードに対して最も詳しいホームページを上位表示させているため、このクローラビリティーが高いと作成したページをしっかりと認識してもらうことができるので、ホームページ運営効率が飛躍的に高まるのです。

もちろん、クローラビリティーだけが高くて、ホームページのコンテンツに価値がなければ意味がありませんし、さらにはクローラビリティーを高めても、評価する価値がないと判断されてしまうことはありますが、この評価する価値がないと考えられるページを最小化することが可能になるので、本当に効果的なホームページ制作が可能になるのです。

必要なツールはすべて導入

そして基本的にはグーグルサーチコンソール、グーグルアナリティクス、ビングウェブマスターツール、XMLサイトマップ、ロボットテキストの5点は導入するようにしましょう。

もちろんこれらのツールを導入してもそれほどSEOにとって意味がないのですが、しかしグーグルにデータを送信できることは何かしらのメリットがあると考えております。

また、グーグルサーチコンソール、グーグルアナリティクス、ビングウェブマスターツールについてはホームページの問題点を発見できますし、XMLサイトマップ、ロボットテキストについては、グーグルにホームページのURLの送信ができるため、非常に効果的なツールになっております。

そのため、それほどSEOに効果的かと言われるとそうでもないように思われますが、しかししっかりと導入しておくことで、グーグルに情報の送信と問題点の発見ができるため、ホームページを制作したら必須になっていると思われます。

更新コンテンツを考える

そして最後に、SEO対策の基本的な対策としては、お客さま自身(外注の場合もある)でホームページの更新作業を行うことになっております。

そのため、この更新コンテンツをしっかりと考えることは本当に大切になっていて、例えば一般的には弊社ではスタッフブログを提案することが大半になるのですが、しかしホームページ制作前にこのスタッフブログが本当に更新できるかの確認を行っております。

基本的に、スタッフブログは闇雲に更新作業を行うのではなく、ある程度ルールを定めてあまりに文字数が少ない場合はほとんど意味がないものになるのです。

そのため、1記事1記事である程度の文字数が書けるかをコンテンツを制作する前にしっかりと確認することを行っており、文章を書けるのであればスタッフブログを、書けない場合は別のコンテンツを提案しております。

しかし実際のところ、SEO対策に効果があるという話をした場合に、多くの方が書けるものになっておりますので、しっかりと自社でこれらを更新することで本当に成果の出るSEOとなるのです。

そしてこの更新頻度については、大体ですが最低でも週1程度になっており、本当に気合を入れてスタッフブログを更新して頂いているお客さまは、1日1記事の公開を行われております。

ホームページ運営で行うSEOは更新

ホームページ運営でのSEOは更新

そしてこれらを考えてホームページ制作を行い、そしてホームページが公開したらホームページ運営が開始されます。

この更新は実際に弊社のクライアントさまも毎日しっかりと行っていただいているのですが、例えば100ページを制作すれば成果が出るというのが一般論になっているように思われますが、実際にはライバル次第であると認識することが大切です。

例えば御社が狙うキーワードで上位表示しているホームページすべてが300ページ以上あるのに御社のホームページが100ページであれば、SEOで効果を出すことができなくなっております。

そのため、基本としては御社のホームページにおいて大切なのはライバルよりも詳しいホームページ制作になっており、これらを徹底することによってホームページは成功するのです。

もちろんこれらの更新を継続することは本当に難しいものになるのですが、とにかく最初はホームページ制作会社が定めた目標ページ数までしっかりとページを作成していただくことが重要なので、最初は多くの時間をかけてホームページの更新をお願いしております。

状況に応じて被リンクも

状況に応じて被リンク

そしてSEOにおいて、まだまだ被リンクは重要なものになっております。

この被リンク対策においては、もし本気で取り組むとなると時間も予算もかかるものになるので、弊社では最小限の被リンク数で成果を出すことを推奨しております。

この最小限の被リンクとは、企業情報を登録できるホームページにしっかりと登録することになっており、これらは基本的には弊社の場合ですとホームページ制作後にお伝えさせて頂いております。

そしてこの被リンクだけでも実際にホームページの更新作業を行っていただいていると、結構順位が上がることが多いので、無駄に被リンク対策を行う必要はないように思われます。

もちろん被リンクがないというのは問題なので、最初に被リンクを獲得して、その後は、知り合いなどに被リンクのお願いができるタイミングがあれば、その時にしっかりとお願いしていく程度で良いと思われます。

SEO効果が出るホームページ制作は運営ウェイトが大きい

SEO効果が出るホームページ制作は運営ウェイトが大きい

10年ほど前のホームページ制作であれば、結構ホームページを制作するだけで、1位を獲得できたのですが、最近はホームページ運営量が上位表示と密接に関わっているように思われます。

そのため、もちろんいまだに被リンクに頼ったSEOをしている会社もあるのですが、このような会社については基本的には、永続的な上位表示ができないものになっているのです。

そのため、御社はしっかりとホームページ内のページ数を増やすことで、グーグルから本当にユーザの検索キーワードに対して詳しいホームページであると認識してもらうことに注力をしていき、これらを徹底して行った結果上位表示ができれば本当に安定したSEOとなるのです。

SEO対策は決して簡単なものではないですが、しかし現在のSEOは努力量が大きな影響を与えていると思われますので、しっかりと努力をする会社さまであれば、すべての会社さまにチャンスがあると思います。

これからホームページ制作を行われる会社さまで、どうせホームページを制作するのであればSEOに強いほうが良いとお考えの方はぜひお気軽に弊社にご相談ください。

類似記事

TOP

ホームページ制作実績