大阪のホームページ制作会社

株式会社セブンデザイン

ホームページ制作に必要なメタタグ

ホームページ制作において、メタタグは非常に大切なものになっております。

このメタタグを最適化することは、SEO効果を最大化するためにも必要なものになっておりますが、実際にメタタグが最適化されていようがいなかろうが短期的に見ればSEO効果はほとんど変わらないのですが、中長期的に見たときには、その効果が飛躍的に変わってくるのです。

そしてこのメタタグについては、ホームページ制作会社はしっかりと行うべき内容になっており、これらを最適化して初めて成果を出せるようになります。

そこで今回は、SEOに役立つメタタグにはどのようなものがあるのかについてをご紹介いたします。

メタタグとは

まずメタタグとはどのようなものになるのでしょうか。

このメタタグは、基本的にブラウザでホームページを見たときには、まったく分からないものになるのですが、ソースコードを見ると、どのメタタグが導入されているかを知ることが可能です。

このメタタグはグーグルに情報を伝えるために利用されるものになり、例えば文字コードであったり、検索結果に表示されるタイトル下の3行のテキスト、検索エンジンが認識しなくても良いページの指定などが行えます。

そしてこれらをしっかりと作成していくことで、そのホームページは飛躍的に成果を高めることが可能になり、御社の期待以上のSEO効果を得ることが可能なのです。

では実際に必要なメタタグをご紹介いたします。

メタディスクリプション

まずよく忘れがちになるのですが、非常に大切になるのがメタディスクリプションタグになります。

このメタディスクリプションタグでは、検索結果ページのタイトル下に表示される3行のテキストになっており、ページの要約を150文字前後で記述することが大切になっています。

この150文字と言うのは弊社の考えに基づくものになっており、ホームページ制作会社によっては、50文字で良いや逆に400文字は必要だということもあり、どの数値も具体的な根拠のあるものになるので、正しいと思います。

しかし共通しているのが、すべてのページで固有のメタディスクリプションを作成するということになっており、ここがしっかりと固有のモノでなくては、検索エンジンに正しくホームページを評価してもらうことができないのです。

その理由は、メタディスクリプションは基本的には、そのページの要約を記述するので、他のページとかぶるということが基本的にはなく、かぶっていた場合はグーグルに類似コンテンツ扱いをされてしまい検索順位を落としてしまう恐れがあります。

コンテンツタイプタグ

コンテンツタイプタグとは、文字コードを指定して、ブラウザでどの文字コードを利用するかを記述できるタグになっています。

この文字コードについては基本的には、「Unicode/UTF-8」を指定していくことをグーグルが推奨しております。

ロボットタグ

ロボットタグとは一般的には、グーグルにそのページを見てほしい見てほしくないや、リンクを辿って欲しい辿って欲しくないを記述するタグになります。

このタグを利用することで、大量にあるホームページ内のページで見なくていいページをグーグルは初めから無視することができるので、ホームページ内の巡回効率が高まります。

当然巡回効率が高まれば、その他のページのSEOも高まるので、非常に効果的なSEOとすることが可能になります。

ビューポートタグ

ビューポートタグとは、スマートフォンやタブレットでホームページを表示するために必要なタグになっています。

このビューポートタグを記述することで、グーグルにホームページを正しく認識してもらうことが可能になり、スマホ検索での検索順位を高めることが可能です。

現在のホームページ制作においては、グーグルは、スマートフォンユーザへの最適化を重視しており、スマホサイトをしっかりとグーグルの定めたルールに基づいて制作する必要があり、これらに対応をしていると告知できるのがビューポートタグになっております。

メタタグではないがタイトルタグ

メタタグではありませんが、メタタグの上部に記載するのが、タイトルタグになっています。

このタイトルタグはSEOにおいて非常に重要なタグになっており、すべてのページで固有のタイトルタグを定めていきます。

このタイトルタグにおいては、現在のSEOにおいては非常に大切だと言われており、このタイトルタグから不要な文言を取るだけでSEO効果が大きく向上したという例もあるようです。

そのため、タイトルタグは特に意識をして作成しなくてはならず、基本的には不要な文字を抜いて記述すること、そしてすべてのページで固有であることに注力して作成することで、そのホームページ全体のSEO効果を最大限高めることが可能になります。

メタタグは重要なタグになります

上記が一般的なメタタグで、その他にもツイッターカードのタグなどもメタタグに記述をしていきます。

これらのメタタグを自分のホームページにおいて必要なものを導入することで、そのホームページのSEO効果は飛躍的に高まるものになっております。

メタタグは実際にソースコードを見ないと確認ができない要素になっているので、しっかりとホームページ制作後に確認をしていくことで、もし漏れがある場合などは導入していくようにしましょう。

TOP

ホームページ制作実績