大阪のホームページ制作会社

株式会社セブンデザイン

ホームページ制作でよく使う用語

ホームページ制作でよく使う用語はさまざまあります。

そして弊社では、大阪のホームページ制作会社なのですが、お打ち合わせの際に、これらの用語を利用せずにお客さまに提案をしようと考えてはいるのですが、稀に少し用語が出てしまったりしており、お客さまには本当に分かりづらく申し訳ない打ち合わせになってしまうこともあります。

もちろん、ホームページ制作会社は基本的にはこれらの業界用語を使わずに、お客さまと話すことが大切になりますが、しかし実際にワイヤーフレームの説明などについては、非常にイメージがしづらいものになっております。

そこで今回は、ホームページ制作で一般的に利用される用語をご紹介いたします。

コーディング

まず、弊社がよく使う用語の中にコーディングと言うものがあります。

このコーディングとは、コードを作成することを言い、一般的にホームページはソースコードと呼ばれる意味の分からない原稿を記述することで作成されております。

このコーディングは、お客さまに最初に見ていただくデザインをホームページ化する作業になっておりますが、コーディングの際には、さまざまなブラウザで見ても1pxもずれがないこと、そしてさらにはSEOのためにグーグルが認識しやすいタグを記述することの2点が大切になっております。

特にSEOについては非常に大切になっており、しっかりとグーグルが認識できるタグを書くことで、そのホームページの運営によるSEO効果を飛躍的に高めることが可能になります。

ワイヤーフレーム

ワイヤーフレームとは、ホームページの線画になっており、それぞれのページでどのような情報をどこに配置するかを見れるものになっております。

このワイヤーフレームを確認することで、それぞれのページの大体のイメージが付くのですが、しかしこのワイヤーフレームはデザインが一切ないものになり、基本的には線画のものになるので、このページにはどんな情報があるのかを確認するために利用しましょう。

もちろん、デザインで見たほうが良いのですが、デザイン段階での修正は非常に時間のかかるものになりますので、まずはワイヤーフレームで確認をして、それぞれのページで要素と配置を確認してから、デザイン作成を行うとより効率的にホームページ制作が行えます。

グローバルナビゲーション

一般的にグローバルナビゲーションとはページの上部にあるリンク群のことを言います。

このグローバルナビゲーションでは主要なページを配置することで、ユーザが見たい情報をすぐにリンクをクリックして該当ページへと移動できるようになるので、非常に重要なナビゲーションになります。

このグローバルナビゲーションはクリックされる確率も高いものになるので、しっかりとグローバルナビゲーションには何を含めていくかを検討して配置することが大切になります。

サイトマップ

サイトマップはあまり使うことがないのですが、以下で紹介するXMLサイトマップとの違いでご紹介をいたします。

基本的にサイトマップとは人間が見たときにそのホームページにあるすべてのページのリンクが掲載されており、大規模サイトの場合はある程度整理がされて、そのホームページに掲載されているコンテンツが一目で分かるようになっています。

そしてこのサイトマップはグーグルがすべてのページを見つけるのに少し役立つものになっており、リンクをクリックすればリンク先のページに行けるので、ユーザのホームページ内の操作性の他にもSEOのためにも効果を出すことが可能です。

XMLサイトマップ

XMLサイトマップとは検索エンジン用のファイルになり、このXMLサイトマップは、グーグルがページの発見に2番目に重要視しているファイルであると言っています。

そのため、SEOを行われている会社さまにおいては、このXMLサイトマップをしっかりと作成していく必要があり、これらをしっかりと作成して、グーグルとビングに送信することで、ホームページのSEO効果を最大化することが可能です。

レスポンシブウェブデザイン

レスポンシブウェブデザインとはホームページの制作手法になっており、レスポンシブウェブデザインでホームページを制作することで、1つのホームページになるのですが、PCサイトとスマホサイトでまったく異なるレイアウトのホームページが制作することが可能です。

ただしまったく異なると言っても基本は1つのソースコードになるので、横並びが縦になっていたり、スマホの時は一部非表示だったりするだけになり、あまりPCとスマホで表示を変えたい場合は、PCサイトとスマホサイトを別で制作することが良いでしょう。

ワードプレス

ワードプレスとは世界で最も利用されているホームページの更新システムになります。

このワードプレスは、現在90%程度のホームページがワードプレスで制作をされており、さらにはSEOにも最適化しやすいものであるため、非常に人気のあるホームページの更新システムです。

ただし、かなり細かいレベルで行くと、ホームページ制作者の技術力によっては変更が難しいことがあったりするので、SEOやビジュアル面で100%満足のいくホームページが制作できない恐れがあります。

SEO

SEOとはSearch Engine Optimizationの頭文字を取った略で、日本語で言うと検索エンジン最適化になります。

SEO対策は現在ホームページのメインの集客方法になっておりますが、しかしその施策があまりにも膨大で難しい作業になっているので、結構多くのユーザがSEOを諦めた集客を行っているように思われます。

しかし、SEOは正しい方法で調査して目標数値を決めて、その数値に向けて対策を行い続けることで、必ず成果を出せるようになるので、正しい方法論でSEOを行うことがお薦めです。

ホームページ制作の用語は難しい

ホームページ制作の用語は難しいものが多くあります。

もちろん上記以外にも多くあるのですが、パッと思いつくだけの用語が以上になっております。

これらの用語を他業種の方との打ち合わせで使うことは問題があるのですが、その際に意図せず使っている場合は気が付かない場合もあるので、分からない用語があれば必ず質問をして欲しいと考えております。

そうすることでお打ち合わせの内容がより深く理解することができるので、非常に効果的なホームページ制作・運営が可能になると思われます。

TOP

ホームページ制作実績