大阪のホームページ制作会社セブンデザインのスタッフブログ

ホームページ制作のターゲットとデザインのターゲット

ホームページ制作のターゲットとデザインのターゲット

ホームページ制作のターゲットとデザイン作成のターゲットは異なっております。

基本的にはホームページ制作時にしっかりとターゲットを定めることが一般的になるのですが、しかし実はこれだけでは十分ではなく別にデザイン作成のターゲットを定めることが重要になるのです。

なぜデザインターゲットの選定が必要になるかというと、ホームページのターゲット選定だけでは、最適なデザインを作成できないのです。

そこで今回はホームページ制作のターゲットとデザイン作成のターゲットについてご紹介をいたします。

ホームページ制作のターゲット

ホームページ制作のターゲット

まず初めにホームページ制作のターゲットについて明確にすることは、ホームページ制作においては必須になっております。

このホームページ制作のターゲットにおいては基本的には、検索エンジンを考えてターゲットを選定することになっており、このゲーっと選定を行うことで本当に成果の出るホームページ制作となるのです。

そしてこのターゲット選定は非常に大切になっており、どのようなキーワードで該当のページへと集客するかが分からなければそのページにどのような情報を掲載していいかが分からないのです。

そのため、このターゲットを定めることは非常に大切で、例えば弊社のホームページのトップページであれば、【ホームページ制作 大阪】で検索したユーザを集めること考えてコンテンツを決定しています。

これらによってホームページのコンテンツは最適化されるようになり、本当に成果の出るホームページ制作となるのです。

デザインのターゲット

デザインのターゲット

そして次に実はホームページ制作のターゲットだけではなく、デザインのターゲットを選定することが大切です。

このデザインターゲットにおいては、【ホームページ制作 大阪】で検索するユーザなどのように定めるのではなく、ざっくりとしたユーザ像を定めることが重要になります。

どのように定めていくかというと、基本としては「社会人 営業 女性 30代」というようにイメージして、それらの情報がターゲットになってきます。

なぜ、【ホームページ制作 大阪】で検索を行う人というターゲットでは問題になるかというと、基本的にこれらで検索を行う人をターゲットとした場合、その情報ではどのようなデザインを作成することが大切かが分からないのです。

そのためデザイン用に別にそのホームページを利用するユーザをイメージすることで、それらのターゲットが普段どのようなホームページを見ているかが分かるので、最適なデザイン作成が行えるようになるのです。

ホームページのターゲットはページごとに

ターゲットはページごとに

ホームページ制作のターゲットは、基本的にはすべてのページで作成しなくてはなりません。

その理由は現在のグーグルは基本的に重複を嫌うこと、そしてさらにはそれぞれのページのコンテンツを作成する際には、どのような内容を掲載するかを判断するためのものになっております。

そのためしっかりとそれぞれのページでSEOの中心となるターゲットを定めることで、本当に成果の出るSEO対策そしてコンテンツ作成になるのです。

このターゲット作成は基本的なものになっており、弊社であればディレクトリーリストを作成する際に、それぞれのページのSEOキーワードを定めているので、そこからそれぞれのページの集客キーワードを検討していくことが大切です。

デザインターゲットは定めすぎない

デザインターゲットは定めすぎない

そして次にデザインターゲットについてですが、このデザインターゲットについてはあまりに考えずてしまい、ターゲットを絞り過ぎることはあまり良い結果を生みません。

どういうことかというと、あまりにターゲットを絞り過ぎるとデザインの拡張性がなくなってしまい、さらにはデザイナーの力量次第にはなりますが、御社の理想のデザインを作成することが難しくなっております。

そのためデザインターゲットを定める際には、もちろん定めること自体はしっかりと行ったほうが良いですが、ある程度幅のあるターゲット選定とすることで本当に成果の出るホームページとなるのです。

合わせてターゲットが似ている参考デザインを

ターゲットが似ている参考デザイン

そして最後にこれらのデザインターゲットを定める際に行っていただきたいのが、参考になるデザインとなってきます。

このデザインターゲットを定め、そして参考デザインを確認することで本当に効果的なホームページのデザインを作成することが可能です。

この参考デザインを提出いただくことは本当に重要になっており、例えば理想的なデザインを見たときに、まったくターゲットが異なるや、御社のホームページとしてふさわしくなかった場合に、代わりの案を提示することが可能になるので、非常に重要な要素であると思っております。

そのため、これらの対策をしっかりと行うことこそが本当に成果の出るホームページデザインになってくるので、ターゲット選定や参考デザインをホームページ制作会社に確認してもらい、本当に成果の出るホームページデザインとすることが重要となるのです。

類似記事

TOP

ホームページ制作実績