大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

アイキャッチ画像のSEO効果

アイキャッチ画像とSEO

アイキャッチ画像にSEO効果があるかどうかは分かりませんが、しかしグーグルが「多くのブログではアイキャッチ画像がある」と発言をしているため、しっかりと設置することで、もしかしたらSEO効果を得ることが可能になります。

そのため弊社では、基本的にはすべての会社さまのWeb制作でスタッフブログを作成しており、スタッフブログのすべての記事にアイキャッチ画像を用意することは非常に難しいものになっておりますので、原則弊社では以下のようなルールでアイキャッチ画像をご用意いただいております。

アイキャッチ画像の手配は難しい

アイキャッチ画像はなんでも良い

弊社ではWeb制作を行った際にスタッフブログを作成することが一般的なのですが、このスタッフブログにはアイキャッチ画像は必須であるとご紹介をしております。

その理由は、グーグル自体もブログにはアイキャッチが付いているものであると発言したことがあり、どこまでのSEO効果があるかは判断ができませんが、しかし必ずスタッフブログにはアイキャッチ画像を設置して頂いております。

そして、スタッフブログの運営において、もっともハードルが高いのが実は原稿作成ではなく、画像の手配になっており、1記事あたり1枚の画像ではあるのですが、しかしこの画像を用意して、そしてサイズを適切なサイズに変更することは本当にスタッフブログの運営に大きなハードルになっているのです。

流用しても問題ない

アイキャッチ画像の使い回し

弊社がWeb制作を実施したお客さまから、よく「アイキャッチ画像を流用しても良いか?」とご質問をいただきます。

このアイキャッチ画像の流用は、2020年までは「辞めてください」とお願いしていたのですが、しかしアイキャッチ画像を用意することも画像サイズを調整することも本当に大変だと言われることが多くあったので、現在では流用しても良いと提案をしております。

例えば弊社の実績のANA・JAL株主優待即納サービスでは、スタッフブログを見ていただければ分かるように、すべてのスタッフブログで同じアイキャッチ画像を利用しております。

現段階のSEOで言えば、このアイキャッチ画像の流用はまったく問題がないものになっており、もちろんその他の会社さまでもアイキャッチ画像を流用しているけれども、SEOで効果を出している会社さまが非常に多くいらっしゃいます。

そのため、一時的な処置としてですが、弊社ではアイキャッチ画像の流用は問題がないと考えており、ただしあくまで一時的なもので、ある程度、運営に慣れてきた段階では、しっかりとオリジナルの写真で記事ごとに別のアイキャッチ画像をお願いしております。

フリー素材でも良い

画像選定は時間がかかる

そして多くの方が悩まれるのが、アイキャッチ画像はフリー素材でも問題がないのかという点になります。

現在のSEOはできればオリジナル画像を利用した方が良いと言われているのですが、しかし先日グーグルが、「現在のグーグルの仕様として、画像検索には影響はするけれども、本文にオリジナル画像を利用したからと言ってSEO効果はない」と発言しております。

そのため、もちろん今後はどうなるか分からないので、オリジナル画像を用意できる会社さまであれば、すべてのページをオリジナルのアイキャッチ画像を用意したほうが良いのですが、しかしオリジナル画像を用意できない場合は、取り急ぎフリー素材から御社のスタッフブログに掲載しても品質を落とさない写真を探してアイキャッチ画像として利用することを推奨いたします。

ただし、再三になりますが、基本的には今後オリジナル画像を評価する恐れがあるので、Web制作が終わった当初はフリー素材を利用して、どこかのタイミングでオリジナルの画像に差し替えていくようにしましょう。

ファイル名は変えよう

ファイル名の変更

基本的には、アイキャッチ画像は流用しても、フリー素材を利用しても、全く問題がないのですが、ただしそれぞれのページで画像のファイル名は変更するようにしましょう。

SEOにおいては、現状では画像の中身までは分析をしていないと発言しておりますが、しかしファイル名が同じであれば、必ずグーグルに画像が流用しているのがばれてしまいます。

もちろんばれたから必ずSEO評価が下がると言うことはないのですが、しかし一応念のためのSEOとして弊社ではすべてのページのアイキャッチ画像のファイル名だけは変更をしていただいております。

そして実際にファイル名をどう定めるかについては、そのページのURLをそのままファイル名にしていただいていることが多く、当ページであればURLがhttps://www.sevendesign.biz/blog/icatch-image.htmlになるので、アイキャッチ画像のファイル名はicatch-image.jpgになります。

このURLとファイル名は、Web制作時に行うスタッフブログの更新タイトルをピックアップする際に、URLを定める作業も一緒に行っていただくことで、正しいURLとアイキャッチ画像のファイル名とすることが可能になるのです。

ALTの導入をしよう

ALTタグを適切に配置

アイキャッチ画像を利用する際の注意点としては、基本的にはアイキャッチ画像にはALTタグを導入するようにしましょう。

ALTタグとは、その画像の説明文を入れることができるタグになっており、このALTタグをしっかりと導入することでグーグルにその画像がどのような画像かを伝えることが可能になります。

そしてこのALTタグに導入する文言は基本的には、その画像の説明文を入れることが大切になっており、例えばアイキャッチ画像でよくあるように、そのページタイトルをそのままコピーすることは絶対に行ってはなりません。

また、このALTタグはホームページの公開前であればWeb制作会社が適切に導入してくれているため、スタッフブログ以外のページでは、しっかりと適切な画像の説明文が導入されております。

アイキャッチ画像は適切に設置

正しくアイキャッチ画像を利用

上記が弊社がスタッフブログを更新する際に、お客さまに話している内容になります。

Web制作を行えば、必ずSEO効果の向上が課題になっていると思いますので、上記の対策を行えば必ずSEOで成功するとは言い切れませんが、しかし上記の対策を行っているホームページではしっかりとSEO効果を出すことができております。

そのため、Web制作時にスタッフブログを作成された会社さまであれば、当ページを閲覧を機会にぜひ一度上記ルールでアイキャッチ画像を利用してみてはいかがでしょうか。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

これまでの実績