HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

画像にオルトタグを入れるメリット

画像にオルトタグを入れるメリット

ホームページ制作やサイト運営では、画像を利用されないケースはない、と言っても過言ではありません。

ホームページで画像を利用すれば、ユーザーの読みやすさと理解しやすさが向上するため、成果を意識している場合は、必ず各ページでユーザーに役立つ画像を配置する必要があります。

ただ、単に画像を張り付けるだけではなく、オルトタグという説明文を入れれば、より高い効果を得れるようになります。

オルトタグとは

オルトタグとは

オルトタグとは、画像の説明文を導入できるタグになっています。

ホームページに関わる業界でなければ、あまり見ないと思いますが、ソースコードにalt="説明文"と記載すれば、画像=説明文となってきます。

画像にオルトタグを適切に導入するのは、ホームページ制作時では、Webサイト制作会社が当たり前に行ってくれますが、サイト運営時には自分で行う必要があります。

例えば、スタッフブログなどを運営して、毎日しっかりと記事を書いていると、それなりの枚数の画像を利用すると思います。

その時に、オルトタグ内に、それぞれの説明文を入れると、主に2点のメリットを得れるようになります。

一点目が、ユーザー環境に依存しなくなります。

一例ですが、スマートフォンを利用して、通信環境が極端に悪い場所で、御社サイトにアクセスすると、画像はファイル容量が大きく、表示に時間がかかります。

そして、回線速度が遅すぎると、画像が表示されないケースもあるのですが、その際にオルトタグに説明文を入れていると、説明文がウェブページに表示されます。

もう一点が検索エンジンの認識です。

昨今、画像解析がかなり進んできたとは言え、まだまだ完璧に解析ができず、グーグルやヤフージャパン、マイクロソフトビングはオルトタグを確認しています。

そこに記載された文言が、説明文だと理解をして、画像検索の結果に反映させています。

このように、オルトタグ導入は、多くのメリットがあり、必ず導入したほうが良いでしょう。

また、もちろんですが、ホームページ制作後にスタッフブログを運営している場合は、アイキャッチ画像にもしっかりとオルトタグを入れなくてはなりません。

では、もう少し具体的に、オルトタグを導入するメリットをご紹介します。

ユーザー環境に依存しない

ユーザー環境に依存しない

オルトタグを適切に導入することで、ユーザー環境に依存しないホームページとなります。

視覚障害者対策

視覚障害者の方が、ホームページに書かれている内容を閲覧する際に、原稿を読むことが難しい場合は、スクリーンリーダーと呼ばれるソフトウェアを利用します。

このソフトウェアを利用することで、書かれている内容を音声で認識ができたり、あるいは点字になって表示してくれ、視覚障害者であってもホームページを正しく閲覧可能です。

ただ、その際に、もし画像があると、通常は、読み飛ばされてしまう、あるいは画像があるという説明で終わってしまうのです。

そこで役立つのがオルトタグです。

スクリーンリーダーを利用した場合においても、オルトタグに適切に説明文を入れておくことで、その文章を読み上げたり点字に変換してくれます。

このように、誰でも正確に御社の公開している情報を閲覧できることは非常に大切です。

ホームページ制作には、アクセシビリティといった考え方があります。

このアクセスビリティは、利用のしやすさ、便利さ、近づきやすさなどを高める対策の相称になっています。

アクセスビリティを高めることは、良いホームページ、すなわち成果が出るホームページ制作においては、必須になっているので、適切にオルトタグを導入しましょう。

そうすれば、視覚障害者の方だけではなく、視覚にハンデを追っているすべての方が、適切に御社ホームページを閲覧できるようになります。

通信環境が悪い

昨今は、街を歩けば必ずワイファイがあり、さらには企業によっては会社内もワイファイ環境が充実しています。

ワイファイを利用すれば、通信料金がかからず、動画の閲覧などにも最適ではありますが、場所によっては非常に通信環境が悪いケースもあります。

そういった通信環境が悪い場所で、ホームページを見たときに、原稿はテキストファイルなので、高速で表示されますが、画像ファイルは多少重たくなっています。

そして通信環境次第では、画像が表示されず、スペース枠だけを取って、なにも表示されません。

そういった場合に、オルトタグを導入していると、オルトタグに記述された文言が表示されます。

通信環境が悪いのはユーザーの責任ですし、さらには、ユーザーの大半もそれを理解しています。

そのため、オルトタグが表示されると、「ここにはこういう画像が入っていたのか」と理解ができ、よりユーザーにとって分かりやすいホームページとなるのです。

昨今のホームページ制作では、基本的には容量を小さくしたり、WebPを利用したりと、Webサイト制作会社が対応をしてくれます。

ただ、クライアント自身でサイト運営の中で画像を利用する際には、圧縮して保存する方法や、WebPに変換するのは手間のかかる作業なので、あまりやらないと思います。

そのため、JPGなどであっても問題はありませんが、適切にオルトタグに画像の説明文を入れることで、よりユーザーに親切なホームページとなるのです。

日本国内や、当社のお客さまのように大阪では、どこもワイファイ環境は整っているとは思いますが、万が一表示されなかった対策をしっかりと行いましょう。

検索エンジンが正しく認識

検索エンジンが正しく認識

オルトタグを導入すれば、検索エンジンが画像を正しく認識してくれます。

検索エンジンの画像解析能力は、どんどん上がっていると言われています。

しかし、まだまだ完璧なものではなく、検索エンジン自体が、正確に知る方法としてオルトタグの利用は行っていると言っています。

そのため、適切にオルトタグを導入することで、検索エンジンにより正確にページの情報を認識してもらうことが可能です。

ホームページ制作時に導入するオルトタグは、Webサイト制作会社が適切に導入をしてくれます。

そして、クライアントさまが意識するのは、サイト運営時の導入になっています。

具体的に、どのように導入すれば良いかですが、まずはスパム行為はぜったにいけません。

画像の説明ではないのに重要なキーワードだからという理由で導入をしてしまうと、必ず検索エンジンに見破られ、スパム行為としてペナルティーが付与されます。

さらにはあまりに長文も行けません。

基本的には、何文字ならば良いではなく、なるべく短文を意識して原稿を入れましょう。

そうすれば、適切に検索エンジンは画像を理解してくれ、画像検索の結果に表示されます。

またさらには、ホームページにあるすべてのページを高く評価してくれ、SEO効果向上も見込めます。

また、画像リンクの場合は、オルトタグがアンカーテキストの代わりになるので、リンク先のページの説明を適切に行うようにしましょう。

ユーザーに親切なホームページへ

ユーザーに親切なホームページへ

オルトタグを導入するのは、多くの企業さまがSEOのためと言われます。

確かにオルトタグを入れると、画像検索に引っかかりやすくなったり、当社ホームページ制作実績を見ると、画像だけのページでもオルトタグが適切に入っていると上位表示ができています。

ただ、本当に気にすべきはSEO効果ではなく、ユーザーへの親切さです。

オルトタグのSEO効果としては、主に画像検索であると思っております。

また、当社ホームページ制作実績のクライアントさまが行われているのは、上記でもご紹介している通り、事例紹介ページで画像を多く利用してオルトを適切に導入しています。

1ページの文字数は、800文字前後になっていて、それでもトップページを含め、さまざまなページで上位表示を実現しています。

ただそれは、ユーザーのために配置した画像とオルトタグになっています。

SEOのためだけに、オルトを入れても、高い効果を出した事例は見た経験がありません。

そのため、SEOにおいても、ユーザー環境に依存しないためにも、しっかりとユーザーへの親切心のために導入しましょう。

そうすれば、御社サイトは、期待以上の成果が出るように成長いたします。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP