大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

画像とSEOの関係性

画像とSEO

画像とSEOは関係があるのでしょうか。

画像とSEOについては、2021年6月3日のグーグルコアアルゴリズムアップデート以降、SEOで有名な方たちのうちの数名が、画像はSEOにおいて非常に重要であると発言されていることが多いように思います。

弊社でもこれは感じることが実際に多くありますが、Web制作会社という特性上、画像を利用した方が効果があるという数値データが出るまでははっきりと判断することができないので、現在調査中になっております。

画像とSEOは別物

画像とSEOは関係ないはず

まず、基本的には画像とSEOはまったく関係がないものになっております。

その理由は、グーグルのクローラーでお話をすると、一般的なWebページのクロールは「googlebot」が行うのですが、画像は「googlebot-image」が行っているので、基本的にはクロールの時点でまったく異なるプログラムが動作しております。

そのため、基本的にはSEOとは一切関係が無いように思われるのですが、しかしSEOについてグーグル検索などを行っているといくつかのブログで、画像にALTタグを導入して、ALTタグの中にしっかりとそのページ固有のキーワードを入れることで、グーグルの画像検索でその画像が検索結果ページに表示されるようになり、グーグルの画像検索結果ページから被リンクが獲得できるとのことです。

そして、この被リンクの効果によってホームページは一気に検索順位を高めることができるという情報を稀に見かけますが、しかし検索エンジンの検索結果ページからの被リンクは、被リンク効果がほとんどないと弊社では考えております。

そのため、基本的には画像とSEOはまったく効果が無いと言えるのですが、実際に弊社のWeb制作実績の中の数社さまではSEOで効果を出している会社さまもいらっしゃり、非常に判断が付きづらくなっております。

画像を利用するとSEO効果が出ている

画像を利用してSEO効果を出している事例がある

スタッフブログなどの更新可能コンテンツで、画像をしっかりと利用することにより、SEOで成果を出しているホームページについてご紹介をいたします。

弊社のWeb制作実績にあるチケットキング荻窪さまでは、弊社にホームページを2サイトご発注いただいたのですが、1サイト目のANA・JAL株主優待即納サービスでは、画像をふんだんに利用したスタッフブログを運営されており、非常に高いSEO効果を発揮され、現在30の狙ったキーワードでほとんどが1位表示されております。

そして2サイト目の航空株優買取りターミナルにおいては、2021年6月3日までは同じくらい成果を出していたのですが、しかし6月3日のグーグルコアアルゴリズムアップデートに少しだけ被弾をしてしまっており、全体的に5位ほど検索順位を落としてしまっているのです。

そしてこのANA・JAL株主優待即納サービスと航空株優買取りターミナルの最大の違いは、スタッフブログに写真が張れるかどうかになっており、写真がしっかりと掲載できるANA・JAL株主優待即納サービスでは検索順位を現在も上げ続けており、スタッフブログに写真が張れない航空株優買取りターミナルでは、なかなかリカバリーに成功することができておりません。

この現象は、他のお客さまのホームページでもよく似た結果になっており、弊社では現在のSEOは写真枚数が重要ではないかと考えざるを得なくなっております。

オリジナル画像がベストだが無料でも良い

オリジナル画像か無料画像か

この写真について調べると、基本的にはオリジナル画像でなければ意味がないと書かれているブログも多くあるのですが、もちろんオリジナル画像であるほうが良いとは思いますが、しかしオリジナル画像が用意できない場合は無料画像でも問題ありません。

それは先日、海外のSEO関係のブログを見ていたときに、グーグルのジョン・ミューラー氏の発言を紹介するグーグルは画像の独自性で高品質かどうかを判断していないという記事を見つけたのですが、こちらのブログによると、もちろんオリジナル画像を利用することは重要だけれども、もし画像の用意が難しい場合は無料画像を利用しても品質に問題は無いということです。

そして実際に弊社のWeb制作実績としても、ANA・JAL株主優待即納サービスでは、基本的にはスタッフブログにしっかりと画像を掲載いただいておりますが、2021年9月14日段階では、すべて無料画像になっているため、ほぼSEOには関係が無いのではないかと思っております。

ただ、自社で写真が用意できる場合は、オリジナル写真の方が良いものになっていて、フリー素材の最大の欠点は、グーグルの画像検索では、最近精度がどんどん高まっており、類似した写真が表示されないという問題があるので、できればオリジナル画像での制作を推奨いたしております。

また、この利用する画像については、アイキャッチ画像限定になりますが、当ブログのアイキャッチ画像はなんでも良いのかというページにも詳しく記載しておりますので、もしご興味がございましたら、アイキャッチ画像はなんでも良いのかのページもご覧ください。

最低でも1枚以上は利用

1枚以上は利用

このように、グーグルのクローラーは、ウェブページは「googlebot」、画像は「googlebot-image」になるので、基本的にはSEOと関連性は無いとは思いますが、しかし実際に画像をたくさん利用しているホームページの方が検索順位が高くなっているという例がいくつもあります。

そのため、弊社では、根拠はあまりないですが、それぞれのページに対して、画像を最低でもアイキャッチ画像を1枚は必ず掲載することを推奨しており、理想を言えば3,4枚以上は利用するのが良いですが、そこまでの枚数が用意できない場合は1枚でも十分効果的だと思われます。

そして弊社の感覚では、見出しタグの下に画像を利用しているホームページがSEOで成果を出しているように思われ、それらのホームページは基本的に1ぺーじあたり4枚程度の画像を掲載しております。

画像は必ず利用しよう

画像は必ず利用しよう

画像がどこまでSEOに重要になっているのかは、正直なところ分かりません。

ただ、弊社の感覚としては、あるキーワードで検索を行ったときに、1ページ目に表示されているホームページを見ると、画像が複数枚利用されているホームページが9サイト、画像がまったく利用されていないホームページが1サイトくらいの検索結果の割合になっていると思われます。

そのため、基本的にはSEOで成果を出すためには、画像を利用していたほうが安全策としては良いものになっており、しっかりと画像を利用することで、SEOは安定すると思われます。

そしてこの画像については、画像を用意することも張り付けることも面倒にはなりますが、用意と張り付けで大体10分程度の作業になると思われますので、面倒くさくてもしっかりと画像を利用することをオススメしております。

また、現在画像を利用せずにブログを運営されている方は、ぜひ当記事をご覧いただいた機会に、自社のスタッフブログなどに画像をしっかりと掲載していくようにしましょう。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績