大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

内部と外部のSEOの考え方

内部SEOと外部SEOについて

SEOには、内部SEOと外部SEOの二つのSEOが存在しており、初めてWeb制作を行いSEOを行われる方は、この内部と外部、どちらのSEOを行えば良いのかでお悩みではないでしょうか。

この内部と外部のSEOにおいては、具体的にどちらを行えば良いかと言うのは非常に難しいものになっており、例えば現在のグーグルの検索結果では、内部に特化したホームページも1ページ目にランクインしておりますし、逆に外部に特化したホームページも1ページ目にランクインしております。

しかし、これまでさまざまなキーワードの検索結果ページを見てきた限りで言うと、弊社では、どちらか一方のSEOに依存するよりも、内部と外部のSEOをバランスよく行うことが大切になっていると考えております。

内部SEOと外部SEOの両方のバランス

内部SEOと外部SEOのバランス

Web制作において、内部SEOと外部SEOは、バランス良く実施することが大切です。

確かに検索順位だけで言えば、ある程度難易度の高いミドルワードの検索結果ページを見ていると、内部SEOに特化したホームページや外部SEOに特化したホームページなど、どちらか一方だけのSEO施策を行っているホームページも上位表示されていることがあるのですが、しかしこのどちらか一方だけに特化したホームページは検索順位が安定していないという特徴があるのです。

例えば、現状のグーグルのアルゴリズムでは上がっているかもしれませんが、グーグルコアアルゴリズムアップデートによって検索順位が落ちていることが多くあり、この内部と外部のSEOのバランスを保っているホームページの方が中長期的に上位表示を行い続けております。

そのため、内部SEOと外部SEOのどちらを行うかで悩んだときには、御社のホームページで「内部SEOが弱いのか」あるいは「外部SEOが弱いのか」を明確にしたうえで対策を行うことが重要になり、御社が弱いSEOを強化することによって、ホームページは飛躍的にそのSEO効果を高めることが可能になるのです。

内部SEOとは

内部SEOについて

内部SEOとはホームページの内部をグーグルが評価するホームページへと成長させる対策のことを言います。

  • ソースコードがウェブ標準かどうか
  • グーグルが分かりやすいサイト構成
  • 上位表示したいキーワードに関するページ数の多さ
  • 目視したときのそれぞれのページの質
  • グーグルサーチコンソールのインデックス未登録数の少なさ
  • 内部リンクの充実

基本的には上記の6点が内部SEOの指標になっており、Web制作会社はこの6点を達成したホームページを制作することで、ホームページのSEO効果を出そうと考えております。

そして弊社においては、基本的にはこの内部SEOに特化したホームページを制作しており、「ソースコードをウェブ標準で制作」と「グーグルが分かりやすいサイト構成の提案」については、Web制作時に弊社が実施する対策になっており、「上位表示したいキーワードに関するページ数」と「目視したときのそれぞれのページの質」、「グーグルサーチコンソールのインデックス未登録数」、「内部リンクの充実」については、Web運営の中でマニュアルをお渡しさせていただき、お客さま自身で実施して頂いております。

そして実際に弊社のWeb制作の事例で言うと、ライフディフェンスさまなどにおいては、内部SEOだけでも非常に高いSEO効果を得ることに成功をしており、この内部SEOで成果を出したのは、単純にお客さまのWeb運営努力によるものになっていると思います。

ただし、この内部SEOを実施することはSEO施策の一部でしかなく、内部SEOを徹底して行っていてもなかなか期待通りに検索順位が上がらない場合は、外部SEOも並行して実施することが重要になるのです。

また、内部SEOについて、より詳しくご覧になりたい方は、内部SEOとはのページをご覧ください。

外部SEOとは

外部SEOについて

外部SEOとは、簡単に言うと、他のホームページからの被リンクになっております。

  • 被リンク元のページの質の高さ
  • 被リンク元のホームページのSEO価値
  • 被リンク元のホームページやページのテーマ

上記が外部SEOを行う際のポイントになっておりますが、実際にこの3点を達成したとしても、グーグル次第では被リンクの無効化処理を行ってくるため、Web制作後のSEOでかなり外部SEOは難易度が高いと理解していくことが大切です。

ただし、難しいからと言ってやらなくても良いというものではなく、ある程度難易度の高いミドルワード、あるはビッグワードでのSEOにおいては、ライバルも外部SEOを実施しているため、基本的には検索順位を上げるためには、御社も外部SEOを実施しなくてはならないのです。

そのため、この外部SEOは非常に難しいものになっておりますが、しっかりと対策を行う必要があり、この外部SEOの効果を最大化するためには、外部SEOの基礎知識を学んでから対策を行っていくことで効率の良い外部SEOを行うことが可能になります。

この外部SEOにおいては、確かに検索順位を向上させるための手法としてはかなり効果的ですが、しかし外部SEOに依存したホームページはある日突然検索順位を落としてしまう場合があるので、できる限り外部SEOを最小限にしたSEOを実施されることをオススメいたします。

ホームページ公開後の手順

ホームページ公開後のSEOの手順

では、Web制作後に、この内部と外部のSEOは、どのような手順で行えば良いのかを弊社の事例でご紹介をしております。

これは実際に弊社が行っているSEO提案になるのですが、まずホームページを公開したら自分でできる無料の被リンクサイトに掲載している企業情報登録サイトへの登録を行っていただいております。

そして、この登録作業で最低限の被リンクを獲得し、その後、とにかくホームページの更新作業を行っていただき、まずは上位表示を狙っているキーワードで検索したときに、1ページ目に入ってくるホームページよりも上位表示を狙ったキーワードに関連するページ数を多くしていただくようにしております。

そしてこのページ数が増えることにより、上位表示を狙うキーワード次第にはなりますが、弊社のWeb制作実績の多くのホームページで検索順位を上げており、もしページ数がライバルよりも多くなっても検索順位が上がらない場合は、そこでさらに外部SEOを実施していただくことで、本当に成果を出すことが可能になっております。

基本的には外部SEOの労力は非常に多くなっておりますので、外部対策は最小限の方が良いため、上記のような対策としており、弊社では外部SEOについては、自然に集まる被リンクを中心に考えていただくようにしております。

テクニックではなくユーザーのために

ユーザーのためのSEO

上記が内部と外部のSEOのご説明になっております。

この内部と外部のSEOにおいては、それぞれの施策をテクニックとして捉えるのではなく、弊社ではホームページの内部や外部を御社の見込み顧客が閲覧したときに、本当に役立つものにすることが基本的な施策であると考えております。

訪問者が見たときに、まったく価値がないページを作成したり、まったく価値のない被リンクを設置していても検索順位が向上することはないので、内部であれ外部であれSEOを行われる方は、ユーザー目線でSEO施策を実施することで、御社のSEOは成功いたします。

Web制作の集客においてはSEOは非常に重要な施策になっておりますので、Web制作後にこの内部と外部のSEOを理解して対策を行うことで、御社のホームページは期待以上の訪問者数を獲得できるようになるのです。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

ホームページ制作 大阪|株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績