大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

インデックスを意識することがSEOに重要

インデックスとSEO

2021年10月14日現在のSEOではインデックスを意識することが本当に大切です。

実際に弊社のWeb制作でもインデックスを意識することを含めた提案を行っており、このインデックスを意識することで、ホームぺージの集客力が飛躍的に高まるのです。

これからWeb制作を行われる方は、どのようなWeb制作を行えばインデックスが最適化されるのか、現在Web制作を行ってSEO効果が期待通りに出ない場合は、どのような改善を行えば自社のインデックス状況が最大化されるのかを検討することで、御社のホームページのSEO効果は最大化され、期待以上の見込み顧客を集客することが可能になります。

インデックスとは

インデックスって何?

インデックスとは、グーグルのデーターベースにホームページの情報を登録することを言います。

検索エンジンの検索結果ページにおいては、このインデックスされた情報を検索結果ページに表示させているため、基本的にはインデックスされていないと検索結果ページに表示されることがないのです。

そのため、Web制作が完了してまず初めに行うことは、すべてのページをインデックスしてもらうことになっており、ホームページに不備がない場合は、時間が立てば自動的にインデックスされるようになるため、そこまで意識をする必要はないのですが、不備がないかどうかの確認のために、インデックス状況の調査を行うことが重要になります。

そしてこのインデックス登録を行うことで、御社のホームページがメインで集客したいキーワードで上位表示ができるようになるのですが、しかしインデックスされるだけで上位表示ができることはないので、インデックスされるようになり、それからSEO施策を継続して行うことで、御社のWeb制作は狙ったキーワードで上位表示ができるSEOになるのです。

そして2021年10月14日現在のグーグルは、作成したすべてのページをインデックスすることはないと公表しておりますので、ページ数が多ければ多いほど、インデックスされない可能性があるため、しっかりとインデックスのための対策を行うことが重要になっております。

インデックスされていないとSEO評価がない

インデックスされないとSEOに価値がない

現在のグーグルは、すべてのページがインデックスされることはないと公表しており、実際にすべてのホームページで「検出-インデックス未登録」と「クロール済み-インデックス未登録」のページが多く存在していると思います。

「検出-インデックス未登録」と「クロール済み-インデックス未登録」は、グーグルサーチコンソールで確認ができるデーターになっており、どちらもインデックスされていないページがリストアップされるため、ここにリストアップされたページはしっかりとインデックスされるように対策を行うことが重要になるのです。

そしてこのインデックス未登録については、小規模サイトであれば、それほど数がないのですが、ホームぺージのページ数が多くなればなるほど、インデックス未登録が増えていくようになっているので、しっかりと対策を行わなければ、せっかくWeb運営を行っていても、SEO評価がないページを量産しているだけになるのです。

このように基本的には、「検出-インデックス未登録」と「クロール済み-インデックス未登録」は、SEOにおいてマイナス評価はないと思いますが、しかしインデックス未登録にリストアップされたページはプラス評価もないため、しっかりと対策を行うべきページになっており、これらを対策することで御社のホームページは飛躍的にそのSEO効果を高めることが可能になるのです。

では実際に弊社がWeb制作を行ったお客さまに対して提案している一般的なインデックス未登録のページの改善法をご紹介いたします。

新規ページのインデックス

新規ページ作成のインデックス

現在のWeb制作においては、成果を出すためには基本的には新規ページ作成が重要になります。

そしてこの新規ページ作成を行っていてもグーグルのインデックスを検討していなければ、例えば10ページを作成しても9ページがインデックス未登録になってしまう可能性があるのです。

そしてこの新規ページの作成においては、基本的には記事ページの本文に最低1つは内部リンクを設置することや、最低限のページの装飾を行うことなどは必須であると思われます。

また、そこまで本気で取り組む必要はありませんが、被リンク対策があり、作成した記事ページに対して被リンクを獲得することも重要になっており、基本的にはインデックスがされない理由は、そのページの内容を見ていないか、そのページの価値が低いと判断されることが要因になっているため、被リンクを獲得することで、ページの重要性を高めることが可能なのです。

そのため、ページの質と被リンク対策をしっかりと行うこと、さらにはインデックス登録には時間の経過が必要だと理解することが重要になり、しっかりとこれらを行うことで本当にSEOに強いWeb制作となるのです。

そしてWeb制作を行った後お客さまから1日に公開してよいページ数を聞かれることがあるのですが、原則1日に1ページの公開がベストになっており、基本的には一気に公開するページ数が多ければ多いほど、ページのインデックス漏れが発生する可能性が高まります。

被リンク元のインデックス

被リンク元のインデックス

弊社では、Web制作を行ったお客さまに、ある程度ホームページのSEOが成功したら、さらにSEO効果を高める対策として無料ブログを使った被リンク対策を推奨しております。

この無料ブログの利用は通常のホームページよりもSEO効果が弱いように思われますので、無料ブログから被リンクを行ったとしても、その被リンクを行ったページがグーグルにインデックスされていなければ、当然被リンクも認識されないものになっております。

そのため、無料ブログを使った被リンク対策を行う際には、しっかりと被リンク元のページがグーグルにインデックスされる必要があり、このインデックスをされるようにする対策は、基本的には無料ブログに対して被リンク対策を行うことは本当に大変な作業になるので、内部リンクで対応するのが良いでしょう。

そのため、被リンク元の無料ブログは基本的には被リンク数は必要がなく、どちらかと言うと本当にユーザーに役立つ内部リンクを設置した記事を作成することが重要になり、これらをしっかりと行うことで御社が被リンク対策として作成した無料ブログがグーグルから高い評価を得ることが可能になるのです。

被リンク対策を目的として無料ブログを開設すると、どうしてもせっかく1記事を作成したのだから1つは本体のホームページへとリンクをしたいと思ってしまいがちですが、弊社では無料ブログの作成は被リンクの数ではなく、無料ブログのインデックス状況が重要になるとWeb制作段階で提案をしており、そしてインデックスを意識していただくことで、多くのお客さまが無料ブログを使った被リンク対策に成功されております。

しっかりと全ページインデックスされよう

すべてのページをインデックスさせよう

弊社では、現在のWeb制作後には必ずインデックスを意識しましょうと提案しております。

昔はただページを作成するだけで、ほぼすべてのページがインデックスされておりましたが、現在のグーグルはすべてのページをインデックスすることはないと公表している通り、ただページを作成するだけではインデックスしてくれることはありません。

そのため、基本的にはこのインデックス漏れが発生しないようにしっかりと対策を行うことが重要になっており、これらをしっかりと行うことで御社のSEO効果は必ず出ると言っても過言ではありません。

現在のSEOで言うと、ページの質が大切だと言われますが、実際に弊社のWeb制作実績のお客さまにおいては、50点のページ作成でもSEO効果を出しているので、50点のページでも良いのですが、しかしインデックス対策はしっかりと行わなくてはなりません。

そのため、現在のWeb制作におけるSEOでは、基本的には、現在御社が行える最大限の原稿作成の質、そしてグーグルのインデックスを意識することが大切であると提案しており、これらをしっかりと行うことで御社のSEOは必ず成果を発揮するようになるのです。

Web制作を行ったらSEOはホームページの集客対策として必須になっておりますので、しっかりとSEOを意識したページ作成を行うこと、そしてお客さまとWeb制作会社がインデックスを意識することによって、ホームページのSEOは必ず成果を出すことができるのです。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績