大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

内部SEOとは

内部SEOについて

SEOにおいて、年々、内部SEOの需要が高まっていると思います。

SEOには外部SEOと内部SEOがあり、外部SEOは年々その効果が弱まっており、逆に内部SEOの重要性が高まっているのです。

では、この内部SEOとは具体的にどのような対策があるのでしょうか。

外部SEOとは

まず、内部SEOの前に、外部SEOとは何かについてご紹介をいたします。

外部SEOとは、簡単に言うと被リンクになっており、グーグルは被リンク数が多いホームページを上位表示させる傾向があります。

その理由は、グーグルは被リンクを人気投票であると考えているためであり、多くの票を集めているホームページは当然人気のあるホームページであるため、上位に表示することが検索エンジンユーザーの満足度向上に繋がると考えているのです。

ただし、この被リンクは、待っていても集まるということは滅多になく、SEOの行い初めの頃は、自分で被リンク対策を行う必要があるのですが、その際にまったく被リンクの知識がない状態で被リンク対策を行うのではなく、必ず被リンクの基礎知識を学んでから行う必要があります。

被リンクの基礎知識がない状態で被リンク対策を行っても、良くてその被リンクがすべて無効化される、最悪のケースではスパムとされて検索結果ページにホームページが表示されなくなるため、必ず被リンクの基礎知識を学んでから被リンク対策を行うようにしましょう。

内部SEOにはコンテンツ作成は含まない

今回ご紹介する内部SEOにはコンテンツの質は含んでおりません。

もちろん、コンテンツの質自体も内部SEOと言えるのですが、この質については、良質なホームページとはのページに掲載しておりますので、ご興味がございましたら、「良質なホームページとは」のページからご確認をお願いいたします。

今回ご紹介はしておりませんが、内部SEOにおいて、このコンテンツの質は非常に大切になっているので、内部SEOに特化したWeb制作をご希望の方は必ずご一読をお願いいたします。

キーワード設定

内部SEOに強いWeb制作で、まず初めに行うことは、それぞれのページの上位表示キーワードを定めることになっております。

内部SEOの基本になるのですが、現在のグーグルは非常に重複コンテンツを嫌う傾向があり、上位表示キーワードが同じでページタイトルや本文を少し変えただけのページは基本的には重複コンテンツと見なされます。

そのため、内部SEOに強いWeb制作を行う前に、必ずそれぞれのページの上位表示キーワードを定め、もし同じキーワードで上位表示を狙うページがある場合は、統合を行うことが大切になっています。

このキーワード設定を徹底化することで、御社のホームページは重複のないホームページとなり、飛躍的にSEO効果を高めることが可能になるのです。

具体的な内部SEO

では具体的な内部SEOに強いホームページを制作するためのポイントをご紹介いたします。

正しいコーディングでホームページを制作

ホームページを制作する際には、正しいコーディングを行う必要があります。

正しいコーディングを行うことで、検索エンジンの巡回プログラムがホームぺージにあるすべてのページを認識できるようになったり、さらにはそれぞれのページで記述されている内容を正確に判断してくれるようになります。

この正しいコーディングは本当に大切になっており、せっかく記事を作成しても間違えた認識をされてしまうと、本来はSEOとして非常に効果的なコンテンツがあるページにも関わらず、コーディングの仕方が悪いため、低い評価をされてしまう可能性があるのです。

この正しいコーディングは内部SEOの基本であると弊社では考えており、現在で言えば、HTML Living StandardとCSS4での記述を行うことで、それぞれのページを正しく認識してもらうことが可能になり、さらにはクローラビリティー対策を行うことで、ホームページにあるすべてのページを認識してもらえるようになるのです。

ヘッドタグ内の最小化

本当に小さな内部SEOのテクニックになるのですが、ホームページを生成するタグを記述しているソースコードのheadタグは短ければ短いほどSEOにとって良いと言われております。

これは本当に大切なものになっていて、headタグが長いホームページでは、ページの表示速度が遅くなってしまいます

このホームページの表示速度は、SEOでのマイナスもそうなのですが、あまりに表示速度が遅いとユーザの直帰率も高まる要因になるため、できる限りheadタグ内の行数は短くしていくようにしなくてはなりません。

パンくずリストの作成

パンくずリストとは、例えば当ページであれば、「HOME>スタッフブログ>内部SEOとは」と記述された、現在自分がどこにいるかが一目でわかるリストになっております。

このパンくずリストは現在、トップページのSEOにとって非常に大切であると言われており、このパンくずリストをしっかりと作成することで、グーグルにホームページの構造を明確に伝えることができるようになるのです。

そして構造が明確になれば、もちろんホームページの更新を行っていなければ意味がありませんが、正しくホームページのページ数を検索エンジンに伝えることが可能になるので、質の高いページ数が多ければ多いほど、御社のホームページの検索順位が高まるようになっております。

パンくずリストについては、1点だけ注意点があり、パンくずリストを設置すればトップページへの被リンクが増えると考える方がいますが、現在のグーグルは同じページへのリンクは、1ページに1つまでしかリンクとして認識しないので、内部リンク数によってトップページの検索順位が向上するということはありません。

2つのサイトマップを作成

サイトマップには2つの種類があり、XMLサイトマップサイトマップページになります。

XMLサイトマップは非常にSEOに効果的なものになっていて、XMLサイトマップを作成し、グーグルに送信することで、ホームページにあるすべてのページのURLをグーグルに伝えることが可能になります。

そしてサイトマップページは、主要なすべてのページへの内部リンクが設置できるページになっているので、こちらも内部リンク的にはSEOに効果的なページとなっています。

そのため、内部SEOを行う際には、必ず2つのサイトマップを作成することが重要で、これらをしっかりと行うことで、御社のSEO効果は飛躍的に高まるのです。

robots.txtの作成

robots.txtとは、検索エンジンへの指示書きができるテキストファイルになっています。

このrobots.txtを作成することで、少しSEOとして有利になっており、robots.txtをうまく利用することで、グーグルがホームページ内で認識しなくても良いページを指定することができるのです。

ホームページは現在大量のページ数であることが一般的になるので、この膨大なページ数を常に把握することはグーグルの検索エンジンロボットにとってあまり良い状態ではありません

そのため、グーグルが認識しなくても良いページはしっかりと認識しなくても良いと記述していくことで、検索エンジンロボットのホームページ内の巡回効率が飛躍的に高まり、内部SEOの一つとして効果的な対策になるのです。

グーグルサーチコンソールの導入

そして最後に、内部SEOでは必ず必要なグーグルサーチコンソールを導入します。

このグーグルサーチコンソールを導入することで、XMLサイトマップの送信や、それぞれのページに対して認識してほしいとリクエストを送ることができる、さらにはグーグルがまったく評価していないページのリストを確認することが可能なのです。

このグーグルサーチコンソールは、内部SEOには必須なツールになっているので、内部SEOに力を入れる際には必ず導入しなくてはなりません。

内部SEOは更新作業を効率化できる

SEOにおいて、ホームページの更新作業がもっとも重要ではありますが、この更新作業を効率化するためには、内部SEOの実施は不可欠であると思います。

現在のSEOにおいては、内部SEOだけでは上位表示はできませんが、しかしホームページの更新効果は内部SEOを行っていないホームページよりも内部SEOを行っている方が非常に高いものになってくるのです。

そのため、SEOを行われる方においては、内部SEOは非常に大切になっており、しっかりと内部SEOを行ったホームページを制作することで、御社のホームページは効率の良いSEOが行えるようになるのです。

現在SEOを行われている方は、ぜひ内部SEOの見直しを行い、効率の良いSEOとされてみてはいかがでしょうか。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績