HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

内部SEOとは

内部SEOについて

ホームページ制作を行うと、年々、内部SEOの需要が高まってると思います。

SEOには外部と内部が存在し、外部は年々効果が弱まり、逆に内部の重要性が高まってるのです。

では、ホームページ制作とWeb運営で具体的にどのような対策が必要かをご紹介します。

外部とは

外部SEOって何?

まず、外部SEOとは何かについてご紹介をいたします。

簡単に言うと被リンクで、グーグルは被リンク数が多いホームページを上位表示させるのですが、現在ホームページ制作後でもっとも難しい対策です。

理由は、グーグルは被リンクを人気投票と考え、多くの票を集めてると、当然人気と判断され、上位表示が検索エンジンユーザーの満足度向上に繋がると考えるのです。

ただし、被リンクは、待っていても集まらず、行い初めの頃は、自分で被リンク対策を行うのも必要ですが、その際にまったく被リンクの知識がない状態で被リンク対策を行うのではなく、必ず被リンクの基礎知識を学んでから行うのが必要です。

被リンクの基礎知識がない状態で被リンク対策を行っても、良くて被リンクがすべて無効化される、最悪のケースではスパムとされて検索結果にホームページが表示されず、必ず被リンクの基礎知識を学んでから被リンク対策を行うようにしましょう。

ただし、知識をお持ちの方でも、非常にハードルが高いので、ホームページ制作時には内部を中心が良いでしょう。

コンテンツ作成は含まない

コンテンツ作成

ホームページ制作における内部SEOにおいて、コンテンツの質は本当に重要ですが、今回のご紹介ではコンテンツの質は含んでません。

もちろん、コンテンツの質自体も含めますが、質については、良質なホームページとはに掲載してますので、ご興味がございましたらご確認をお願いいたします。

今回ご紹介はしてませんが、コンテンツの質は非常に大切で、内部に特化したホームページ制作をご希望の方は必ずご一読をお願いいたします。

キーワード設定

キーワードの設定

内部SEOに強いホームページ制作で、まず初めに、それぞれのページの上位表示キーワードを定めるのが必要です。

基本ですが、現在のグーグルは非常に重複コンテンツを嫌う傾向があり、上位表示キーワードが同じでタイトルや本文を少し変えただけでは重複コンテンツと見なされます。

そのため、ホームページ制作を行う前に、必ずそれぞれで上位表示キーワードを定め、もし同じキーワードで上位表示を狙ってる場合は、統合が大切です。

キーワード設定を徹底化で、重複が0なので、飛躍的に効果を高めれます。

具体的な方法

具体的な手法

では具体的な内部SEOに強いホームページ制作行うポイントをご紹介いたします。

正しいコーディング

コーディングとはホームページ制作のために行うソースコードの記述を言います。

そして、ホームページ制作を行う際には、正しいコーディングを行わなくてはなりません。

正しいコーディングを行えば、検索エンジンの巡回プログラムがホームぺージ内のすべてのページを認識でき、さらにはそれぞれのページで記述されてる内容を正確に判断してくれます。

正しいコーディングは本当に大切で、せっかく記事を作成しても間違えた認識をされてしまうと、非常に効果的なコンテンツページにも関わらず、コーディングの仕方が悪く、低い評価をされてしまう可能性があります。

正しいコーディングは基本と弊社では考え、現在で言えば、HTML Living StandardとCSS4での記述を行えば、正しく認識してもらえ、さらにはクローラビリティー対策を行えば、すべてのページを認識してもらえるようになります。

ヘッドタグ内の最小化

本当に小さなテクニックですが、ホームページ制作のタグを記述してるソースコードのheadタグは短ければ短いほど良いと言われ、実際に弊社もホームページ制作時にはできる限りヘッダ情報を減らすようにホームページ制作をしてます。

これは本当に大切で、headタグが長いと、表示速度が遅くなります。

ホームページの表示速度は、あまりに表示速度が遅いとユーザの直帰率も高まる要因で、できる限りheadタグ内の行数は短くしていくようにしなくてはいけません。

パンくずリストの作成

パンくずリストとは、例えば当ページであれば、「HOME>スタッフブログ>内部SEOとは」と記述された、現在自分がどこにるかが一目でわかるリストで、一般的には現在のホームページ制作では標準装備してる機能です。

パンくずリストは現在、トップにとって非常に大切と言われ、パンくずリストをしっかりと作成で、グーグルに構造を明確に伝えれます。

そして構造が明確になれば、もちろん更新を行っていなければ意味がないですが、正しくページ数を検索エンジンに伝えれ、質の高いページ数が多ければ多いほど、御社の検索順位が高まるのです。

パンくずリストについては、1点だけ注意点があるのですが、パンくずリストを設置すればトップへの被リンクが増えると考える方がいますが、現在のグーグルは同じページへのリンクは、1ページに1つまでしかリンクとして認識しないので、内部リンク数によってトップの検索順位向上ないです。

2つのサイトマップを作成

サイトマップには2つの種類、XMLサイトマップとサイトマップページです。

XMLサイトマップは非常にSEOに効果的で、XMLサイトマップを作成し、グーグルに送信で、ホームページにあるすべてのページのURLをグーグルに伝えれます。

そしてサイトマップページは、主要なすべてのページへの内部リンクが設置できるページなので、こちらも内部リンクとして効果的です。

そのため、ホームページ制作時に必ず2つのサイトマップを作成が重要で、これらをしっかりと行えば、御社の効果は飛躍的に高まるのです。

robots.txtの作成

robots.txtとは、検索エンジンへの指示書きができるテキストファイルです。

robots.txtを作成で、少しSEOとして有利で、robots.txtをうまく利用で、グーグルが認識しなくても良いページを指定ができるのです。

現在大量のページでホームページ制作が一般的なので、膨大なページ数を常に把握はグーグルの検索エンジンロボットにとってあまり良い状態ではないのです。

そのため、グーグルが認識しなくても良いページはしっかりと認識しなくても良いと記述すれば、検索エンジンロボットのホームページ内の巡回効率が飛躍的に高まり、対策の一つとして効果的な対策です。

グーグルサーチコンソールの導入

そして最後に、内部SEOでは必ず必要なグーグルサーチコンソールを導入します。

グーグルサーチコンソールを導入で、XMLサイトマップの送信や、それぞれのページに対して認識してほしいとリクエストを送れ、さらにはグーグルがまったく評価していないページのリストを確認が可能なのです。

グーグルサーチコンソールは、必須ツールなので、力を入れる際には必ずホームページ制作後に導入が必要です。

チェックツール

チェックツール

実は、チェックツールは、実はリリースされてません。

そのため、Web制作会社などが経験によって、チェックが一般的ですが、参考データとしては以下です。

  • グーグルアナリティクス
  • グーグルサーチコンソール
  • モバイルフレンドリーテスト
  • PageSpeed Insights
  • Lighthouse

上記の3点を弊社が数値データとして把握する際に利用するチェックツールで、これらのデータを見てまずは全体的な問題点を把握して、そこから先は、これまでの弊社のホームページ制作経験で内部SEOを最適化してます。

そのため、少しお客さまでは難しいかもしれませんが、まずはこれらのツールを利用前に、上記でご紹介した基本的な内部SEOを行い、その上で、Web制作会社に上記ツールを使った最適化を提案依頼してみてはいかがでしょうか。

更新作業を効率化できる

効率化

SEOにおいて、更新作業がもっとも重要ではなく、更新作業を効率化には、実施は不可欠と思います。

現在、内部SEOだけでは上位表示はできませんが、しかし更新効果は、行っていないホームページ制作よりも行ってる方が非常に高いです。

そのため、非常に大切で、しっかりと行えば、御社のホームページ制作とWeb運営は効率が高まるのです。

当ページをご覧の会社さまは、ぜひ内容を見直し、Web運営効率を高めてみてはいかがでしょうか。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP