HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

グーグル曰くSEO調査ツールはあるものの評価で不足が分からない

SEOツールでは不足情報が分からない

本日ウェブ担当者フォーラムを見ていると、ユーザーが本当に求めているコンテンツはキーワード調査ツールでは見つけられないという記事がありました。

これについては当社も同様の考え方を持っており、ホームページを制作後にあまりツールを利用されているクライアントさまはいらっしゃいません。

そこで今回はSEOにおけるツールの利用について当社の考え方をご紹介いたします。

SEOは新規作成とリライトと被リンク

まず当社の考え方になっているのですが、現在のSEOは非常にさまざまなことを検討されております。

例えば、新規ページを作成するにしてもトピッククラスター構築のための意識や、ライバルサイトの調査、上位表示キーワードの調査など作成前の調査が非常に重要だと言われています。

確かに、これらを行うことで、狙い通りに上位表示ができるというのは十分に理解が可能です。

しかし、当社のホームページ制作実績では、これらの作業は実施しておりません。

基本的には、ホームページ公開後に新規ページ作成を行っていただきます。

それはSEOの詳しさの向上のためであり、メインで上位表示を狙うキーワードに対して詳しいホームページへと成長させる意味を込めています。

そして、ライバルサイトのページ数だけはカウントしているのですが、この目標ページ数になっても上位表示ができなかった場合にリライトを開始します。

ページ数で勝っているのに、ライバルサイトに負けている場合は、グーグルの判断する記事の質で負けているためです。

また、最近のグーグルは、クロール済み - インデックス未登録をグーグルサーチコンソールに表示させています。

このグーグルサーチコンソールのクロール済み - インデックス未登録の改善は内部リンクが張り巡らせることで改善が可能です。

そうしていけば、まずはライバルサイトに検索順位で勝てるチャンスが大きくなり、さらにはインデックス未登録がなくなるので、さまざまなページが上位表示されるのです。

ただし、ここで重要になってくるのが被リンクです。

被リンクについては、実は御社が上位表示を狙うキーワード次第では0に近い数値でも上位表示が可能になっております。

ただし、当社では検索順位とページ数を見ながら、もし上がらなかった場合には被リンク対策を行っていただいております。

これらをしっかりと行い続けることで、ホームページ制作実績の会社さまの多くがSEOで成功をしているので、ほぼ間違いがないと思われます。

そのため当社では、ツールの利用は必要がないと考えており、もちろん、ページの質は大切ではありますが、調査までは必要がないと判断をしています。

SEOにおける網羅性

確かに調査をすれば、ユーザーニーズに対して情報の漏れがないホームページとなっていきます。

しかし、情報に漏れがないページを作成することが本当に重要でしょうか。

というのもどのホームページも同じ内容で書いているということは、レッドオーシャンで勝負し続けることに繋がります。

そしてSEOだけで判断をするのであれば、実は、レッドオーシャンでの勝負となると、その記事をグーグルがどう判断しているか、ドメインパワーが高いかが重要になります。

簡単に言うと、ホームページにどれだけの人員を割いているか勝負、あるいはサイト運営にどれくらいの時間を割けるかが上部になっています。

確かに調査を行って情報をすべてページ化してしまえば、網羅されていると言えるでしょう。

ただそれは、ライバルが非常に多いレッドオーシャンでの勝負しかしていないのです。

そうなってしまうと、サイト運営の長さなども影響をしてくるため、実は弱小サイトでは上位表示ができないのです。

そのため当社が考える網羅性とは、自社の知っている情報、ブログ更新のネタになる情報が網羅されていることの方が重要だと思っております。

これらを行うことで、上記のグーグルが不足している情報も埋めることが可能になり、より高い成果を得れると考えております。

不足情報の考え方

調査法が同じであれば、すべてのホームページで不足している情報も同じです。

この不足している情報を探してそのキーワードで上位表示を狙う方が圧倒的にSEOで有利です。

というのも、実際に昨今のSEOで考えると、もう空いているワードが見つからないと考えるケースが多いです。

しかし、実際に検索エンジンを利用していると、上記で説明した通り、まったく検索キーワードに合致しないキーワードも見受けられます。

これらのキーワードで上位表示を狙えば、実は他のページよりも難易度が低く上位表示が可能です。

もちろん、1ページあたりの流入数はかなり少なくなっております。

しかし、それは1ページであった場合の数値であり、そのページ数が100ページあれば、ホームページ全体の訪問者数の底上げになるのです。

では、この不足情報をどう探す方と言うと、当社では探しません。

ホームぺージ制作後に調査をせずに新規ページを作成していれば、必ずそれらのキーワードにヒットするページが作成できると考えております。

調査をなぜ行わないかというと、当社のホームページ制作実績のクライアントのウェブマスターさまは、公開後にサイト運営だけに時間を取れるわけではありません。

基本的には営業や経理などと兼任になっていて、できる限りサイト運営時間を短縮したいと考えられています。

そこで調査時間を取ってしまうと、更新時間が減ることを意味しています。

そのため、もちろん各ページの質を高めることは必須ですが、調査まではせずにしっかりとページ作成を行っていただいております。

不足情報のSEO効果は高いと思う

実際の事例として当社のホームページ制作実績の企業さまは調査をせずに、スタッフブログの記事作成を行っています。

そしてこの記事作成においては、調査をしていない分、量を充実させることができるので、意外と不足情報にヒットするケースがあるのです。

例えば、当社クライアントさまのデータを見ると、ある日突然検索順位が急増するという例があります。

これは不足した情報がヒットした場合であると考えていて、調査をしているとなかなか見れない例ではないでしょうか。

そしてその不足情報にヒットすると、実は、GRCで見ている限りでは、全体の検索順位も押し上げているようなイメージになっています。

もちろん、被リンクが付いたや、グーグルから詳しさを認められたなどもあるとは思いますが、タイミング的にはアクセス数の急増と似たタイミングで検索順位が高まっています。

そのため、当社の行い方だと、いつヒットするかは分かりません。

ただ、これまでのホームページ制作実績で言うと、1年以内には大きく検索順位を上げている例が多くなっております。

ちなみにですが、狙ったキーワードは3ヶ月程度で上位表示ができるのですが、こちらは不足情報にヒットしたというよりも、詳しいホームページであると認められたと考えています。

ホームページ制作時は調査は必要

上記のように調査は基本的には不要ですが、それはサイト運営時での話です。

ホームページ制作時には調査が必要で、この調査はお客さまが行うのではなくWebサイト制作会社が行う必要があります。

ホームページ制作時の調査では、主にライバルサイトの調査や検索エンジンユーザーのニーズ調査を行います。

その理由は、お客さまが更新するコンテンツを定め、どのような内容を書いていただくかを調べるためです。

もちろん、ホームページ制作時の作成するページのテーマなども調べております。

ただ、公開後には調査は不要であり、基本的には調査をするのであれば、原稿作成時間に回したほうが良いでしょう。

そうすることで、不足情報にヒットできる可能性も高まりますし、さらにはリライトによってより高くSEOで評価される可能性もあるのです。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP