大阪のホームページ制作会社

株式会社セブンデザイン

日本語ドメインはSEOと成果に有利かどうか

日本語ドメインはSEOに有利なものになるのでしょうか。

この日本語ドメインは、稀にドメイン取得をサポートしているとお客さまに確認されるのですが、日本語ドメインにして、その日本語内に上位表示をしたいキーワードを入れればSEOに効果的かと言うものになっています。

今回は、少し話を膨らませて、日本語ドメインはSEOと成果に有利かどうかについてご紹介をいたします。

日本語ドメインとは

日本語ドメインとは、日本語のドメインになっております。

例えば弊社の場合であれば、「セブンデザイン.biz」や「ホームページ制作会社セブンデザイン.biz」などになっており、これらの日本語ドメインにするかあるいは、「sevendesign.biz」と言うように一般的な英語ドメインにするかで意外と悩まれる方がいらっしゃいます。

この日本語ドメインはもちろん、メリットがないものではなく、いくつかのメリットがありますが、逆にデメリットもあるものになっており、単にSEOに効果的そうに見えるからと言う理由で選んではなりません。

では、そこで初めに日本語ドメインのメリットとデメリットについてご紹介をいたします。

日本語ドメインのメリット

日本語ドメインのメリットについてご紹介をいたします。

日本語ドメインは覚えやすい

まず初めに、例えば「sevendesign.biz」と「セブンデザイン.biz」であればどちらが覚えやすいでしょうか。

こちらについては間違いなく後者の方が覚えやすいものになっており、例えばデザインのスペルなどについては、間違える方も多くいると思います。

しかし、カタカナで間違える方はまずいないと思いますので、その会社のホームページは、英語ドメインよりも日本語ドメインのほうが間違いなく覚えてもらうことが可能です。

ホームページの内容がイメージしやすい

覚えやすいと大体同じ内容ですが、例えば「セブンデザイン.biz」と言うドメインを見たときに弊社の社名をご存知であれば、これはセブンデザインのコーポレートサイトであると推測することが可能です。

このように日本語ドメインの場合は、もちろんホームページの内容とアドレスがイコールである前提はありますが、そのアドレスにアクセスしたらどのようなホームページが表示されるのかと言うのが非常に分かりやすいものになっております。

日本語ドメインのデメリット

では、日本語ドメインにはどのようなデメリットがあるのでしょうか。

ピュ二コードに変換されてしまう

日本語ドメインについては一般的にピュにコードに変換されてしまいます。

例えば、「大阪ホームページ制作.com」であれば「xn--yck7ccu3lc7455c30e05ru37l.com」などのようなアドレスに表示されるので、少し怪しげなホームページだと思われてしまう恐れがあります。

さらにドメインはメールアドレスにも利用されるものになり、「大阪ホームページ制作.com」のホームページのメールアドレスは、「a@xn--yck7ccu3lc7455c30e05ru37l.com」というメールアドレスになり、少し怪しい感じを受けてしまわれるかもしれません。

そのため、ピュ二コードに変換されてしまうのは、企業としてはかなりマイナスが多いものになっております。

日本語を知らない人は意味が分からない

一般的には英語ドメインになり、難しい単語であれば理解できないこともありますが、一般的な単語であれば、世界中の方が理解することが可能です。

しかし、日本語を使う方が増えたと言っても英語ほどはいませんので、日本語を知らない方はそのドメインが何を意味しているかが分からないものになっております。

もちろん、これは日本だけをターゲットにしている場合においては問題がないかもしれません。

使用できないサーバーもある

日本で一般的なレンタルサーバー会社であれば、現在ほとんどが日本語ドメインに対応しているのですが、中には対応していないサーバーもあります。

そのため、サーバー会社の選択肢がグッと狭まり、最適なレンタルサーバー会社の選定にマイナス要因となってしまう恐れがあります。

しかし、現在は大半のサーバー会社が対応しているので、日本国内のレンタルサーバー会社であればほとんど問題がありません。

SEOについてはどうか

非常に残念ですが、日本語ドメインであろうがほとんどSEO効果は受けることができません。

基本的にドメインでSEO効果を受けれるのは、「.com」の箇所になっており、ここが「co.jp」や「ed.jp」などについては効果があるという話はあるのですが、しかしこの前の記述についてはまったくと言っていいほど効果がないと考えて問題がないと思います。

現在のSEOにおいては、コンテンツの質を非常に大切なものだと考えており、ドメインでそこまで効果が変わるというのはあり得ないのです。

そのため日本語ドメインだろうが英語ドメインだろうが、そのホームページに記載されている内容がしっかりしていれば上がりますし、逆に質が低ければ上がることはないのです。

正しい判断でドメインを選定しよう

上記がドメインのメリット・デメリットになっております。

これらをしっかりと定めることは本当に大切なものになっており、しっかりと定めて対策を行うことで、そのホームページは非常に効果的なものになります。

そしてSEOを意識し始めた方がよく気にするのが、SEOに効果があるという記事を見たなどになりますが、ドメインでSEO効果が上がるということは基本はなく、それよりもホームページ内の質と量で判断されるのです。

これらを理解して最適なドメインを選定することが大切になり、あくまで弊社の意見ですが、日本語ドメインよりも英語ドメインで取られることがお薦めになります。

TOP

ホームページ制作実績