サイト作成ならSevenDesign 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

日本語ドメインをおすすめしない理由

日本語ドメインはオススメしない

どうせホームページ制作を行うのであれば、SEOに最適化されたホームページを希望は当たり前だと思います。

2012年くらいに、SEOに最適化されたホームページ制作には、日本語ドメインが良いという噂が出回り、タイミングで会社さまの多くが希望されてました。

当時の弊社のスタンスとしては、日本語ドメインでホームページ制作をしても、おそらくSEO効果はないと考えてましたが、しかし噂もあるので、効果が出ればラッキー程度に考えてましたが、現在においては、成果を出したいのであれば、辞めた方が良いと思っています。

日本語ドメインとは

日本語ドメインって何?

日本語ドメインとは、例えば「セブンデザイン.biz」などのように「.biz」の前が日本語のドメインを言います。

2012年ごろには、SEOに効果があると言われ、例えば弊社のホームページで言えば、「セブンデザイン.biz」などを取得すれば、【セブンデザイン】で上位表示が行いやすいという噂が流れてました。

しかし、日本語ドメインは、「https://セブンデザイン.biz/」というアドレスでグーグルが認識はなく、実はグーグルはアメリカの企業であるため、日本語の認識ができず、ピュニコードに変換させて認識し、グーグルの認識は「https://xn--yck7ccu3lc7455c30e.biz/」になり、さらにはブラウザのURLバーにも「https://xn--yck7ccu3lc7455c30e.biz/」と表示されてしまうため、恐らく昔からSEO効果はなかったと思われます。

そして、メリットもあればデメリットもあるのですが、現在のホームページ制作においては、デメリットの方が多いように思います。

では実際に、弊社がおすすめしない理由をご紹介いたします。

効果

SEOに効果

2012年ごろでは、SEOに強いホームページ制作の提案を行うと、「SEOであれば、日本語ドメインを取得したほうが良い?」と質問が多かったように思います。

しかし、弊社のスタンスとしては、基本的には日本語でも英語でも、結果は変わらずと考え、もちろん無理に英語である必要はないとご説明をしてました。

そして、それから10年近くがたった2021年現在で言えば、間違いなくSEOに一切効果がございません。

と言うのが基本的にはグーグルはドメイン名でホームページを評価していないためで、仮に日本語であったとしても、コンテンツの質が低ければSEOで上位表示ができません。

そしてさらには先述している通り、仮に「セブンデザイン.biz」を取得したとしても、グーグルの認識ではピュニコードに変換され、「https://xn--yck7ccu3lc7455c30e.biz/」となり、セブンデザインを含んだドメインであったとしても、グーグルはまったく評価をしてくれません。

弊社の感覚としては、2012年ごろから恐らく効果がなかったように思われ、まったくSEO効果を得れないのです。

拡散されずらい

ソーシャルメディアで拡散

現在のホームページ制作において、最大のデメリットは、ソーシャルメディアで拡散が非常にされづらいと思います。

例えば、仮に弊社のホームページが「https://セブンデザイン.biz/」であった場合、ソーシャルメディアにトップページのアドレスを掲載してみると、「https://xn--eck9ao2c3dwid.biz/」となるため、このような意味が不明なURLをソーシャルメディアユーザーが自分の投稿に掲載は、投稿を行う方の信頼性を考えた場合には少し難しいと思います。

基本的にはソーシャルメディアユーザーは、他のソーシャルメディアユーザーが不安に思うような投稿はしないため、せっかくソーシャルメディアで拡散してくれようとしているのに、URLが原因で行ってもらえないのは御社の集客力としては非常にもったいない結果になるのです。

ソーシャルメディアで拡散されずらいと言うのは、現在の集客対策としては、本当にもったいなく、これだけでも日本語ドメインは利用しないほうが良いと言い切れます。

告知がしづらい

URLが告知されにくい

上記とほぼ同じ理由ですが、現在キュレーションページが非常に流行って、例えば「大阪の会社一覧」などのページを作成して、ページに複数の会社の会社名や住所、電話番号、会社の要約、URL、該当のホームページへのリンクを記載だけのページが非常に多いです。

キュレーションページは、実はSEOで非常に上位表示しやすいや、さらには作成が非常に簡単であるから、多くのホームページ制作で実施されますが、このときにURLが日本語ドメインだと、せっかくキュレーションページにリンク付で紹介してもらえるかもしれないのに、意味不明なURLが原因で掲載してもらえない可能性が大きく高まります。

現在のSEOにおいては、被リンクの獲得が非常に難しいため、URLが日本語ドメインと言う理由だけで掲載してもらえないのは、御社のホームページ制作の集客対策としては非常に大きなデメリットです。

使用できない会社

レンタルサーバーの対応

レンタルサーバー会社によっては、日本語ドメインに未対応な可能性があります。

基本的にはレンタルサーバー会社はアクセス数やさらにはサーバー会社が提供サービスと御社のサービスから選定をしなくてはならないのですが、候補になるレンタルサーバー会社の選択肢が減ってしまうのは、御社のWeb運営においては非常に大きなデメリットです。

ホームページ制作時時にレンタルサーバー会社の選定は、基本的にはWeb制作会社おすすめのレンタルサーバー会社と契約が多いですが、本来であれば御社提供サービスや見込みのアクセス者数から判断が重要になるので、実はレンタルサーバー会社が少し減ってしまう恐れがあるのです。

メリット

メリットはある

上記が基本的な日本語ドメインのデメリットですが、もちろんメリットもございます。

メリットは、日本人であればURLが非常に覚えやすいという点があるのですがこれはメリットです。

しかしホームページ制作を行ううえで、弊社では、ドメイン名を覚えやすいメリットと、他の複数あるデメリットを比較してみると、やはりメリットが弱いように思われます。

英語が無難

英語がおすすめ

現在のホームページ制作においては、基本的には日本語ではなく英語がベストであると弊社では考えてます。

そして2021年現在では、利用したいも言われず、弊社では2014年以降未経験です。

もし現在ドメインの取得を考えられ、「日本語ドメインはどうなんだろう」とお悩みの方は、弊社では上記理由からおすすめしておらず、英語をおすすめいたします。

当ページは株式会社セブンデザインが作成しています。
当記事についてやサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メール

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP