大阪のホームページ制作会社株式会社セブンデザイン

狙ったキーワードでSEOを行うために

狙ったキーワードでSEO

ホームページを制作したら多くの方がSEO対策に取り組まれると思います。

もちろん、ホームページ制作の集客はSEO対策だけではなく、さまざまな手法があるのですが、その他の手法については実はあまり利用される機会が少ないように思われます。

そしてこのSEOにおいては、かなりの努力量が必要であると、当然弊社でもホームページ制作の提案のアイミツ段階でご説明をしており、それでも内容をご理解いただいたお客さまのホームページを制作しております。

このSEOの方法としては、もちろんさまざまな方法があるのですが、その中の一つに新規ページ作成があり、この新規ページ作成で膨大な量のページ数を作成いただいておりますが、闇雲なページ作成では狙ったキーワードとなるメインのキーワードでの上位表示はできなくなっております。

そこで今回は、狙ったキーワードで上位表示を行うためにはどのような新規ページ作成を行うことが重要になるのかについてご紹介をいたします。

狙ったキーワードでSEO

キーワードを定めてSEO

基本的にはSEO対策を考えたときに、どのようなキーワードでホームページの検索順位を上げるのかと考えることが一般的です。

この検索順位の上げ方については、2つの対策があり、一つがホームページ内に新規ページを作成すること、そしてもう一つが被リンク対策になっております。

今回ご紹介するのは、新規ページの作成を行う方法になるのですが、この新規ページの作成は、本当に大変なものにはなっておりますが、しっかりと対策を行うことで、ホームページの成果は飛躍的に高まるのです。

どういうことかというと、基本的には新規ページを作成する際には、上げたいキーワードに関連するキーワードを利用することが大切になってきます。

例えば弊社の場合であれば、【ホームページ制作 大阪】が上位表示を行いたいキーワードになるので、当スタッフブログでは、【ホームページ制作 大阪】に関連するキーワードで記事を書くことが重要になります。

キーワード調査はある程度してからで良い

キーワード調査はある程度してから

そしてこのページ作成を行う際に、グーグルやツイッター検索を行うと、しっかりとキーワード調査を行ってから記事を作成したほうが良いという情報を見たことはないでしょうか。

確かに、ここでキーワードを調査することで、作成した記事自体が上位表示ができるので、より多くの見込み顧客を集客することが可能で、弊社の場合であれば、「ホームページ作成で使える補助金や助成金」のページを調査データを使って記事作成をしたので、現在弊社のホームページでは、【ホームページ制作 助成金】などのキーワードで本当に多くの検索者を集客しております。

しかし、こちらの「ホームページ作成で使える補助金や助成金」のページを作成したことによる、狙ったキーワードでの上位表示を見てみると、まったく検索順位が変わっていないものになっており、実際にさまざまなホームページに対して、キーワード調査を実施していた限りで言うと、狙ったキーワードだけでのSEO対策であれば、「ホームページ作成で使える補助金や助成金」などのキーワード調査の結果によって記事を作成する必要はないと思われます。

もちろん、これらのメインで狙うキーワードよりもニッチなキーワードでの集客数は非常に大切になるので、ぜひとも行っていただきたいキーワードにはなってくるのですが、しかし狙ったキーワードで上げたいときはわざわざキーワード調査時間を使う必要はないと思われます。

それよりもしっかりと上げたいキーワードに関連するキーワードをテーマにしたページ作成を行ったほうが効率的で、確かにキーワード調査をしていないので、そのページ自体に集客力はありませんが、キーワード調査をしていない分、時間を取ることができるので、しっかりとしたページ作成が可能になっております。

弊社のページ作成の提案法

ページ作成の提案法

そして弊社では、スタッフブログなどの自由に新規ページを作成するコンテンツを作成したら、これで後はお任せしますというスタイルではなく、ある程度更新内容を定めた提案をしております。

どういうことかというと、まずホームページを納品したら、更新できるコンテンツの重要キーワードのリストから、できる限り多く作成していただきたい記事のキーワードを提出しております。

そしてこれらのキーワードについては、本文をしっかりと作成いただくこと、そしてそのキーワードを使ったページタイトルとしていただくことで、本当に成果の出るページ作成が可能になっております。

ただ、こちらのページ作成は、基本的にはそこまで多くない量になっており、目標としていただくページ数には到達ができないので、これ以外にもお客さまで、ホームページのトップページで狙うキーワードに関連するキーワードでページ作成を行っていただいております。

そうすることで、ある程度は効果的なページのキーワードが分かるので、記事タイトルを検討する時間を短縮し、より効率的なページ作成が可能になっております。

実際にページ作成の効果はどれくらいあるのか

ページ作成の効果

そしてこのように、弊社が調査した結果と、トップページに関連するキーワードでのページ作成を行い、目標ページまで増やした効果はどれくれいあるのでしょうか。

実際にこれまで数多くのホームページ制作を行ってきた結果で言うと、目標値前後まで到達した段階での結果は、半分のホームページが上位に表示され、もう半分は残念ながら10位前後となっておりました。

やはり上位表示をするためには、相当量のページ作成が必要になっているのですが、それでも被リンク数はホームページ制作後に登録サイト一覧をお渡しするので、その被リンク数だけでここまで上げれるのは大きな要因になっております。

また実際に弊社のSEOにおいてもページ作成がメインのSEOになっているのですが、現在主要な30近くのキーワードでの検索順位を調査していて現在平均で7位から8位となっております。

ページ作成は非常に大切ですが、その作成する記事内容については、闇雲ではなくしっかりと上げたいキーワードに関連するページを作成していくことで、本当に効果的なホームページ制作となるのです。

グーグルは最も詳しいホームページを上位表示

グーグルSEO

そして、最後に、グーグルは最も詳しいホームページを上位表示させてくるので、まずは御社が狙うのは最も詳しいホームページにするという点になります。

これについては、グーグルは実は例えばライバルよりも1ページや10ページ多いくらいで検索順位を変えておらず、どちらかというと100ページ、1000ページ単位で多いことが大切になっております。

弊社ではホームページ制作時にかなりのキーワード調査と検索順位調査を行っているのですが、被リンクがほとんど付いていないのに上がっているホームページの傾向や、コンテンツの質は非常に高いのに全然順位が上がっていないホームページの傾向を見ていくと、やはりページ数が関係していることが多くあるのです

そのため、ホームページの更新をする際には、まずは狙ったキーワードを定め、そしてそのキーワードに関連する内容で、ライバルよりも1,000ページ多くするための検討をして、そしてその検討結果を実行していくことで、ホームページ制作は飛躍的に効果を出すことが可能です。

ただし、これだけではなく、多少の被リンク対策は必要で、この被リンク対策は基本的には、登録サイトに登録するだけでも上がることがありますので、しっかりと登録サイトへの登録を行うようにしましょう。

類似記事

TOP

ホームページ制作実績