大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

キーワードを意識したグーグル広告

キーワードを検討したグーグル広告

Web制作が終わったらそこからホームページの集客対策が開始されます。

このWeb制作後の集客対策として、もっとも人気があるのがSEOになるのですが、弊社のWeb制作サービスでは、SEOに依存したホームページを制作することは推奨しておらず、基本的には最低でも後1つの集客対策を提案しております。

そしてSEO以外の集客対策として人気がある対策の1つがグーグル広告になっており、このグーグル広告を適切に出稿することで、御社のWeb制作はより効果を発揮するようになるのです。

グーグル広告とは

グーグル広告

グーグル広告とは、簡単に言うとグーグルの検索結果に表示される広告枠のことを言います。

もちろん、検索結果だけではなく、youtubeへの広告やグーグルのパートナーサイトへの広告出稿などもでき、非常に多くの見込み顧客に御社の広告を閲覧してもらうことが可能になります。

そのため、Web制作が終われば、基本的にはSEOだけを行うのではなく、このグーグル広告などのその他の集客対策を行ったほうがより多くの見込み顧客を集客が可能になっており、弊社ではWeb制作の提案段階からSEO以外の集客対策を提案しているのです。

そしてこの集客対策を提案していると、お客さまのWeb運営スタイルに最も合致するのがグーグル広告などのリスティング広告となっており、もちろんWeb運営予算にもよりますが、月額100,000円ぐらいの広告予算を取ることができる場合は、グーグル広告への出稿を提案しているのです。

このグーグル広告への出稿は確かに広告予算が必要になるのですが、しかし、その運営量は非常に少ないものになっており、少ない労力で最大の効果を得れるという点から予算取りができる場合についてはかなりオススメの集客対策となっております。

実際に弊社ではこのグーグル広告の出稿をサポートさせていただいておりますので、弊社のグーグル広告のサポートにご興味がございましたらリスティング広告運用代行のページからご確認をお願いいたします。

キーワード設定を行おう

キーワード設定

このグーグル広告はさまざまな注意点があるのですが、その中でも初めてのリスティング広告への出稿の方であれば、間違いなくキーワード選定をしっかりと行うことが重要になります。

グーグル広告のキーワード選定では、どのようなキーワードで広告を表示させるのかを検討することと、もう一点重要なポイントがあり、キーワードを設定したら以下の中から広告を出稿するキーワードの設定を行うことが可能です。

  • 完全一致
  • フレーズ一致
  • 部分一致

これらがキーワードを選定した後に行う設定の選択肢になっており、これらはそれぞれ以下のような意味があります。

まず「完全一致」では、出稿したキーワードと完全に一致した場合にのみ広告が表示されます。

次に「フレーズ一致」では、出稿キーワード+1語後以上のキーワードで検索したときに広告が表示されます。

最後に「部分一致」では、グーグル自身が類似キーワードを自動で判断をして、さまざまなキーワードで広告が表示されるようになるのです。

そしてこれらの「完全一致」と「フレーズ一致」、「部分一致」について弊社ではそれぞれで出稿したことがあるのですが、その結果基本的には「フレーズ一致」が最も効率的な広告出稿であると思います。

もちろん、「完全一致」や「部分一致」を利用しなくても良いという意味ではなく、Web制作を行ったばかりで、あまりグーグル広告が詳しくない場合は、「フレーズ一致」だけで出稿しても良いという意味になっております。

フレーズ一致で良い

フレーズ一致を利用

上記のように基本的には、キーワードの設定はすべて「フレーズ一致」で出稿することがオススメです。

弊社のグーグル広告においても基本的にはすべてをフレーズ一致で出稿しており、このフレーズ一致を利用することで、狙い通りのキーワードで上位表示が可能になっております。

さらには、このフレーズ一致においては、確かに意外なキーワードを発見することができませんが、しかし狙ったキーワードで出稿しておくことで、狙い通りの広告出稿が可能になっており、広告の費用対効果を考えると非常に効率的な集客対策となるのです。

そしてこのフレーズ一致での広告出稿においては確かに意外なキーワードの発見には利用することができませんが、しかしWeb制作後にSEOを行っている場合は、SEOで意外なキーワードを発見し、そしてそのキーワードの検索順位が上がっていない場合にグーグル広告を出稿することで御社のWeb制作は多くの見込み顧客を集客することが可能なのです。

そしてグーグル広告は基本的には広告費が必要になるので、1位表示しているキーワードでは除外キーワードに設定することで、無駄な広告費を払わないWeb運営が可能になります。

除外キーワードを選択

除外キーワード

グーグル広告では除外キーワードがあり、この除外キーワードをしっかりと設定していくことで、御社のホームページの成果は飛躍的に高まります。

弊社では実際にWeb制作時に、この除外キーワードまでをしっかりと説明することで、お客さまの集客対策を非常に費用対効果の高いものへと成長させております。

実際に弊社ではこの除外キーワードの設定を毎日しっかりと行っているのですが、この除外キーワードを設定することで無駄な広告費を飛躍的に抑えることが可能になっております。

例えば、【Web制作】と言うキーワードで出稿している場合、フレーズ一致で【Web制作 自分で】などのキーワードも広告が出稿されます。

そしてこの【Web制作 自分で】というキーワードを除外キーワードに設定することで、本当に成果の出るグーグル広告へと成長するのです。

集客効率が最大化

集客の効率化

Web制作を行った後、このグーグル広告に出稿することは本当に重要です。

ただしグーグル広告にはさまざまな対策が存在しているのですが、基本的には、上記のキーワード選定と、キーワードの設定を行うだけでもグーグル広告の成約率は飛躍的に高まります。

基本的にはただ広告費をかけてグーグル広告を出稿しているだけではまったく成果が出ることはありませんので、しっかりとどのキーワードで広告が表示されるのかを設定することで御社のWeb制作後の集約対策は成功いたします。

グーグル広告は確かに予算が必要になっているので、少しハードルは高くなるのですが、しっかりと行えば必ず成果が出るようになるため、月100,000円くらいの予算が取れる場合はしっかりと広告出稿を行うようにしましょう。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

ホームページ制作 大阪|株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績