大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

ランディングページの効果は高い

ランディングページ制作の効果

ランディングページとは、簡単に言うと広告用の1ページのホームページになっていて、例えばリスティング広告を出稿する際に、ランディングページを広告の入口ページに設定することが一般的な利用法になります。

このランディングページにおいては、実際に弊社がこれまでリスティング広告の運用代行やサポートを行ってきた限りで言うと、通常のホームページを入口ページに設定するよりも高い成約率のホームページになることが多く、広告を出稿される際には、可能であればランディングページ制作をオススメいたします。

ランディングページの制作費は、弊社のこれまでのWeb制作実績からは80万円前後が多くなっております。

ランディングページとは

ランディングページって何?

ランディングページとは、広告用の1ページのホームページのことを言います。

弊社がランディングページを制作する際には、基本的にはお問い合わせフォームなどもランディングページ用に制作するため、実際に1ページと言いながらも「ランディングページ」と「お問い合わせフォームページ」、「確認ページ」、「サンキューページ」と4ページの制作を行うことが一般的です。

そしてこのランディングページにおいては、基本的には通常のホームページよりも縦に長いページを制作することが多くあり、例えばWeb制作におけるトップページの5倍前後の長さで制作することが一般的です。

そしてホームページに掲載されている内容を1ページにまとめることが一般的で、しっかりと広告キーワードを検討して、そのキーワードで流入した人がそのページを見ただけでお問い合わせを行ってくれるかを考えながら制作することが重要になっています。

基本的には通常のWeb制作では、例えばトップページを見た人が、どのような内容に興味があるとしても、グローバルナビゲーションに実績や料金、サービスの詳細などのページへのリンクが配置されているため、そこまで気にする必要はないのですが、ランディングページでは、縦に長い1ページのホームページになるため、上から順番にそのページの情報を見たときに不自然ではなく自然とユーザーが説得されることを想定して制作するようにしなくてはならないのです。

ランディングページ制作のメリット

ランディングページのメリット

ランディングページを制作するメリットとしては、基本的には縦に長い1ページであるため、訪問者がリンクをクリックしてページ遷移を行わなくても良いと言うメリットがあります。

特にスマホを利用している場合は、このページの移動は非常に大変なものになっているので、ページ遷移を省くだけでも成約率を高めることが可能になります。

さらには、ランディングページは基本的にはSEOを考えなくても良いと言うメリットがあり、一般的なWeb制作においてSEOを考えなくて良いのは、非常に大きなメリットの一つであると言えます。

内容にもよるがnoindexを推奨

ランディングページにはnoindex

弊社のWeb制作においては、基本的にはランディングページにはnoindexを推奨しております。

その理由は、もちろんホームぺージの原稿や画像をそのままコピーするということは推奨しておりませんが、しかしランディングページに掲載している内容はほとんどが本体となるホームページと同じ内容になっているため、グーグルが嫌う類似コンテンツとして認識されてしまう恐れがあるためです。

基本的には、ランディングページは広告の入口と定め、それ以外の集客を本体のホームページと定めることがもっとも効果的であると思われ、ランディングページを制作すると1ページでも縦に長いため、本体のSEOに良い効果を与えたいと思うことが多いですが、実はSEOに悪影響になる可能性の方が高くなるので、noindexを付けて本体のホームページのSEOに悪影響を及ばさないようにすることが重要になっております。

広告の成果に大きな差が生まれる

広告の成果

弊社がこれまでリスティング広告の運用代行やサポートを行ってきた限りで言うと、ランディングページを制作している場合としていない場合では、その成果に大きな差が生まれると思います。

弊社のWeb制作実績の株式会社ライフディフェンスさまでは、コーポレートサイトを公開してリスティング広告を少し運用してからランディングページを公開されたのですが、ランディングページを公開してから一気にその成約率を高められております。

もちろんコーポレートサイトを入口にすることで成約率が0%になると言うことはありませんが、しかし広告には1クリック辺りの費用がかかるため、できる限り成約率を高めたほうが良いものになっているのです。

そしてこのランディングページの成約率は、通常のホームページよりも高い傾向があるので、リスティング広告を出稿される方は、しっかりとランディングページ制作を行うようにすることが重要になります。

ランディングページを制作しよう

ランディングページの制作

リスティング広告を行われる方は、必ずランディングページを制作したほうが良い結果を得ることが可能です。

ただし、ランディングページの制作は、弊社のWeb制作料金では、80万円前後の予算が必要になるので、必ず制作した方が良いと言うことはできませんが、リスティング広告に出稿当初はランディングページを制作していなくても、必ずどこかのタイミングでランディングページを制作することを推奨いたします。

このランディングページがあるとないでは、リスティング広告の成果は大きく異なるものになっているので、しっかりとランディングページをnoindexで制作し、制作が完了したら入口ページをランディングページに変更することで御社のリスティング広告の成果は大きく向上いたします。

弊社ではランディングページの制作も行っておりますので、もしランディングページ制作にご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績