大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

成果に繋がるサイト構成の考え方

成果の出るサイト構成作成法

Web制作会社から、ホームページの企画段階にサイト構成の提案があると思います。

このサイト構成については、なんとなくサービスページがあったり、スタッフブログがあったり、実績ページがあったりというように、他のホームページが掲載しているサイト構成で作成するだけでは成果に繋がるサイト構成になることはありません。

このサイト構成を検討する際には、それぞれのページの目的を具体的に定めることが重要になっており、目的が明確なサイト構成を作成することで、ホームページ全体の成果は飛躍的に高まるのです。

なんとなくのサイト構成は失敗する

なんとなくサイト構成を作成するのは失敗する

Web制作の際に、サイト構成をしっかりと定めているでしょうか。

サイト構成を、Web制作会社の提案のままホームページを作り始めることや、ほぼそのままライバルのホームページのサイト構成を自社のサイト構成にすることは実はあまり意味がないものになっており、本当に成果の出るサイト構成を作成するためには、Web制作の企画段階でしっかりとサイト構成にあるそれぞれのページを3つにカテゴライズすることが大切になっております。

弊社では、このカテゴライズを「ノウハウ系の記事」と「被リンク目的」、「成約目的」の3つに分類しており、「ノウハウ系の記事」と「被リンク目的」については、Web制作のご予算次第では共通させることも実際にございます。

このカテゴライズを行っていないホームページは、基本的にはWeb運営の中で本当に苦労する羽目になっており、例えばホームページの成果が出なかったときにWeb制作会社に相談をすると、ノウハウ系の記事を作成できるスタッフブログを制作しましょうや、自作自演で価値の高い被リンクを獲得しましょうなどと言われるため、初めからしっかりと3つのカテゴライズ作業を行っていくことが効率的なWeb制作になるのです。

では実際に「ノウハウ系の記事」と「被リンク目的」、「成約目的」の3つに分類についてご紹介をいたします。

ノウハウ系の記事

ノウハウブログ

ノウハウ系の記事は、最近の流行りで言うと、knowクエリの検索者を集客するためのページのことで、ユーザーの知りたいに応えることができるページのことを言います。

このknowクエリのページについては、基本的には弊社ではスタッフブログを制作して対応することが多く、当スタッフブログも基本的にはWeb制作に関するノウハウ系のページを作成して、nowクエリで検索を行うユーザーを検索エンジンから集客することを考えております。

ただし、現在のノウハウ系の記事については、年々SEOの難易度が高くなっていると思われ、ノウハウ系の記事を作成する際には、ユーザーの検索意図を検討すること、そのページがページタイトルに対して他のホームページよりも詳しいこと、さらには他社はもちろん、自社の他のページとグーグルが類似と見なさないことの3つのポイントがあります。

検索意図やもっとも詳しいことは、ページを作成する際に意識をしていればしっかりと行えるのですが、実は最後のグーグルが類似と見なさないことについては本当に難しいものになっており、スタッフブログの記事数が多ければ多いほど、どうしても類似箇所が増えてしまいます。

そのため、記事を作成する際には、基本的には類似しないように、ページごとにしっかりとユーザーニーズを考えることが大切で、例えば「Web制作 勉強法」で記事を作成する際には、「ホームページ制作 学習法」は確かにキーワードだけで言うと異なりますが、しかしユーザーが知りたい情報は共通しているため、これらのページをしっかりと1ページにまとめておくことで、類似が飛躍的に発生しづらくなるのです。

そして、ノウハウ系の記事作成においては、この3点を意識してページを作成し続けることによりSEO効果は最大化されていくため、本当に御社のSEOは成功するようになります。

また、実はこのノウハウ系の記事は、以下でご紹介する被リンク目的としても利用することが可能です。

確かに、このノウハウ系の記事で被リンクを獲得することは相当難しいですが、しかし質の高いページをしっかりと作成し続けていれば、必ず被リンク目的としても利用することが可能になるのです。

被リンク目的

被リンク

どのようなページを作成すれば被リンクが付きやすいかを検討して、被リンクが付きやすいページを作成いたします。

この被リンクが付きやすいページは、もちろんノウハウ系の記事でもいいのですが、実は時事ネタを日々アップするページなども非常に被リンクが付きやすいように思われます。

例えば、弊社のWeb制作実績にあるANA・JAL株主優待即納サービスにおいては、その時々でのニュースの情報を株主優待券の販売と絡めることができる場合は、その情報で新規記事ページを作成することで、そこまで多くはないですが、しっかりと被リンクの獲得に成功されております。

そしてもちろん、時事ネタ以外であっても問題がなく、被リンクが付きやすいコンテンツとしては、ユーザーの役に立つツールであったり、御社独自のオリジナル画像を配布するページなどが当たります。

このようにユーザーが被リンクしてくれやすいページをしっかりと作成することで、御社のホームページは被リンクに悩む必要がなくなり、本当に成果の出る被リンク対策とすることが可能なのです。

そして弊社が多くのホームページの運営をサポートしてきた限りで言うと、SEOで成果を出しているホームページにおいても、実は結構被リンク不足であることが多くあるので、Web制作時にこの被リンクが付きやすいページをしっかりと検討し、しっかりと作成していくことこそが、SEOにおいて重要になっていると思われます。

成約目的

成約

Web制作における成約目的のページは、基本的にはノウハウ系の記事から内部リンクを行うことで、ノウハウ系の記事に訪れた訪問者を成約目的のページへと誘導いたします。

この成約目的のページにおいては、お問い合わせページや資料請求ページではなく、基本的にはサービス詳細ページや製品詳細ページになっております。

そしてこれらのページは基本的にはそれほど原稿を必要としておらず、それよりも画像をふんだんに利用して、ユーザーに御社のサービスや製品情報を直観的に理解してもらうことの方が重要になっております。

そのため、成約目的のページについては、原稿をみっちり書くよりも、ユーザーの直観性を意識し、基本的にはノウハウ系の記事からの集客を考え、詳しい説明はノウハウ系の記事で行うことで本当にホームページの成果を最大化することができるのです。

Web制作においては、この成約ページをしっかりと定めることが大切になっており、この成約ページをしっかりと定めることで、Web制作の成果を最大化することができるのです。

サイトマップでカテゴリー分けを行おう

ページをカテゴリー分け

上記がWeb制作時に行う弊社のサイト構成の作成法になっております。

現在のホームページの成約について調べると、上記の考え方は、非常に多くの情報が出てくると思われますので、基本的には「ノウハウ系の記事」と「被リンク目的」、「成約目的」の3つをしっかりと検討して、その検討結果からページ作成を行うことが重要です。

現在のホームページにおいては、文字数が多いほうが有利という情報が多く広まっているため、多くの会社さまにおいて、すべてのページで豊富な文字数を書かれていることが多いですが、すべてのページで文字数が多いと、ホームページ全体でグーグルはブログ系のホームページであると認識してしまいますので、すべてのページで豊富な文字数を作成し続ける必要が出てしまい、中長期的なWeb運営にはあまり向いておりません。

そしてこれらの考え方は、ホームページがすでにある方であってもリニューアルを行わずに実施することが可能ですので、ぜひ一度、成果の出るWeb制作のために、自社のホームページのすべてのページで「ノウハウ系の記事」と「被リンク目的」、「成約目的」についてのカテゴリー分けを行ってみてはいかがでしょうか。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

ホームページ制作 大阪|株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績