HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

被リンクSEOは関連性への意識が重要

被リンクは関連性が大切

2022年6月現在においても、実は被リンクは効果があるにはあります。

しかし、現在のグーグルやヤフージャパン、マイクロソフトのビングなどの検索エンジンの評価は非常に厳しいものになっています。

では、どうすれば効果が出るかと言うと、最低限、被リンク元の関連性だけは意識するのが良いでしょう。

被リンクの効果

被リンクは非常に効果的なものになっています。

実際に、グーグルやヤフージャパン、マイクロソフトのビングは、ユーザーの検索キーワードに対して詳しいか人気があるかで上位表示を決定しています。

そして、人気が被リンクになっているのですが、着実に集めると、検索順位が着実に高まるのです。

そのため、ホームページを公開したら、被リンクを集めなくてはなりません。

基本的にはナチュラルリンク、すなわち自然に集まる被リンクを集めるのが重要です。

これらをしっかりと計画建てて行うことで、必ず御社のホームページの検索順位が高まるのです。

自演被リンクは難しい

現在の検索エンジンにおいては、被リンク対策が非常に難しくなっています。

その理由は、もともと被リンクはスパムとして利用されていました。

無作為にアメブロやライブドアブログなどの無料ブログを使って大量の対策を行っている企業サイトが本当に多くあったので、現在の検索エンジンは本当に厳重に精査を行っているのです。

そのため、もし自演で対策をしたとしても、すぐに検索エンジンに自演であることがばれてしまい、無効化されてしまうのです。

さらには過剰な対策を行っているとスパムであると認識されるので、マイナス評価になる可能性があります。

そのため、基本的には自演対策は、無効化またはマイナスであると認識することが現在のホームページ制作での提案になっています。

行うなら

しかし、だからと言って、放置していても増えないので、自分で増やそうと考える方は、以下ポイントを意識すると効果が出るかもしれません。

ただし、闇雲や過剰な被リンク対策は、スパムになる可能性があるので、外部サイトはまったく関係が無い人が運営していることを意識しましょう。

関連性を意識

制作したホームページと外部サイトの関連性が大切です。

この関連性は、グーグル自体の発言を見ると、サイトと発言をしていて、もしかすれば、ホームページのテーマの統一が必要になるかもしれません。

ただ、弊社ではホームページ全体ではなく、ページ同士のテーマでも良いと考えています。

その理由は、ホームページ全体となると、同業他社しか選択肢がなくなってしまうためです。

例えば、個人でブログ運営を行っている方であれば、ある程度のテーマは決めますが、しかしSEOを行っているとSEOに関する記事も作成することが多いでしょう。

しかしホームページのテーマはまったく別になっていて、SEOがテーマのページからの被リンクを無効化されてしまうと、まったく被リンクが機能していないことになります。

グーグル自体はサイトという表現を使っていますが、一応弊社ではページごとのテーマだと考えているので、もし行う際には自分で判断されるのが良いでしょう。

申し訳ありませんが、どちらが良いとはっきりとはお伝えしづらい内容で、ホームページ制作実績では、ページごととお伝えはしています。

質が大切

質の低いページからの被リンクは当然無効化されます。

特に質が低いページからばかりであると、スパムを疑われ、ペナルティーを課せられるリスクがあるので注意しなくてはなりません。

基本的には、ホームページの更新と同じように、しっかりと1ページ1ページをユーザーのことを考えていたら質が低いと認識されるケースは少ないと思われます。

そのため、闇雲にとにかく文字数を埋めるのではなく、丁寧なページ作成を心がけましょう。

まずは関連性だけを考えよう

現在の被リンクには、無効化される可能性が非常に高くなります。

そのため、今日初めていきなり効果的な対策は行うことはできないと思います。

何度もトライ&エラーを繰り返していくうちに、次第にノウハウが蓄積され、効果的な被リンクを行えるようになるのです。

ただ、ホームページ制作実績の企業さまにも提案していますが、その道のりは非常に長くなっています。

それらを理解して行われる場合は、まずは関連性だけを意識していくようにするのが良いでしょう。

グーグルは以前ツイッターで、被リンクは関連性が非常に大切と発言しています。

そのためこれから行われる方は、まずは最低限関連性を意識した対策を徹底して行いましょう。

もちろん、関連性だけではなく、質はリンクの張り方なども見ているようです。

これらについては、外部サイトを運営してみたり、本体サイトの検索順位を調査しながら調整するのが良いでしょう。

関連性のポイント

関連性を高めるためのポイントで提案する内容は、本体サイトと同テーマにすることです。

例えば無料ブログを開設する際には、本体サイトと同じテーマにしてしまえば、必ずテーマは統一化されます。

ただしその際に、注意点が1つあり、それは絶対に原稿をコピー&ペーストしないことです。

テーマが同じであっても作成日時が異なれば、コピペしていなければ、基本的には異なった日本語で作成が可能です。

もちろん内容は似てくるとは思いますが、それは問題がありません。

例えば御社の業種についてスタッフブログがあるホームページを二つ見比べてみます。

その時に、どのホームページも同じような内容を書いていないでしょうか?

このように同テーマの場合は、実は書いている内容自体は同じことを書いているのです。

違う点としては、コピぺしていないので、表現が大きく異なる点になっています。

そのため、同テーマでも問題はありませんが、しかし絶対にコピペだけは行わないようにしましょう。

コピペすると重複コンテンツとして、逆に検索順位を落としてしまう羽目になります。

この関連性については、最終判断は検索エンジンが行うため、非常に難しいですが、しっかりとサイト運営を継続していれば、正しい効果を得れると思われます。

自演提案は行わない

実際にホームページを制作後に提案する被リンク対策は、自演をするケースは無くなりました。

それは、検索エンジンが非常に厳しいためであり、自演で行うくらいであれば、ホームページ内の更新を行ったほうが効果を発揮します。

ただ、自演イコール効果がないということはなく、ツイッターなどでSEOで成功している方や企業を見ると、まだまだ自演でも対策を行っているようです。

ただし、自演と言っても被リンク元のホームページはしっかりと、サテライトサイトには見えないくらいの質の高さで制作されています。

さらには、サイト運営も定期的に行われているので、グーグル自体もこのような場合は評価をしているように思います。

ただしこれらを行うには、60万円程度の予算が必要になってしまいます。

そのため、これから行われる方は、まずは無料ブログなどを利用して、効果的な対策法を明確にしながら、本体サイトの検索順位を上げていくのがおすすめです。

そして実際に本体サイトが検索順位が上がる対策が明確になってからサテライトサイトを制作することで、費用を無駄に使うことなく成果を出せるようになります。

ホームページ制作ではナチュラルリンクを提案

では現在においてホームページ制作提案で行うのはナチュラルリンク提案です。

これは非常に難易度が高いのですが、ページを作成する際に被リンク元を想定して、記事を作成していきます。

例えば当ページであれば、関連性と被リンクについてです。

関連性と被リンクについて記事を書く人がどういう内容であれば、リンクを行ってくれるかを想定しながら原稿を作り上げていくことで、少なからず獲得が可能になります。

実際に弊社サイトのような、文章がそれほど上手くないホームページでもしっかりとテーマを定め原稿を書いていると多少なりとも被リンクが獲得できております。

ナチュラルリンクは無理だと考えるのではなく、まずは1年に1本は獲得を狙い、様子を見ながら調整を行うことで、ナチュラルリンクが多く集まるホームページへと成長するのです。

確かに非常に難しいですが、やったほうが良い対策ではあるので、しっかりと質の高いページ作成を行いリンク獲得を狙いましょう。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP