大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

カテゴリーページにnoindexは必要か

カテゴリーページのnoindex

弊社では、最近までSEOを考えたときに、カテゴリーページをnoindexにするかどうかで、かなり悩んでおりました。

カテゴリーページをnoindexにしてしまうと、カテゴリーページのタイトルで検索したときに、検索結果ページに表示されなくなることや、記事ページへの内部リンク数が減るため、ホームページ全体のSEO効果が下がってしまうようなイメージがあったのです。

そのため、弊社ではこのカテゴリーページにnoindexを行うべきかどうかはかなり悩んでいたのですが、現在はある1つのルールに基づいてnoindexを行うかどうかを判断しております。

カテゴリーページは検索者には不要

カテゴリーページをnoindexにするべきかで悩んだときに、最初に考えたのが、カテゴリーページをグーグルの検索結果に表示させたとして、その検索結果ページに表示されるリンクは本当に検索エンジンユーザにとって便利なものかどうかになっております。

例えば、弊社のスタッフブログのカテゴリーページであれば、Web制作・運営SEO・SEMソーシャルメディアアクセス解析などのカテゴリータイトルが並ぶので、これらのキーワードで上位表示が行えれば、確かに見込み顧客を集客することが可能になっております。

ただ、例えば【SEO SEM】で検索するユーザがいたときに、弊社のスタッフブログのカテゴリーページが1位に表示されたとして、そのページが記事一覧だったときに、それが本当に検索エンジンユーザにとって最良の入口ページであるかと言うと、決してそういうことはないと思います。

もし、弊社のSEOとして【SEO SEM】で検索するユーザが必要であれば、【SEO SEM】で検索したユーザが満足できるくらい質の高い記事を作成して、さらには不足情報は内部リンクを使って他の記事ページへと移動してもらったほうが、検索エンジンユーザにとって非常に有益なホームページではないかと考えました。

そのため、基本的には弊社のスタッフブログにおいては、カテゴリーページはnoindexにしており、もしカテゴリータイトルでの訪問者が必要な場合は、記事ページでしっかりと原稿を作成することが重要であると考えたのです。

インデックス未登録対策にもなる

そしてさらに、基本的には検索エンジンユーザに対してカテゴリーページを考えたときには、noindexが良いのではないかと思っているのですが、さらにもう一つnoindexを行った理由があり、それはグーグルサーチコンソールの「カバレッジ>除外>インデックス未登録」にカテゴリーページが非常に多く表示されていることになります。

このインデックス未登録は、グーグルが価値の低いページであると判断したページがリストアップされるものになっているのですが、もちろんカテゴリーページの1ページ目はインデックスされているのですが、2ページ目以降のページが大量にインデックス未登録として登録されております。

このインデックス未登録は、弊社のこれまでのWeb制作実績から言うと、ページ数が多いホームページであればあるほどこの数が増えるものになっていて、実際に弊社がWeb運営をサポートしている会社さまでも、400ページを超えているホームページでは、100ページくらいがリストアップされております。

そして実際に、弊社のお客さまはもちろん弊社のホームページのインデックス未登録を見てみると、大体30件くらいのカテゴリーページがインデックス未登録として表示されております。

そしてこのインデックス未登録対策として、弊社が考えるに、まずはそのインデックス未登録のページに対して内部リンク数を増やしたり、グーグルの検索結果ページに表示させる必要がないページをnoindexにしたりすることが大切で、これらを考えたときにスタッフブログ自体の2ページ目は内部リンクの関係からグーグルに認識してほしいページになるのですが、カテゴリーページは不要であると考えております。

無駄なページを認識させているために、他のページがインデックス未登録になってしまうことがあるので、カテゴリーページをnoindexとすることで、詳細ページはもちろんですが、ブログ自体の2ページ目以降がインデックスされる可能性が高まり、本当にSEOに強いWeb制作となる可能性が高まるのです。

内部リンク数が減るとインデックス未登録数が増える

そして実際にカテゴリーページをnoindexにする際に、1点だけ注意点があり、カテゴリーページをnoindexにすることで、肝心の記事ページへの内部リンクが1つ減るため、その内部リンク先のページがインデックス未登録にならないのかになっております。

これについては、確かになる可能性はあるのですが、しかしなったらなったでしっかりと内部リンクをそのページに送ることで解消することができると考えております。

基本的にはグーグル曰く、インデックス未登録の原因は、「記事の質が低い」と「内部リンクがない」のどちらかであると言っているため、内部リンクが1つ減ってインデックス未登録になったのであれば、新規記事を作成して、そこから内部リンクを行うことで、おそらく問題が解消されると思います。

基本的にはSEOはユーザのために行うものであり、もちろん短期で見れば、カテゴリーページのnoindexは、検索からの訪問者数が減少する可能性はありますが、しかし中長期的に見たときには、必ずnoindexの方が良い結果を得ることができると思われますので、弊社では弊社のホームページはもちろん、お客さまのWeb制作でもカテゴリーページのnoindexを推奨しております。

Web制作実績や新着情報のカテゴリーは別

上記はすべてスタッフブログの話になっており、実はこのカテゴリーページは、Web制作実績や新着情報などにも存在しております。

例えば、Web制作実績であれば「ネットショップ|大阪のWeb制作会社セブンデザイン」のページがあり、新着情報であれば、「2021年|大阪のWeb制作会社セブンデザイン」のページがあります。

実はこれらのページはnoindexにしていないのですが、その理由は、【ネットショップ制作実績 大阪】や【2021年新着情報 セブンデザイン】などで検索したユーザに該当のページへと訪問して欲しいと考えたためです。

もちろん、2021年7月段階ではこれらのページに対してnoindexをしておりませんが、今後検索順位を見ながらnoindexを行う可能性は0ではありません

そのため、カテゴリーのnoindexについて調べられている方は、どのカテゴリーをnoindexしたいかを再度確認して、そのページをnoindexしたとしても、検索エンジンユーザが不便にならないかどうかで判断を行うことが重要になるのです。

カテゴリーページのnoindexはホームページによってさまざま

上記のように、基本的にはカテゴリーページのnoindexについては、検索エンジンユーザと御社のホームページの状態から判断する必要があります。

そのため、一概にカテゴリーページはnoindexにすれば良いと言えるものではなく、それぞれのホームページの構成次第では不要であるや必要であると判断をしなくてはならないのです。

そしてこのnoindexについては、例えばWeb制作時は必要だったけど、運営してみて不要かもしれないと考え方が変わることもあるのですが、その時にはカテゴリーページのnoindexのON・OFFを変更してみると良いでしょう。

noindexをしたときのSEO効果

最後に、弊社のホームページのカテゴリーページをnoindexにしてみた結果をご紹介いたします。

noindexを行うことで、まずグーグルの認識ページ数は激減したと言わざるを得ず、実際に70ページほどがnoindexになっております。

ただ、その効果としては、一切検索順位が動いておらず、何の効果もない対策となっておりました。

ただし、これからどんどんスタッフブログを運営していくことを考えていくと、最悪のケース重複コンテンツと認識される恐れもあるので、今のうちにカテゴリーページのnoindexを行っていくことで、数年後のSEO効果に影響があるかもしれないと考えております。

このnoindexは大幅にページ数が下がる可能性があるのですが、しかし一度noindexを行ってみて、効果が激減した場合はすぐに戻せばおそらく検索順位は戻ると思われますので、もし本当に不要だと判断をされる場合は、noindexを行ってみてはいかがでしょうか。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績