大阪のホームページ制作会社

ホームページ制作やSEO対策を提供する大阪のセブンデザインが運営するスタッフブログ

サービス
2016/2/13

リスティング広告で成果が出ない

リスティング広告は、訪問者の集客対策として、非常に即効性が高く、また成約率の高い手法になります。

そのため、多くの企業様では、ホームページを新規制作、またはリニューアル後にリスティング広告の出稿を行われておりますが、期待通りの成果を得ることができている企業様は少ないように思います。

リスティング広告で成果を出すためには、とにかく広告予算を上げれば良いということはなく、検索エンジンユーザに対して広告文言とランディングページ(入口ページ)を最適化していくことが重要になります。

そこで今回は、リスティング広告で期待通りに成果が出ていないとお悩みの企業様向けに、リスティング広告で成果を出すための弊社サービスをご紹介いたします。

リスティング広告とは

リスティング広告とは、ヤフーやグーグルの検索結果ページに表示されるクリック課金型の広告のことを言い、非常に費用対効果の高い広告であると言われています。

リスティング広告が費用対効果が高いと言われている理由は、広告を出稿する際に、出稿する検索ワードごとに対して、広告タイトルと広告の説明文、ランディングページを設定することができるため、検索エンジンユーザのニーズに対して、広告の最適化を行うことが可能であるためになります。

そのため、リスティング広告で成果を出すためには、広告の最適化が必要になり、検索ワードごとに最適な文言とランディングページを作成しなくてはならず、闇雲に出稿していると予算ばかりが掛かってしまう広告となってしまうため注意が必要です。

リスティング広告で成果を出すために

リスティング広告で成果を出すために、知っておきたいポイントをご紹介いたします。

ユーザ目線の広告出稿

リスティング広告を出稿する際には、実際のそのキーワードで検索するユーザが、どういった課題や悩みを持っているのかを検討することが重要です。

検索ワードごとにユーザの悩みや課題を知ることができれば、それらのユーザに対してどういった広告文言を表示し、またどのようなランディングページへ誘導することで成果に繋がるかを検討することが可能になります。

また、例えば【ホームページ制作 大阪】のキーワードで出稿する際に、「日本企業のウェブサイト作成は行うが、外資系企業のwebサイト構築は行わない」などの業務範囲が限定的な場合は、広告のタイトルか説明文にそのことを記載し、見込み顧客ではないユーザに広告をクリックさせない対策も重要になります。

品質スコア・品質インデックスを高める

リスティング広告には、アドワーズ(グーグル)では品質スコア、オーバーチュア(ヤフージャパン)では品質インデックスと言われる広告の品質を示すデータがあります。

このデータは、リスティング広告の掲載順位を決定する上で非常に重要な指標になっており、品質が高ければ、クリック単価が低くとも上位に表示させることが可能です。

そのため、出稿しているすべてのキーワードで品質を高める必要があり、品質は、「検索ワードと広告タイトルの関連性」と、「広告のクリック率」、「ランディングページの品質」などから判断されるため、キーワードごとに広告タイトルとランディングページを最適化していかなくてはなりません。

広告グループを細かく分ける

リスティング広告は、広告グループごとに検索ワードと説明文、ランディングページを設定することが可能です。

そのため、リスティング広告を出稿する際には、手間はかかりますが、キーワードごとに広告グループを設定することが重要になります。

その理由は、上記の品質スコアを高める目的になり、例えば【ホームページ制作 大阪】と【ウェブサイト構築 神戸】を同じ広告グループとして設定していた場合に、【ホームページ制作 大阪】の品質スコアが7で【ウェブサイト構築 神戸】の品質スコアが4だったとします。

この場合、【ホームページ制作 大阪】をそのまま現状維持にし、【ウェブサイト構築 神戸】の品質スコアを高めなくてはなりませんが、同じ広告グループであるため、【ウェブサイト構築 神戸】だけを改定するためには、別の広告グループに登録しなおさなくてはなりません。

そのため、非常に多くのキーワードで広告出稿を行うとき以外は、キーワードごとに広告グループを設定しておくことで、広告出稿当初から費用対効果の高いリスティング広告とすることが可能です。

効果分析と改善を行う

リスティング広告は、クリック課金型の広告になるため、アクセス解析のデータを活用し、広告タイトルと説明文、ランディングページの改善を行わなくてはなりません。

広告タイトルやランディングページを改善しなくては、いつまでたっても広告の成果を高めることができないため、費用対効果の最大化を行うことはできません。

そのため、リスティング広告を出稿する際には、必ずアクセス解析をなどの分析ツールを導入し、広告キーワードごとの問題点の発見と改善を行わなくてはなりません。

弊社サービスのご紹介

弊社で行うリスティング広告の成果向上対策をご紹介いたします。

ランディングページ制作

優先順位の高いキーワードを中心に、ランディングページを作成いたします。

ランディングページを作成することで、キーワードごとに最適化されたランディングページを設定することが可能になり、リスティング広告の成約率を飛躍的に高めることが可能になります。

また、ランディングページを作成することで、品質スコアも大きく向上させることが可能になるため、費用対効果も大きく向上させることが可能です。

ランディングページ制作サービスはこちら

リスティング広告の改善

弊社では、少ないキーワードで出稿されている企業様向けに、リスティング広告の改善も行っております。

現状のリスティング広告の問題点を明確にし、それらを改善するためのご提案をいたします。

もちろんキーワード数が多い企業様であれば、リスティング広告の運用代行も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

このページのトップへ