大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

リスティング広告で成果を出すために

リスティング広告で成果を出す

2021年現在、リスティング広告を利用されているお客さまは、比較的多いように思われます。

その理由は、現在のSEOは非常に難しいものになっていて、SEOに大切だと言われているE-A-T対策やページ作成などをしっかりと行っていたとしても、実は検索順位が落ちるときは落ちるためであり、そのリスク回避としてリスティング広告を始められるお客様が増えております。

そしてこのリスティング広告は、ただ広告を出稿すれば良いというものではなく、広告費がかかるため、しっかりとリスティング広告による集客数と成約率を考える、すなわち費用対効果を高める必要があるのです。

リスティング広告とは

リスティング広告とは、グーグルやヤフーなどの検索結果ページに表示される広告枠のことを言います。

この広告枠に出稿することで、SEOで成果が出ていない検索キーワードでの集客が可能になっているので、労力をほとんど使わずに、効率良く見込み顧客の集客が可能になります。

ただ、リスティング広告はあくまで広告枠になるので、出稿することに広告費が必要になっており、一般的にリスティング広告はクリック課金型広告と言われ、ユーザが広告をクリック課金されるものになっております。

もちろん、この1クリックあたりの料金については、自分で設定ができるのですが、リスティング広告においては、料金を上げれば上位表示が可能ということはありません

もちろん料金も上位表示の要因の1つにはなりますが、検索キーワードと広告の関連性や、広告タイトルと説明文、入口ページの関連性、広告クリック率などから広告のランキングが決定しているので、順位が低い場合に、単純に1クリックあたりの料金を上げるのではなく、全体の見直しを行うことが大切になってきます。

このリスティング広告は、現在のSEOは非常に難しいものになっているので、できれば出稿されたほうが良いものになっており、集客数と成約数、そして広告費を考えた広告出稿を検討されることが重要になります。

ユーザ目線の広告

では実際にリスティング広告の出稿を行う際に、管理画面で設定できるのは、大まかに言うと「出稿する検索キーワード」と「広告タイトル」、「広告説明文」、「入口ページ」の4点になっております。

そしてこれらの4つの項目を設定する際に、必ず意識したいのが、「その広告を閲覧するユーザのために」という点になっております。

もちろん、広告がクリックされなければ、料金はかかりませんが、広告を出稿した目的は、その広告をクリックしてもらい訪問者を集客し、そしてそれらのユーザがお問い合わせを行ってくれることになっております。

そのため、この4点を作成する際には、実際に出稿する検索キーワードを設定する際に、そのキーワードで検索をしてみて、どのようなタイトルや説明文の広告が表示されるのか、そして入口ページはどこに設定しているのかなど、細かく競合他社のリスティング広告を分析することが大切です。

これらをしっかりと行うことで、検索キーワードごとに最適な「広告タイトル」と「広告説明文」、「入口ページ」を設定することが可能になり、本当に効果の出る広告とすることが可能なのです。

継続した改善

リスティング広告の出稿は、最初に設定した広告文言のまま運用を行うよりも、半月に1度や1ヶ月に1度、それぞれの広告のクリック率や成約率を確認して、出稿キーワードの変更やタイトル、説明文の変更を行うことが大切です。

リスティング広告出稿当初はどんなに優れたタイトルや説明文だと思っても、それはあくまで御社の考え方であり、ユーザの考え方とは異なります。

そのため、実際に広告の成果を確認し、タイトルや説明文、出稿キーワードの調整を行うことで、その広告は本当に効果的なものになり、御社の期待を超える成果を出せるようになるのです。

弊社がこれまでこのリスティング広告運用をサポートしてきた結果から言うと、広告費が月に50,000円以下や、出稿キーワード数が極端に少ない場合は、リスティング広告運用代行会社を利用するよりも、運用代行費が広告費の20%もかかるため、自社でリスティング広告の運用を行ったほうが効果的であると思います。

必要ならランディングページ制作も

そしてあくまでリスティング広告は、人を集めるための施策になっており、広告をクリックした後の行動、すなわち成約率はホームページの質になっております。

そしてこの質を高めるためには、ランディングページ制作を行ったほうが良いこともあり、このリスティング広告の入口ページ用として、ランディングページを制作することで、広告の費用対効果を最大化することが可能です。

ランディングページとは一般論としては、縦に長い1ページのホームページになっており、これらはユーザが知りたい情報を閲覧する際に、リンクをクリックせずに、ページを下にスライドするだけで、御社のサービスや商品のすべてを理解することが可能になります。

なぜ縦に長いページの方が成約率が高くなるかと言うと、まずランディングページはSEOは関係がないため、無理にページを制作する必要はありません。

そして縦に長くすることで、ユーザがリンクをクリックせずに御社が定めた順番で受動的に情報を閲覧することが可能になるので、通常のホームページよりも成約率が高くなるのです。

一般的には、Web制作においては、SEOがどうしても関係してしまったり、ソーシャルメディアが関係してくるので、このような縦に長い1ページのホームページは実現することが難しいですが、ランディングページであればSEOがまったく関係がないので、1ページのWeb制作でも十分対応ができるのです。

そのため、リスティング広告のクリック率は高いけれども成約率が低い場合は、しっかりとランディングページを制作して、リスティング広告の成約率を向上させることが重要になります。

このランディングページについて、イメージが付きづらい場合は、弊社のWeb制作実績の「ランディングページの実績」ページをご覧いただければ、実際のランディングページへのリンクを掲載しております。

最適化されたリスティング広告は非常に効果的

現在のWeb制作では、できればリスティング広告を行っていただきたいものになっております。

その理由はSEOに依存することはもちろん悪いことではないのですが、しかしグーグルは1年に3,4回コアアップデートと呼ばれる検索順位を決定するルールの変更をしているため、ずっと上位表示を行い続けることが、本当に難しくなっております。

そして上がっているうちは良いのですが、SEOに依存しているホームページが下がったときには、ホームページの成果数にも影響するものになっているので、一気にお問い合わせがなくなるホームページとなるリスクがあるのです。

確かにリスティング広告は多少の予算が必要になっておりますが、リスティング広告を行うことで、SEOに依存しない本当に成果の出るホームページとなるのです。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績