サイト作成の成果を追求 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

ロングテールSEOの重要性

ロングテールSEOとは

ロングテールSEOという言葉をご存知でしょうか。

ロングテールとは、弊社のホームページ制作では、必ず導入すべき考え方で、トップのように比較的難易度の高いキーワードで上位表示を行うのではなく、下層で2語以上のフレーズで上位表示を狙うのを言い、実施すればで、下層に新規作成で、多くの見込み顧客を集客が可能です。

そしてさらには、それほど作業を行うのが不要で、実はWeb運営を行う際に考慮は非常に大切になります。

訪問者対策やこれからホームページ制作を行われる方は、ぜひご一読ください。

ロングテールとは

ロングテールって何?

ロングテールとは、トップで比較的に難易度の高いキーワードで上位表示させるのではなく、検索回数は少ないけれども、ライバルもあまり力を入れていないキーワードで上位表示を狙えば、作業量を大幅に減らせれる非常にコストパフォーマンスが高くなります。

そして現在のホームページ制作においては、コンテンツSEOが主流であると言われてますが、しかしまだまだロングテールを実施される会社さまの方が多いように思われ、実際に弊社でも指針としています。

そして、月間に1回しか訪問されないような上位表示キーワード数が増えれば増えるほど、より多くの見込み顧客を集客できる、さらには現在では作成ページとトップのキーワードに関連性を持たせるで、自然とトップの効果も高めれます。

このように現在ではロングテールをベースが一般的に最も効率が良いと思われ、実際に弊社のホームページはもちろんですが、弊社のホームページ制作実績の会社さまでも、この考え方を生かしたページ作成で成功してます。

何が違うのか

違い

では、最近流行りのコンテンツSEOとどのような点が違うかというと、基本的には変わらず、2語以上のフレーズで実施しますが、このコンテンツSEOでは上位表示キーワードを定めるための調査が必要であったり、検索意図を考えて、本当にユーザーがお問い合わせを行いたいページを作成が重要です。

たしかに、コンテンツSEOで成功くらい質の高いページを作成できる方であれば、おすすめですが、しかし実際には、企業のホームページ制作・運営担当者さまは、作成のために、それほど多くの時間を割けないが一般的です。

そしてさらにはコンテンツSEOにおいてはリライトが必須も問題であり、実際に弊社のホームページ制作では、サポートすると、新規作成だけで手いっぱいが大半なのです。

そのため、確かにコンテンツSEOは効果的ですが、成果を出すというのは現実的に時間的な問題から難しく、弊社ではロングテールこそが重要であると、ホームページ制作実績の会社さまに提案をしてます。

新規作成とドメインパワー

新規作成とドメインパワー

ロングテールは基本的には、新規作成を毎日行っていただく、そして定期的に被リンク数を増やしていただき、ドメインパワーの向上なります。

基本的には、トップや主要なサービスを上げるのではなく、もっと難易度の低いページを上位表示させるので、ホームページ制作時に、スタッフブログなどの自由にページに情報が公開できるコンテンツを作成し、そしてそのタイトルに対して、詳しいページで成功します。

単にページ作成だけでは成果を出せなく、被リンク対策を行ってそのホームページ自体のドメインパワーを高めるのも重要です。

基本的にはキーワード難易度が低い場合は、新規作成だけでも上位表示も可能ですが、しかし大半のキーワードではいくらニッチなキーワードであったとしてもドメインパワーが無いと1位表示されるのは非常に稀であると思われますので、ホームページ制作が終わったら、被リンク数を増やすための対策を継続して行い続ける必要があるのです。

この被リンクは、例えばトップが上位表示を行いたいとしても、基本的には割合は存在しませんが、トップを2としたら下層は8くらいの割合で被リンクを集めるのが重要で、この割合くらいで被リンク数を増やし続ければ御社のロングテールは成功します。

絶対に行てはならないのが、トップへの被リンクの集中砲火になり、トップにだけ被リンク対策を行うホームページは、仮に検索順位が上がり続けていたとしても、ある日突然大きく検索順位を落としてしまう可能性があるので、ロングテールを行う場合はしっかりと下層の被リンク対策を継続が重要です。

正しい手法は成果が出る

成果を出す

現在の弊社のホームページ制作提案では、基本的にはロングテールを提案してます。

その理由は、弊社の実績の会社さまのホームページの更新担当者さまは、基本的には専属ではなく兼任なためであり、兼任だとどうしてもコンテンツSEOを行うほどの時間をかけれないのです。

もちろん、時間がある方はコンテンツSEOをしっかりと行うのは重要ですが、時間がない場合は、ロングテールを採用し、とにかくタイトルに対して詳しいページを作成注力しましょう。

そして、さらには、作成以外にも、被リンク数を増やせば、御社のロングテールは飛躍的に効果を発揮が可能になり、期待以上の効果へと成長させれます。

集客対策やこれからホームページ制作をご検討の方は、ぜひ当記事をご覧の上、実践されてみてはいかがでしょうか。

当ページは株式会社セブンデザインが作成しています。
当記事についてやサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メール

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP