サイト作成ならSevenDesign 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

下層ページSEO

下層SEO

現在のSEOでは、ユーザーのためのコンテンツ作成を行えば自然と上位表示が可能と言われています。

しかし、弊社がこれまで数多くの会社のホームページを制作を提供し、集客対策を行ってきた限りで言うと、トップと下層で実はSEO施策法が異なっていると思っていて、それぞれに最適化ができて、初めてトップも下層も上位表示が実現されます。

では、具体的にどのように行えば良いかをご紹介します。

もちろん、下層においては、ホームページの制作法も影響を与えていると思いますが、最低限として更新可能コンテンツがあれば実施が可能です。

ホームページを制作時に

ホームページ制作時

下層SEOについては、実はホームページの制作法も重要な要素の一つです。

例えば、下層のタイトルに対して、検索エンジンに重要であると示せるhタグを利用したり、検索エンジンから高く評価される更新が可能なコンテンツを制作したりと、基本的には検索エンジンから集客を行うのであれば、一般的に言われている対策はしっかりとホームページを制作時から検討しなくてはなりません。

そしてこれらを徹底して行えば、もちろん、運営は必須ですが、必ず検索エンジンから高く評価され、下層SEOは成功します。

もちろん、最近のホームページ制作では、実はこれらは標準的に行われるので、大半の会社では、ここに記載された内容はそれほど関係が無いかもしれませんが、念のため、Hタグ利用法と検索エンジンが評価するような更新可能コンテンツがあるか確認をしましょう。

原稿作成時に

原稿作成

ホームページを制作前に上記内容に問題がなければ、実際に運営を開始します。

いきなり原稿を書き始めるのではなく、まずはそれぞれのページで固有の上位表示キーワードを定めましょう。

その理由は、カニバリゼーションと言う類似対策で、検索エンジンは類似を極端に嫌ってくるため、上位表示キーワードを定めて、類似が発生しないようにします。

そしてキーワードが定まれば、実際にタイトル作成を行うのですが、このときに、タイトルはできる限り短い方が良いでしょう。

グーグルはタイトルすべてを認識しておらず、あまりに長い場合は、後ろから削られてしまうので、できる限り短く、そして上位表示キーワードを含み、さらには検索結果ページに表示されるので、分かりやすい内容で用意すれば必ず効果的なタイトルになります。

そしてタイトルができれば、最後に原稿を書き始めますが、このときにまず基本としては、以下を考えます。

  • もっとも詳しい
  • 読みやすい
  • 理解しやすい

この3点は非常に大切で、特に大切になのが、もっとも詳しいになります。

例えば、従来、原稿と言えば、文字数が大切であると言われていて、とにかく多い文字数を記述する必要があると言われていましたが、現在ではそれほど多い文字数が必要ありません。

ただし、必要がないと言っても、例えばノウハウを公開したスタッフブログであれば、実際にそれほど文字数は意識していませんが、詳しく内容を書こうとしたら大体2,000文字前後は書けると思います。

実際に2,000文字は無理だと思われたら、ホームページを制作したプラシアでは、トップと下層で非常に高いSEO効果を得ているのですが、スタッフブログに実績を公開し、大体文字数としては、1,000文字程度になっていますが効果を発揮しています。

このように基本的には、ホームページを制作時に、Webサイト制作会社がしっかりとこのあたりを定めた提案をしてくれていると思いますが、文字数を書けば良いではなく、ユーザーのためになる文字数であれば、1,000文字であろうが2,000文字であろうが上位表示が実現できると理解をしなくてはなりません。

これが弊社がホームページを制作したらお客さまに提案をしている内容になり、これらをしっかりと行えば必ず検索順位は向上します。

内部リンクが重要

内部リンク

原稿を制作したら、次は内部リンクを設置しましょう。

基本的にはホームページを制作時には、しっかりとユーザーと検索エンジンを考えて、設置はしてくれていると思いますが、本文内にも設置すればより効果を発揮します。

例えば、スタッフブログで原稿を書いていて、上位表示したいページがある場合は、そのページに向けての内部リンクを徹底して増やすようにします。

内部リンクには、もちろんユーザーを誘導する効果がありますが、しかし実は検索エンジンに対して、リンク先ページが重要であると伝える効果もあり、もちろん数が多ければ良いことはないですが、しかし本当にユーザーのためになる内部リンクであれば、リンク先ページを上位表示させれます。

そのため、記事ができたらしっかりと内部リンクを設置しなくてはならず、この内部リンクが適切であると、一気に検索順位を高めれます。

ただし、この内部リンクは当ページのテーマではないですが、トップへ行うのはあまり効果がなく、下層から下層へとしっかりと行わなくてはなりません。

過剰なキーワード利用

過剰なキーワード

実際にご依頼をいただいたら、ちょくちょくあるケースで、過剰にキーワードを利用しているページが多いと、グーグルからスパムであると考えられてしまいます。

そしてスパムと認識されると、どんなに頑張っていても、まったく検索順位が上がらないので、必ず過剰な利用はやめましょう。

この際に大切なのが、例えば、当ページであれば、【下層 SEO】が重要なキーワードですが、実はこのキーワードではなくまったく関係が無いキーワードを利用しているケースが多くあります。

この過剰なキーワード利用については、もちろんホームページを制作時には、説明をしているのですが、実際に運営はそこまで時間が取れない会社が大半で、意識をしていても利用してしまうケースがあるようで、その場合はツールなどを利用して、キーワード出現頻度を確認してから投稿をしましょう。

実際にキーワード比率はSEOに関係が無いと言われていて、弊社でもそう思い、ホームページを制作したお客さまには提案をしていますが、過剰な利用はマイナスになるので、それだけを考えたキーワード出現頻度にしなくてはなりません。

過剰に利用していた場合は、削ってから公開を行うのがおすすめで、検索エンジンは、単純に文言を削除くらいでは、検索順位が変わる例はなく、しっかりと全文を公開前にキーワード出現頻度を下げる、すでに公開してしまっている場合は、全文をリライトがおすすめです。

被リンクの考え方

被リンク

最後に被リンクについてですが、この被リンクは無理に増やす必要はないと思います。

その理由は、検索エンジンは、確かに被リンクがあったほうが上がりやすいとは思いますが、しかし多くの業種では被リンクがなくても上位表示ができています。

そのため、基本的には、ホームページを制作したらグーグルサーチコンソールから、URL検査とXMLサイトマップ送信の2点を行い、情報収集プログラムに訪問をしてもらうだけで多くのホームページ制作実績で下層SEOを成功へと導いてきました。

ただし、運営を行っていて、原稿自体に問題がない、そしてライバルが非常に強い場合は、被リンク提案を行うケースもあります。

そして基本は、自然に集まる被リンクが重要で、この自然に集まる被リンクは、とにかくコンテンツの質をユーザーに対して高める必要があります。

下層の効果

下層SEOの効果

最後に、下層SEOにおける効果をご紹介します。

これは弊社の例ですが、2021年6月3日グーグルコアアルゴリズムアップデートに被弾をして、検索順位を大きく落としてしまいました。

しかし、実はもともとはトップの流入数が少なかった、さらには下層が被弾していなかったので、現在でも非常に多くの訪問者数を獲得していて、大体ですが200から300人程度の訪問者数を下層で集客しています。

そして行っている内容としては、上記の内容だけになっていて、さらに言えば、その内容を継続して2年ほど行い続けています。

このように下層のSEOは確かに訪問者数を向上させるのに非常に良い対策になっていて、現在訪問者数でお悩みあるいは下層を上げたいとお考えの方はぜひ上記施策を試されてみてはいかがでしょうか。

実際にホームページを制作した会社では、上記を理解し、そして継続して行うことで、これまでほとんどパソコンを触ったことがない方でも、上位表示ができているので、ほぼすべての会社が行える対策であると思います。

当ページは株式会社セブンデザインが作成しています。
当記事についてやサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メール

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP