HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

成果は欲しいけどホームページ制作予算が少ない

成果とホームページ制作予算

成果は欲しいけど、ホームページ制作予算が少ないというのは稀に耳にします。

実際に、成果を出すとなると、当社のこれまでの経験で言うと、100万円前後は予算が必要になっていると思います。

では、初期費用で100万円がないと成果を出すのを諦める必要があるかと言うと決してそうではありません。

成果の出るホームページ制作料金

成果の出るホームページ制作料金

成果の出るホームページ制作は、これまでの当社の経験上、100万円前後の業者が多くなっています。

実際に、当社も成果の出るホームページ制作を提供していて、大体100万円前後のお見積書が多くなっています。

また、受注ができたクライアントに、「競合他社はどれくらいの価格だったかと聞くと、大体どこも似たような費用になっていた」と言われています。

そのため、成果を追求した場合は、初期費用で100万円が一つの目安になる予算だと思います。

ただし、成果を出すと言っても、実は公開しただけでは成果を出せません。

基本的には、成果を出す仕組みを構築するの方が適切な表現になっていて、実際に成果を向上させるのはお客さまが行うサイト運営になっています。

ではなぜ、成果の出る仕組みだけでこれほどの予算が必要になってくるかと言うと、主にSEOになっています。

昨今では、SEOが必須になったと言っても過言ではありません。

そして、そこまで真剣に取り組んでいない企業であったとしても、最低限SEOは実施したほうが良いでしょう。

このSEOを実施するには、サイトマップの作成やウェブデザイン性、コーディングで手間のかかる作業が発生します。

もちろん、それらを効率化した上での見積りになってはいますが、それでもそこそこの予算が必要になります。

さらには、成果を考えた場合に、作成すべきページ数がシンプルなケースと比べて多くなってしまいます。

例えば、サービスページを1ページにするか、1つのサービスごとに詳細ページを持たせるかで言えば、1サービスに1ページの方がSEO効果が高くなります。

そのため、成果を出すには、SEOが必要で、SEOにはそれなりのボリュームが必要であり、料金が高くなってしまう傾向があります。

しかし、成果が欲しいけど予算が少ない場合でも対応できる方法は実際に存在しています。

具体的な対策

対策

具体的に成果を出したいけど、予算が少ないホームページ制作の対策法をご紹介します。

助成金の活用

まずホームページ制作で活用できる助成金がいくつかあります。

これらの助成金を使うことで、大きく予算を下げることが可能です。

ただし、助成金を申請イコール必ず通るではありません。

基本的には、採択が存在していて、必ず利用ができると考えないようにしましょう。

実際に、案件が進んでから助成金を利用すると言われて支払いを待ってくれと言われるケースもあります。

お待ちはいたしますが、かなり当社としては痛いご相談になっているので、助成金利用の場合は予めお教えいただけましたら幸いです。

シングルページとスタッフブログ

シングルページとは、縦に長い1ページを言い、シングルページとスタッフブログ作成を行うだけであれば、かなり予算を抑えることが可能です。

実際に当社のこれまでの経験で言えば、60万円前後での対応が可能になっています。

もちろん成果を出すことは可能で、スタッフブログをしっかりと更新いただければ、SEO効果を出せるようになっています。

ただし、あくまでシングルページになっているので、すべての情報が乗せれない分しっかりとSEOで成果を出さなければならないと理解をしてサイト運営を行う必要があります。

シングルページとソーシャルメディア

シングルページとソーシャルメディアを利用します。

上記はSEOですが、こちらはソーシャルメディアになっています。

スタッフブログがない分、予算を抑えることが可能です。

ソーシャルメディアでは、ツイッターとフェイスブック、インスタグラムから見込み顧客が利用しているソーシャルメディアを選択します。

さらには、ラインやグーグルビジネスプロフィールを活用して、さらに多くのユーザーを集客できる対策を行っていきます。

最近はあまり聞かなくなりましたが、その他ソーシャルメディアにミクシーがあります。

ただ、こちらについては、本当にもう10年くらい提案をしておりませんので、無視で構わないと思います。

実際に、ソーシャルメディアとスタッフブログでサイト運営量はほとんど変わらないケースが多くなっています。

効果測定は必須

効果測定

ホームページ制作予算が少ない場合に成果を出そうとすると、効果測定は必須になっています。

効果測定では、SEOであれば、グーグルサーチコンソールとグーグルアナリティクス、ビングウェブマスターツールを利用します。

ソーシャルメディアでは、グーグルアナリティクスとソーシャルメディア内の分析ツールを活用します。

一般的なホームページ制作でも必要ではありますが、シングルページでは必須になっていて、必ず効果測定を行い、1人でも多くの見込み顧客が成果に繋がるようにしましょう。

そして売上に応じて、シングルページから少しずつコンテンツを追加していくことが大切になっていて、早い段階で脱シングルページを狙う必要があります。

この効果測定は、単発で行ってはなりません。

基本的にはPlan(プラン)を立てて、Do(実行)し、Check(効果測定)を行い、Action(改善)を行う必要があります。

上記の頭文字を取り、PDCAサイクルと言うのですが、このサイクルを最低でも1年単位で回すようにしましょう。

ちなみにですが、1回転は多くのクライアントでは、4ヶ月であるケースがもっとも多いです。

そのため、年に3回転を行い、ホームページが抱える問題点を潰しながら成約率を高めることで、期待以上の成果を出せるようになります。

通常のホームページよりもコンテンツ量が少ないというデメリットを明確に理解し、効果測定の結果からしっかりと改善を行えば、期待以上の成果を出せるように成長します。

ホームページ制作予算が少なくても

ホームページ制作予算が少ない

当社はホームページ制作予算がない場合でも成果を出すために対策を実施しています。

もちろん、対策を実施していると言っても、60万円未満の予算しかないと少し厳しいかもしれません。

ただ、予算はクライアントによってさまざまですので、できる限り低予算であるべきだと考えております。

ホームページ制作は先行投資になるため、成果が本当に出るのかと不安に思われるかもしれません。

ただ、当社のこれまでの実績から言えば、適切にサイト運営を行っていただければ、シングルページであっても成果を出すことは可能です。

ただ、現状では助成金サポートは行っておらず、商工会議所などにクライアント自身でご相談をいただいております。

ホームページ制作予算が少なくても成果を出すことは可能です。

そのため、あきらめずにしっかりと検討をして、対応されるのをおすすめします。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP