HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

低品質で不自然な被リンクとは?ホームぺージ制作に不要

低品質で不自然な被リンクはホームぺージ制作に必要なし

低品質で不自然な被リンクは、SEOにおいて、0かマイナス評価を受けてしまいます。

しかし、ホームページ制作時に、SEOで集客しようと定めた会社は、単に更新作業だけではなく、被リンクも集めなくてはいけません。

当ページでは、低品質または不自然な被リンクとは、どのようなものになり、ホームページに与える影響についてご紹介します。

現在のホームページ制作では、非常に大切な内容になっているので、ご不明な点がありましたら、お気軽にご相談ください。

低品質で不自然な被リンクとは

低品質で不自然な被リンクとは、当ページでは、自作自演やSEO会社のサービスを購入された場合のことを言います。

悪意のある海外サイトから大量の被リンクとは違うためご注意ください。

では、低品質で不自然とは、どのようなものがあるのでしょうか。

ホームページを制作した経験がある方は、1度はやったことがあると思います。

例えば、無料ブログなどを開設して、そこに自分で内容が非常に内容が薄いウェブページを作成し、そこから自社サイトへ被リンクを行います。

ここで問題になるのが、1つの無料ブログからの数と、無料ブログで書かれている内容になっています。

現在の検索エンジンは、被リンク元の制作されたホームページの質も非常に大切に考えていて、低品質だと、どんなに数を集めても、まったく成果を出せません。

その理由は、自分で闇雲に対策してしまうホームページが多かったため、低品質な場合は無効化させる処理を行っています。

ペナルティーの原因

このように、効果を出すためには、元になる制作されたホームページやウェブページの質が非常に大切になります。

低品質の数が多くなると、手動あるいは自動ペナルティーが付与される可能性があります。

基本的な考えとして、検索エンジンは被リンクは自然に集まるものであると考えていて、自分で過剰に行うことは推奨していません。

もちろん、自社のサービスに関する複数のホームページを制作していて、そこから行う程度であれば、問題はありません。

問題になるのが、無料ブログを開設して、そこに質の低いウェブページを量産し、何度も行うことが問題になっています。

その数が極端に多いと、自動あるいは手動ペナルティーを付与していて、検索順位を上げるために増やしたのに、逆に落としてしまう結果になるのです。

現在のホームページ制作では最小限

ホームページ制作では、被リンク提案の機会はほとんどなくなりました。

もちろん、行わない理由としては、狙うキーワードにもよりますが、現在の検索エンジンは数が少なくても上位表示が可能になっているためです。

事例として、ホームページ制作実績のプラシアさまをご紹介します。

【外壁塗装 大阪】で、一切の対策を行わずに、ユーザーを考えて運営しているだけで、現在2位に表示されています。

さらには、大阪ではなく、都島区や鶴見区などの大阪の区でも上位表示を実現していて、非常に高い成果を得ることに成功しています。

また、ANA・JAL株主優待即納サービスでも同様で、公開後に無料の外部リンクサイトへの登録で紹介している対策は行いましたが、全体で30本程度になります。

ただ、その効果は異常に高く、正確な数値データはお伝えできませんが、検索エンジンから1日に500人ほどの訪問者数を集客し、多くのキーワードで上位表示ができています。

このように、現在のホームページ制作では、自分で行う低品質で不自然になる可能性が高い対策は一切不要で、更新作業に全力で取り組んでいただけるようになりました。

被リンクSEOの正しい考え方

運営が大切だと言うのは、被リンクが一切不要であるという話ではなく、自分で行う必要はないという意味になります。

ホームページ制作には必須になるので、正しい考え方をご紹介します。

弊社では、2つのポイントでお客さまに提案しています。

自然に集める

ホームページを制作したら、必ずお客さまに提案しているのが、自然に集めましょうという内容になります。

自然に集めるのは本当に難しく、弊社でも10年もの間ホームページを運営してきて数十本程度しか集まっていません。

では、具体的な集め方についてご紹介をします。

  • 協会などに加盟したとき
  • 被リンク営業
  • ツイッター検索でユーザーニーズを探す

弊社が効果を出せたのは上記3点になります。

自然に集める方法を調べると、独自データを公表したり、1次情報の公開が良いと紹介されています。

そのため、弊社でもホームページ制作に関する1次情報やデータを公表した経験がありますが獲得できませんでした。

協会などに加盟したとき

協会への加盟や国が運営しているホームページに登録を行い、そこから得るようにします。

国が運営しているホームページからは、一部を無料の外部リンクサイトのページでご紹介していますので、興味があればご確認ください。

現在のホームページ制作では、効果がどれくらいあるかは不明ですが、非常に大切であるとお客さまに説明しています。

営業で獲得

昔に、同業他社になるWebサイト制作会社に対して、少しだけ行った経験があります。

ただし、テレアポと同様で、かなりの数のWebサイト制作会社に対して営業を行わなくてはならず、感覚としては、50件に1件程度話を聞いてもらえる程度だと思います。

弊社では、数本を獲得しましたが、時間がかかりすぎると考え、現在では行っていません。

代わりに、被リンク営業法のページでもご紹介していますが、ユーザーに役立つ〇〇会社の一覧などのウェブページを作成します。

そして、発リンクに抵抗がないとアピールして、相互リンクを獲得しています。

もちろん、過剰にしてしまうと、マイナス評価になる可能性があるので、かなり数は厳選しています。

ツイッター検索でユーザーニーズを探す

ウェブページを作成前に、ツイッター検索でユーザーニースを探してから、作成作業を行っています。

この方法がもっとも効果を発揮していると思われます。

実際に弊社のホームページの事例で言うと、検出 - インデックス未登録の対策法や上記の無料の外部リンクサイト、効果的な短縮URLの活用法のウェブページが効果を発揮しています。

作成法としては、ツイッターで自社のビジネスに関連する内容で検索を行い、そして話題になっている回数が多いや、いいね!やシェアが多い投稿を見つけます。

そして、その投稿内容を確認してキーワードを抽出し、そのキーワードを利用したウェブページを作成しています。

この効果は非常に高く、上記3ページはもちろんですが、その他のウェブページもツイッターからの流入があることはもちろん、狙ったキーワードで高い検索検索順位になっています。

そのため、現在では、ホームページを制作したら、必ずお客さまに紹介している対策になっていて、本当に効果が高いと考えています。

自分で実施

ここまで読んでいただけた方は、無料ブログやサイトを使って、自分は駄目だと思われたかもしれません。

しかし、グーグル自体も自分で行うこと自体は否定していません。

ただ、その質と量が問題であり、しっかりと質の高い無料ブログやサイトでは問題がないのです。

実際に、ホームページを制作した会社には、無料ブログをおすすめしていますが、以下のようなルールで運営を行っていただいています。

  • 関連するウェブページのみ
  • 1ブログにつき数は最大5つ
  • 運営は継続し続け、更新しないなら閉鎖
  • 記事の質はホームページと同様に高品質
  • ビジネスに関係しない内容は投稿しない

上記がルールになっていて、ホームページを制作した会社にお伝えしています。

上記を見ていただくと分かるように、被リンクを目的としないことが大切で、張っても良いけれども、本当に関連するウェブページに限定しています。

そのため、提案している自分での対策では、トップページに行うことは非常に稀です。

そのため、トップページSEOには直接の関係が無く、下層ページが上位表示を実現して初めてトップページSEOが成功します。

上記ルールを守らず、トップページに集中砲火してしまうと、確かに一時的には検索順位は上がります。

しかし、しばらくすれば、無効化されてしまい元の順位よりも下位に表示、あるいはペナルティーを受けて検索結果から消えてしまう可能性があります。

ホームページ制作後に自分で増やさない

低品質で不自然な被リンクはSEO効果がありません。

また、効果がないだけであれば良いですが、せっかく時間をかけて対策を行ったのに、場合によっては、検索結果から削除か順位が落ちてしまいます。

そのため、ホームページを制作したら、作成記事がツイッターで拡散されるかを考える程度で良いと思われ、自分で行う必要はありません。

ホームページを制作する場合、基本的にはSEOは標準装備しています。

そして、2021年以降のホームページ制作実績では、被リンク提案をしたことがありませんが、しかし大半のホームページはSEOで成功しています。

そのため、これからWebサイト制作会社と打ち合わせ、あるいはホームページを制作される方は、SEOで成果を出すのであれば、更新作業に力を割いていくようにしましょう。

もちろん、ライバルサイトが大量に獲得している場合は、御社も実施しなくてはいけませんが、その場合であっても、自分で行う必要はないと思います。

自分でしてしまうと、どうしても、低品質で不自然になってしまう可能性があるためです。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP