大阪のホームページ制作会社

株式会社セブンデザイン

低品質なリンクはホームページのSEO評価を下げるかどうか

SEOのために被リンク対策を検討されている方は非常に多くいらっしゃいます。

実際に弊社でもSEOを行われている企業さまに被リンクの大切さを説明したうえで、被リンク対策を提案しているのですが、その説明の中で、低品質なリンクはホームページのSEO評価を下げるのかとご質問をいただきます。

これについてはかなりきわどいものになり、100%下げないとも言えないため、非常に回答に困ってしまうことがあります。

そこで今回は、SEOのための被リンクでもし被リンクが低品質であれば、ホームページのSEO効果が下がるのかどうかについてご紹介をいたします。

被リンクはSEOに効果的

まず現在のホームページにおいて被リンクを外してSEOを行うことは非常にリスクが高いものになっております。

確かに被リンク数が極端に少ないホームページが上がっていることもありますが、一般的に言えばですが、被リンクがほとんどないホームページでは上がっていることはありません。

そして逆に被リンクが大量についているホームページが上がっていると言うことがあり、これらのホームページは単に被リンクパワーだけで順位を上げているということが可能で、いまだにホームページは被リンクだけで検索順位を上げることが可能なのです。

そしてその前提で、被リンクについて検討をすると、被リンクは数が多いほうが効果を出せるということが可能になります。

しかし多くの方が懸念するのは、その着いた被リンクの中に低品質な被リンクがあれば逆に自社のホームページの検索順位を落としてしまうのではないかと言う点になってきます。

グーグルは質の低い被リンクは無視してくれる

この質の低い被リンクが付けば自社のホームページの検索順位を落としてしまう可能性についてはどれくらいあるのでしょうか。

多くの方が気にされる、質の低い被リンクが付いたときに自社のホームページの検索順位がどうなるかについては、基本的にグーグルは、質の低い被リンクが付いても、検索順位を下げることはせず、その被リンクを無視すると言っております。

そのため、基本的には被リンク対策を行って質の低い被リンクが付いても、検索順位への影響は無いと判断していいのですが、しかしグーグルはプログラムで被リンクを管理しているので、この質の低い被リンクを無視することを見落としてしまい、評価を下げてしまうことも稀にあるようです。

見落とされる可能性は低い

しかし、弊社がSEOを提供している限りで言えばですが、質の低い被リンクについても無効化はされているはずなので、検索順位が下がったと言う事例はなく、おそらく見落としは無いのではないかと思っております。

しかしだからと言って、質の低い被リンクを大量につけて、下がらないことを祈るということはあまりにも無謀になるので、被リンクを付ける時にはしっかりと質を意識していくようにしなくてはなりません。

基本的には質の低い被リンクは無効化されると考えて良いのですが、しかし一部の被リンクに対してはグーグルはかなり厳しい罰則を与えており、以下のような被リンクは決して行ってはならないのです。

被リンクの購入と自動の被リンク

その被リンクとは、被リンクの購入と、フォームにホームページのアドレスなどを張るだけで登録が完了するようなホームページへの登録になります。

被リンクの購入については、確かに自社のホームページに被リンク対策を行っていると、思うように被リンクの認識が進まないや被リンクを張れないなどの問題から購入したくなりますが、しかしあまりに過剰にしていると必ず検索エンジンにばれてしまい、検索順位を落としてしまうのです。

そしてもう一点の問題としては、フォームから自動登録ができるようなホームページは最近なくなったと思いますが、これらのホームページでもし稼働しているホームページがあったとしても絶対に登録をしないほうが良いと思います。

この2点は必ず行わないほうがよく、これらの被リンクは過剰でない場合は無効化、過剰の場合は手動ペナルティーを受けてしまう恐れがあります。

ただし相互リンクは過剰でなければ問題がない

そしてもう一つ言われているのが、相互リンクになりますが、この相互リンクについては、色々と調べていると、過剰でなければ罰則も何もなく実際に上位表示に役立つものになっているようです。

基本的に従来あったようなリンクファームと言われる、相互リンクをしたい人が大量に集まり、みんなで相互リンクをすることで検索順位を上げることは問題ですが、1社ずつに相互リンクを行い、そしてその数もそこまで多くなければ、問題がないと言う記事を多く見かけました。

そのため、もし相互リンクを行うにしても、関連するホームページであること、そして1ドメイン1リンクにすること、さらには相互リンクするホームページの数を厳選することの3点を守り相互リンクを行うことで、ホームページの効果を大きく向上させることが可能になります。

基本的に相互リンク自体は問題がないもので、例えばサービスサイトを複数持っているや、外国語サイトを複数持っている場合にはどうしても相互リンクを行うので、これらまで罰則をするということはあまり考えられません。

質が低くても問題ないがある程度厳選はしよう

上記のことから、質が低い被リンクでも問題はないのですが、しかし被リンクを行う際にはある程度厳選して行うと良いでしょう。

グーグルは基本的には質の低い被リンクは無視してくれるのですが、稀に見落としもあるようです。

そのため、最良の対策としては、質の低い被リンク対策は行わないようにしてできる限り質を意識して被リンク対策を行うことがお薦めになります。

また、自動でつく被リンクについては、基本的には無視していいものになっており、質が高ければ順位が上がりますし、質が低ければ無視されると考えましょう。

ただし、たまにグーグルサーチコンソールを見て、質の低いホームページから1万件などの被リンクが付いた場合のみ、リンク否認ツールなどを利用して、検索順位が落ちないように対策することが大切になります。

TOP

ホームページ制作実績