サイト作成の成果を追求 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

サイト運営は計画とスケジュールでSEO効果が決まると言っても過言ではない

サイト運営でSEO効果を出すなら計画とスケジュール作成

ホームページを制作した後がむしゃらにサイト運営を行っていませんか?

サイト運営において最も大切なのは計画とスケジュールであると考えています。

実際に、ホームページ制作実績のクライアントさまからのご相談で、なぜ計画とスケジュールを立てる必要があるのかを聞かれましたので、回答をご紹介したいと思います。

計画の重要性

SEOを行うにあたり、なんとなく、ページ作成やリライトが大切だからと思い、深く考えずに新規ページ作成やリライトを行っていませんか?

もちろん、それでも効果が出るケースもあると言えばあります。

しかし、新規ページ作成においては、実はホームページごとと言うか、上位表示を狙ったキーワードごとに目標ページ数があるのです。

この目標に到達さえしてしまえば、上位表示ができる可能性が非常に高くなっています。

では、なぜ目標ページ数になっても効果が出ないかと言うと、ホームページの作り方に原因があったり、お客さまが作成したページの質に問題があるのです。

目標ページ数

上位表示に必要なページ数は、何ページが最低ラインかを考え、ノルマになるかを明確にします。

この計画を立てることによって、自社サイトに何ページが必要かが明確になってくるので、次に行うスケジュール立てが非常にスムーズになるのです。

もちろん、目標ページ数に到達したらそれで終わりではなく、それから先はライバルとの差をつけるためにリライトだけではなく、新規ページ作成も必要です。

ただし、新規ページ作成の量はライバルサイト次第ですが、ホームページ制作実績を見る限りは、週1程度でも問題がなさそうに思います。

質を高めるために

単にページ数が多いだけでは、ライバルサイトには勝てません。

そこで必要になってくるのが質になってくるのですが、この質は結局のところグーグル次第になっています。

ただ、そのグーグルからの評価を考えたページ作成法は、100%ではありませんが、高い確率で評価してくれる方法をホームページを制作したらレクチャーしています。

あくまでこれまでの傾向から見て、こういうページ作成法が効果的であるという内容ですので、100%ではないとご理解をお願いします。

また、この質を考える際には、いくつかのポイントがあり、それはユーザーのための質と、グーグルが考える質が違う点になっています。

もちろんユーザーのための質を判定するのは、御社や当社になるので、我々の考え方が間違えている可能性は十分にあります。

ただ、これまでのホームページ制作実績のSEO効果を見ると、グーグルなどの検索エンジンが評価するページには特徴があり、それはユーザーのためとは少しずれていると思います。

そのため、質を高めるのは、グーグルやヤフージャパン、マイクロソフトのビングが評価してくれそうな原稿作成法を検討したうえで記事作成を行いましょう。

ただ、最近はキーワード出現頻度や利用数、文字数などはどんどん無価値になっているので、今後はもしかすれば完全にユーザー向けの原稿である必要があるかもしれません。

必達のスケジュールを立てる目的

計画を立てて具体的に行うべき内容が分かったら、次にスケジュールを立てます。

計画で具体的に何ページが必要になるかを出しているので、その目標ページ数まで何日で達成できるかを算出しましょう。

これまでのホームページ制作実績で言えば、大体ですが3ヶ月がもっとも多いパターンになっています。

仮に3ヶ月だった場合には、まずは3ヶ月間で毎日行う作業量を算出するのですが、その時に無理なく毎日行える作業量化を確認してみましょう。

というのが、例えば、1日に10ページとすると、3ヶ月間1日に10ページを作成し続けるのはほぼ不可能です。

基本的には、毎日無理なく実行できるスケジュールである必要があるのです。

さらには、目標ページ数を作成した後、さらに新規ページ作成やリライトも含めたスケジュールも前もって立てておくことで、後々の作業が少し精神的に楽になります。

毎日少しずつでも効果的な対策を継続

上記で少しご紹介をしていますが、スケジュールを立てるときには、毎日少しずつでも問題がないですが、10年先まで行い続けれるかを重視しましょう。

例えば、一気に100ページを公開して、そこから10年何もしないよりも、10年間毎日1ページを作ったほうが、多くの作業量を行えます。

そしてさらに、現在のSEOではフレッシュネスという言葉があり、簡単に言うとホームページの更新頻度です。

グーグルなどの検索エンジンは、よく更新されているホームページは、最新の情報が掲載されているホームページになるので上位表示をしたくなる傾向があります。

もちろん、この上位表示をしたくなる傾向と言うのは、そこまで高い評価ではないと思いますが、しかし少しでも上がるのであれば行いたい対策です。

そのため、毎日無理なくこなせる量で良い代わりに、毎日少しずつの作業を1年や10年継続できる量で算出しましょう。

時間が本当に余ったら追加作業

スケジュールに則てサイト運営を行うにしても、例えば今日やることは全部終わってしまった、何かすることがないかなと思ったときには追加作業を行いましょう。

もちろん、スケジュール通りに進めているので、この作業は行わなくても良いと思います。

さらには、あまりに過剰に追加作業を行うと、検索エンジンの認識漏れが発生してしまうので、せっかくページを作成しても、評価されないケースもあります。

もし、行うにしても、1,2ページ程度に収めたほうが良いと思われますが、少しでも早くSEO効果を出すために追加作業を行っても良いと理解をしておくことが大切です。

この追加作業は、実際にどれくらいの効果があるのかと思われるかもしれません。

ただ、確実に効果は出ますが、過剰に行ったり無理して行うのではなく、無理なく実施が可能なレベルで行う程度であれば良い効果を生み出すようになります。

最後に、会社さまによっては、普段は新規ページ作成だけをスケジュールに含め、リライトを追加実施項目として捉えている会社さまもいらっしゃいます。

SEO効果が出ているホームページはスケジュールを守る

サイト運営量によってSEO効果が決まると言っても過言ではありません。

ただ、がむしゃらにサイト運営を行うのはあまり推奨できず、しっかりと計画とスケジュールを定めてから行うようにしましょう。

実際に弊社のホームページ制作実績の多くの会社さまでは、多くて1日に1ページの更新業務で高いSEO効果を得ています。

そして、正確ではありませんが、体感的にSEO効果が高い企業ほど、スケジュールに正確に作業を実施されています。

もちろん、計画重要ではありますが、もし知識不足や、SEOを相談できる業者がないので、計画が立てれない場合は、新規ページ作成のスケジューリングを行いましょう。

計画があったほうが効果を発揮できるのですが、なくてもしっかりとユーザーを考えたページ作りをスケジュールに則るだけでも効果を発揮できる可能性が高まります。

もし計画についてご不明な点があれば、弊社やWebサイト制作会社、SEO業者にご連絡をすれば、計画を立ててくれると思われます。

当ページは株式会社セブンデザインが作成しています。
当記事についてやサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メール

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP