大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

MEO対策法

meo

MEOは、「Map Engine Optimization」の頭文字を取った略語になり、日本語で言うと検索地図の最適化になります。

このMEOについては、検索からの訪問者数を向上させるための施策になっており、Web制作時の営業トークとして「SEOよりも簡単です」とお話することがあるのですが、しかし実際にMEOを行ってみると、確かにSEOよりは難易度が低いですが、決して簡単ではなく、単発での対策で成功することはできないと理解をしてからMEOに取り組むことが重要になります。

そしてこのMEOは現在のホームページの集客には必須になっており、従来のようにSEOに依存した集客対策を行うことは現在のグーグルにおいてはリスクしかございませんので、Web制作後の見込み顧客の集客を考えられている方は必ずSEOとあわせてMEOを実施しなくてはなりません。

ホームページの集客にはMEOが必須

集客にMEOは必須

年々、SEOの難易度が上がっているように思われます。

弊社のWeb制作実績であれば、2019年頃までは結構SEOに依存したホームページの集客対策だけでも、期待以上の成果を出している会社さまもいらっしゃったのですが、現在のSEOでは、もちろん上位表示を行いたいキーワードの難易度にもよりますが、期待通りの訪問者数の集客だけであっても半年から1年は見ていただいており、期待以上の成果を出すためには2年程度の期間を見ていただいております。

その理由は、メインとなるキーワードで上位表示を行おうとSEOを実施している際に、昔はその影響から関連するキーワードでの検索順位も上がっていたのですが、現在では検索順位が向上するキーワード数が減少しているように思われますので、当然ホームページの訪問者数の伸びであったり、成約数の伸び率も鈍化してしまう結果となるのです。

もちろん、それでもSEOだけに依存して集客対策を行われている会社さまもいらっしゃり、ある程度の期間はかかりますが、SEOを行い続けることで、相当な訪問者数を集客することができている会社さまもいらっしゃるのですが、しかし効率で考えた場合には、SEO以外の集客対策も同時並行していただくことを提案しており、現在はSEOに依存しているお客さまもホームページの集客力向上の効率化を考え、現在ではSEO作業を少し減らしても別の集客対策を実施され始めております。

そして、SEO以外の対策として、提案の際に必ず出てくるのがMEOになっており、MEOをしっかりと行うことで、実際に弊社のホームページでもMEOをそこまで本気で取り組んでいないにしても、月間で100人程度の見込み顧客の集客に成功しているのです。

そのため、Web制作後に行うSEO以外の集客対策として、MEOは非常にオススメになっており、ぜひとも行っていただきたい集客対策となっております。

では、弊社ではMEO会社ではないので、そこまで詳しくはございませんが、弊社がお客さまのホームページに対してMEOを行ったときに効果的だった対策から順にご紹介いたします。

グーグルマイビジネスへの登録

グーグルマイビジネスに登録

MEOを行う方は、必ずWeb制作後にグーグルマイビジネスに登録しなくてはなりません。

グーグルマイビジネスとは、グーグルの地図検索などに御社の情報を掲載するためのツールになっており、この登録が終わっていないとMEOを実施したとしても御社の情報を検索結果として表示させることができないのです。

グーグルマイビジネスへの登録では、100%しっかりと情報を登録することが大切で、さらには例えば営業時間に変更がある場合は、変更された営業時間を記述し、常に登録内容を正しく最新の情報にすることで、MEOを行うための基礎となるのです。

このグーグルマイビジネスへの登録には、一点注意点があり、グーグルマイビジネスに100%情報を登録することで、MEOで成功することはなく、MEOで成果を出すための準備になっております。

そのため、グーグルマイビジネスに登録をしても成果が出ることはないと理解をして、グーグルマイビジネスへ登録した後、以下の作業を実施することでMEOは成功するのです。

また、Web制作後にこのグーグルマイビジネスへの登録をお願いしても、SEO作業が忙しいため、行わない方がいらっしゃいますが、中長期的なホームページの集客を考えた場合に、どんなに忙しくてもしっかりと集客のためにグーグルマイビジネスへの登録をお願いいたします。

他のホームページへの情報の打ち出し

他のホームページへ登録

実際にMEO会社などの対策法を調査していると、他のホームページに情報を打ち出すだけで上位表示を実現しているホームページをよく見かけます。

この他のホームページに情報を打ち出すというのは、なんでも良いから他のホームぺージに情報を打ち出すのではなく、MEO会社さまの施策を調査すると、MEO会社さまが運営されている非常にSEO価値の高い30ほどのホームページに1ページの縦に長いページを作成して、契約された会社さまの情報をしっかりと打ち出されております。

実際にこれだけでMEOが成功しているのを見ると、弊社もお客さまのために一度真似をしたことがあるのですが、やはり弊社のホームページのSEO価値が低いため、MEOで上位表示が行うことができず、この対策法を真似すことは多くのホームページでは不可能になっていると思われます。

ただし、この対策をやらなくても良いという話ではなく、少しずつでも良いので、他のホームページに企業情報を登録する必要があります。

そして、他のホームページに会社情報を打ち出す際には、NAPの統一が重要になっており、NAPとは以下の情報になっております。

  • Name(会社名・店舗名)
  • Address(住所)
  • Phone(電話番号)

基本的には、上記3点の情報をしっかりと統一させることが重要になっており、この情報の統一を行う際には、ホームページの情報は後からでも変更が可能ですので、ホームページを制作したらグーグルマイビジネスに登録をして、そしてグーグルマイビジネスに登録できた表記で、ホームページのNAPを書き直し、その他の外部のホームページに情報を告知するのが良いでしょう。

弊社のこれまでの感覚では、このNAPの中でもっとも効果を発揮したのがAddress(住所)になっており、この住所をグーグルマイビジネスに登録された文言に変更することで、実際に10位から5位に上げたホームページもあるほど効果を発揮しております。

もちろん、Name(会社名・店舗名)とPhone(電話番号)も重要な要素になるので、Web制作後にMEOを行われる際には、NAPはしっかりと統一するようにしなくてはなりません。

被リンク

リンク

弊社のMEOにおいて、対策の中心になるのが被リンクになっております。

この被リンクについては、実際にSEOに効果がない場合でも、しっかりと御社への被リンク対策を行うことで、MEOで成功しているホームページの事例が多くあります。

ただし、この被リンクにおいては、被リンク元のホームページのSEO価値はあまり関係が無いように思われますが、しかし被リンク元のテーマが重要になっていると思われ、しっかりと御社のホームページのテーマと同様のホームページからの被リンク数を獲得することで、御社のホームページは飛躍的にMEOで成果を出すことが可能なのです。

実際に弊社の実績ではこの被リンクだけでMEOで成功しているホームページが多くあるので、しっかりとNAPを意識して被リンクを獲得することで、上位表示が可能になっております。

そしてこれまでのWeb制作実績から言えば、SEOに比べてMEOの場合の被リンクは少し甘いように思いますので、SEOとMEOの同時並行の作業は非常に重要であると思われます。

投稿

投稿

グーグルマイビジネスの投稿を行うことで、狙ったキーワードでのMEO効果はそれほど上がった試しがないのですが、しかし、グーグル検索やグーグルの地図検索を行ったときに、さまざまなキーワードで上位表示ができるようになっております。

そしてこの投稿は、業種によってはライバルがほとんどいないこともあり、しっかりと投稿を行っていくことで、御社のMEOは本当に多くの見込み顧客を集客することが可能になっているのです。

これはSEOと同じ考え方になっており、狙ったキーワードで上位表示するためには、難易度が高いため、上位表示には時間がかかるのですが、しかしニッチなキーワードであれば比較的容易に上位表示を行うことができるため、効率良くホームページに訪問者数を獲得することが可能になります。

そのため、基本的にはこの投稿をしっかりと行うことを推奨しており、投稿をしっかりと行い続けることで、ニッチな検索者の集客が可能になり、御社のホームページは飛躍的にMEO効果を得ることが可能なのです。

弊社のWeb制作では基本的にはスタッフブログなどのノウハウを公開するコンテンツを作成しており、このノウハウを公開するコンテンツからコピーペーストで投稿することは意味がないので、しっかりとMEOのために原稿作成を行うことが重要になります。

画像のアップロード

写真のアップ

そして、投稿と同じ効果を得ることができるの画像のアップロードになっております。

投稿は多少なりともテキスト情報が必要になり、画像のアップロードはテキストは不要ですが、画像が必要になっております。

もちろん両方を同時に行うことを推奨しておりますが、しかしお客さまの業種によっては、テキストは大変だけど画像なら大量に用意できるということがあるので、その場合は投稿は本当に重要な情報だけを投稿していただき、メインは画像のアップロードで対応していただいております。

そしてこの画像のアップロードだけでも実は相当な数のユーザーにその画像を閲覧してもらうことが可能になっており、現在弊社がWeb制作を行っている会社さまでは、ホームページがない状態で、かなりの数の見込み顧客に画像を閲覧してもらうことができ、実際にお問い合わせも発生しているようなので、MEOの効果は非常に高いとお喜びをいただいております。

また、この画像のアップロードの効果については確かに効果があるとは思うのですが、正確に画像のアップロードだけの効果を計測したことがありませんが、これまでのMEO経験から言うとWeb制作時や運営時に撮影した画像をそのまま利用しても効果を発揮するように思います。

口コミ

口コミ

口コミについては効果を実感したことがないのですが、しかし口コミを集めて、そしてその口コミにしっかりと返信することもMEOにおいて重要であると言われております。

ただし、MEOにおける口コミの効果は、単純にグーグルマイビジネスだけではなく、Yahoo!ロコなどの他のサービスでの口コミも反映されるそうなので、飲食店さまやホテルさまなどの業種においては、さまざまな口コミサイトを利用することが重要になっております。

弊社ではWeb制作を行った会社さまに対して、最初から口コミを数本集めるための対策を提案して、少しでもMEO効果を出せるような対策を実施しております。

番外としてタイトルにキーワードを入れる

キーワードをタイトルに入れる

そして番外編として、グーグルマイビジネスのタイトルにMEOで上位表示を狙っているキーワードを含めることで、一気にMEOを成功させている会社もあります。

ただし、なぜ番外編かというと、実はこのタイトルにMEOキーワードを含めることは、グーグルマイビジネスの利用規約違反になっており、ある程度MEOに詳しい方が見たときに修正をされてしまうこと、そしてさらには修正が反映された後にすぐキーワードを含むタイトルへと変更すると、確かに検索順位は向上するのですが、その回数が多いと、最終的にはグーグルに通報されてしまいます。

そして通報されてしまうと、ある日突然MEOは圏外に飛んでしまう可能性があることや、運が悪いとグーグルマイビジネスの利用停止処分を食らってしまうので、このMEOキーワードをタイトルに入れる対策は絶対に行ってはならないものになっております。

確かにタイトルにキーワードを入れることで、MEOでの上位表示は非常に行いやすいものになっておりますが、通報されてしまうことを考えると、これまで行ってきた対策がすべて無駄になるので、タイトルにキーワードを入れると上がると理解したうえで、この対策を行わないようにすることが重要になっております。

基本的にタイトルに入れて良い文章は会社名のみになっております。

一般的にはMEOをサポートしているWeb制作会社であれば、中長期的なことを考えた場合に、このグーグルマイビジネスのタイトルにキーワードを含めることは推奨していないと思います。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績