大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

メタ情報と原稿でSEOは決まる

メタ情報とAIでSEOが決定

Web制作会社やSEO会社に「SEOで上位表示を狙いたいんだけれども」と相談をすると、「新規ページを作成してホームページのコンテンツ量を増やしてください」と言われた経験がある方は多いのではないでしょうか。

そして、新規ページを作成してコンテンツ量を増やしても検索順位が上がらないと、Web制作会社などから「作成したページの質が低いのでリライトをしてください」と言われるのが現在のSEOでは鉄板の受け答えになっています。

もちろん、ページの質が低いために検索順位が上がらないことは真実である可能性も高く、質の高いページをそれなりのページ数作成することでSEO効果が高まる事例は弊社のWeb制作実績にもいくつもありますが、実は検索順位が上がらない理由としては、それ以外にも問題点を抱えている可能性があるのです。

それは、現在のグーグルは実はコンテンツの質よりもユーザーが設定したメタ情報を確認してSEOで検索順位を決定している可能性があり、もしメタ情報に問題があった場合は、どんなに質の高いページを作成していても期待通りのSEO効果を得ることができない可能性があるのです。

メタ情報とは

メタ情報について

メタ情報とは付属されている情報のことを言い、弊社が当記事で言うメタ情報とは以下になります。

  • CSS
  • Java Script
  • XMLサイトマップ
  • robots.txt
  • ホームぺージの表示速度
  • グーグルへの登録内容
  • 外部のホームページの情報

このようにページの原稿が記載されたファイル以外のファイルやホームページのことをメタ情報と言い、上記のメタ情報をSEOに最適化することで、一気にSEO効果を高める可能性があります。

なぜメタ情報が重視されていると考えたか

なぜメタ情報が重要なのか

なぜ弊社がメタ情報が重要であると考えるようになったかについてですが、弊社がGigazineというニュースサイトを見ているときに、Google検索では依然としてAIの分析よりも「メタデータ」が重視されているという記事を発見して、これまでの弊社の実績から見たときに、もっともだと思える内容であったため、弊社ではメタ情報を最適化することもSEOにおいて重要であると考えるようになりました。

実際に、弊社では中途半端なページを作成しSEO効果を得るという記事を公開しているのですが、こちらのページに書かれている内容は真実であり、取り敢えずの状態でページを作成し公開したとしても、ホームページあるいはページによっては狙ったキーワードで上位表示を実現することができる場合もあるのです。

そして取り敢えずのページがSEOで上位表示を実現した要因としては、メタ情報がしっかりとしていたこと以外は考えられず、しっかりとメタ情報を作成しているホームページは、していないホームページよりも、SEO効果を出しやすいものになっております。

ただし、上記のGigazineのリンク先のページでは、本文よりもメタ情報が重要であるかのように書かれておりますが、弊社が考えるSEOではメタ情報はあくまでSEOの土台になり、そこに本文をSEOに最適化することが重要であると考えております。

原稿も大切

原稿の重要性

メタ情報が大切だからと言って、メタ情報だけをしっかりと作成して、ページを適当に作成しても良いと言うことはなく、しっかりとSEOに最適化されたページを作成することは重要になっていると思われます。

基本的には、グーグルは日本語を本当に理解しているのかどうかという点については、恐らく理解できていないものになっているのですが、ではなぜ弊社ではしっかりと文章を書いたページが上位表示される可能性が高くなると考えているのでしょうか。

その理由はしっかりと文章を作成したページにおいては、そのページ固有の重要なキーワードの頻出度とキーワードの利用場所が最適化されるためであると弊社では考えております。

そしてキーワードの頻出度と利用場所がなぜSEOにおいて重要になるかと言うと、グーグルはページのすべての情報を把握して検索順位を決定していないためになります。

基本的にはデータベース自体にはページの情報すべてを格納してくれているのですが、しかしその格納された情報の一部を別のデータベースに登録しており、その別のデータベース側で検索順位を決定しております。

そのため、ページの中盤ばかりに重要なキーワードを利用して、ページの上下にまったくキーワードを利用していない場合は、もちろんその中盤が検索順位決定のアルゴリズムの対象であれば、検索順位が上がる可能性があるのですが、しかしページの上部や下部がアルゴリズムの対象だった場合には、ほぼ間違いなく検索順位が上がることはなくなってしまうのです。

そのため、それぞれのページの原稿をしっかりと作成することは本当に重要になっており、そのページで重要なキーワードを定めたら、しっかりとそのキーワードについて知りたいと考えているユーザーに対して十分な情報量を提供し、問題を解決できる内容でページを作成すること、さらにはそのページで重要な固有のキーワードをホームページ全体で利用することで、自然と検索順位を高めることが可能になるのです。

そしてそこにメタ情報が追加されることにより、御社のホームページは、よりSEOで効果を発揮することが可能になるのです。

メタ情報をしっかりと作成しよう

Web制作後はメタ情報を作成

このように、メタ情報は、SEOにおいて非常に重要な要素であると、弊社でも考えております。

基本的に、グーグルのメタ情報の利用は、ページタイトルやメタディスクリプション、仕事登録、商品登録、グーグルマイビジネスへの登録などは、ホームページやページで重要なキーワードを決定するのに利用されており、CSSやJava Scriptはホームページの巡回効率を高めるためのモノになっていると思います。

そして、このメタ情報を最適化した後に、質の高い原稿を作成することで、御社のホームぺージは一気にグーグルに評価されるようになり、期待以上のSEO効果を得ることが可能になるのです。

そのため、Web制作後にSEOを行っている方は、基本的にはWeb制作会社やSEO会社の指示に従い、Web運営作業をしっかりと行うことが重要にはなりますが、ある程度目標ページ数に到達してもまったく成果が向上しない場合は、このメタ情報を見直すことで、ホームページのSEO効果は飛躍的に高まると思われます。

特にCSSやJava Scriptなどの記述はお客さまが見ただけでは、なかなか理解がしづらいものになるとは思いますが、その辺りはWeb制作会社やSEO会社などに協力を依頼して最適化をすることで、御社のSEO効果は飛躍的に高まると思われます。

SEOのために、せっかくWeb運営を行うのであれば、1ページを作成した効果を最大化した方が良いものになっておりますので、しっかりとメタ情報の最適化も行うようにしていただければと思います。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績