大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

メタキーワードは必要?不要?

メタキーワードの重要性

メタキーワードとは、headタグ内のメタキーワードタグに記述された単語や文章などのキーワードのことを言い、従来はそれぞれのページでメタキーワードに固有の単語や文章を入れることで、検索エンジンに対して、このページはこのキーワードが重要であると伝えることができました。

しかし、現在のグーグルやヤフージャパン、ビングなどの検索エンジンは、このメタキーワードが無くても、それぞれのページで重要キーワードを認識することが可能であるため、メタキーワードの認識を辞めており、結論としては現在のSEOにおいてはメタキーワードは不要になっております。

メタキーワードとは

メタキーワードとは、headタグ内にあるメタキーワードタグ内のキーワードのことを言います。

従来のメタキーワードでは、それぞれのページで固有のメタキーワードを設定することで、検索エンジンに対して、このページはこのキーワードが重要であると伝えることができたため、SEO効果が高いタグになっていたのですが、現在の検索エンジンはこのメタキーワードが無くてもページごとに重要であるキーワードを本文から理解することができるようになったので、メタキーワードは不要であると公表をしております。

そのため、基本的な情報として、メタキーワードは、従来は効果があったけれども、現在は価値のないタグであると考えることが一般的で、このタグを導入しても一切SEO効果を得ることができないのです。

検索エンジンが認識しなくなった理由

では、なぜ検索エンジンは、メタキーワードを廃止したのかについてご紹介をいたします。

その理由は非常に単純で、検索エンジンは、メタキーワードが無くても、それぞれのページで重要であるキーワードが判断できるようになったというポイントもありますが、このメタキーワードを利用したスパムサイトが横行したという点も廃止した理由にあります。

極端な例でご紹介をすると、例えばあるページでは、自転車についての情報が公開されているにもかかわらず、メタキーワードにはフランスパンなどのメタキーワードが設定されていたのです。

従来の検索エンジンでは、メタキーワードの内容を重視して、そのページはメタキーワードで設定したフランスパンという検索キーワードで上位表示をさせており、もちろん本文の中で利用されている自転車関係のキーワードでも上位表示ができていたのですが、1ページに対して本当にさまざまなキーワードで検索順位を上げることができておりました。

このようにWeb運営者側がメタキーワードが大切だからといって、メタキーワードを適切に導入せずに、さらにはそれをSEOで上位表示させるために利用したことから、検索エンジンは利用を辞めることに踏み切ったのではないかと思っております。

上位表示しているECサイトにメタキーワードがあることも

このように基本的には現在のWeb制作においては、メタキーワードはまったく役に立たないと言われることが一般論です。

しかし、メタキーワードが不要であることは、非常に多くのブログなどで紹介されているので、恐らく少し調べれば分かることだと思うのですが、当「メタキーワードは必要?不要?」のページに訪れた方は、「メタキーワードは不要だと言うけれども、上位表示しているホームページが入れている」のに気が付いたからではないでしょうか。

実際に、弊社が調査した限りで言うとですが、難易度の高い検索キーワードで上位表示している主にECサイトにメタキーワードが入っているのを稀に見かけます。

そして実際問題として、グーグルのアルゴリズムは200以上あると言われておりますので、本当に無視しているのは不明ですが、現実的に上がっているので、もしかすればメタキーワードの効果もあるのかもしれません。

しかし実際にホームページの内部を見てみても、しっかりとSEOに最適化されているため、まったくメタキーワードが関係なく上位表示を実現している可能性もあるのです。

メタキーワードがあるくらいでは、headタグ内にコードが1行増えるだけになるので、それほどSEOにマイナスにはならないので、もしかすればメタキーワードは無視されており、その他の要素で上位表示を実現している可能性も十分にあります。

弊社は不要だと思っている

上記のように実際にメタキーワードを入れているECサイトで上がっていることもありますが、そのホームページ自体がまったくSEOに注力していないかと言うとそういうことはなく、かなり力を入れてSEOを実施されております。

そのため、基本的には、弊社では結論としてはメタキーワードは不要で、メタキーワードを入れているからSEOで大きなマイナスになると言うことはないにしても、プラスにも働かないのではないかと判断しております。

ただし、メタキーワードが不要だからと言って、個々のページで固有の上位表示キーワードを定めることは必要であると考えており、もちろんこのキーワードをメタキーワードに入れて管理するというのも十分にありだとは思いますが、弊社ではお客さまにエクセルで管理をしていただいております。

なぜ、メタキーワードは不要なのに個々のページで固有のキーワードを定めることは必要になるかと言うと、基本的にはカニバリゼーションと言われる類似したページの数を最小化することができるからです。

弊社がこれまでSEOのために数値データを見てきた限りで言うと、グーグルサーチコンソールに表示される「検出 - インデックス未登録」の大半がカニバリゼーションが起こしているものになっており、この「検出 - インデックス未登録」が発生してしまうと、そのページ自体が検索結果ページに表示されることはありませんし、さらにはトップページのSEOとしても効果を得ることが難しくなるのです。

そのため、個々のページでしっかりとカニバリゼーションを意識して類似が起こらないようにキーワードを定めることで、御社のSEOのためのWeb運営効率は飛躍的に高まるのです。

実際に弊社がこれまでカニバリゼーションが引き起こした「検出 - インデックス未登録」の傾向としては、ある日突然大量の「検出 - インデックス未登録」が増えたホームページが最も多く、次にある事例としては、新規記事が「検出 - インデックス未登録」になるという事例です。

もちろんこの「検出 - インデックス未登録」を完全になくすためには、いきなり類似ページを削除するのではなく、まずはグーグルの公表から内部リンクや外部のホームページからのリンクを充実させたりすることが重要になりますが、それでも改善されなければ、カニバリゼーションを起こしているページ同士の統合を行っていただいております。

そして実際にこのページの統合までを行って改善されていないホームページは無いと言っても過言ではなく、ほぼすべてのホームページでカニバリゼーションを解消し、「検出 - インデックス未登録」が改善されております。

このようにカニバリゼーションを引き起こさないためにも、しっかりと個々のページで固有のキーワードを定めることが重要になり、メタキーワード自体は不要ですが、代わりにエクセルなどでメタキーワードを記述していくことで、本当にSEOで成果を出す効率的なWeb運営が行えるのです。

必要なら適切に配置しよう

上記が弊社のメタキーワードに対する考え方になっております。

基本的には弊社ではメタキーワードは不要だと思いますが、個々のページで固有のキーワードを定めることは重要であるため、そのキーワードを管理するうえでメタキーワードを定めることはありだと考えております。

そしてこの管理の上で、エクセルを利用するとホームぺージの更新ができる管理画面とはまったく異なるファイルになるので、管理が面倒くさいという場合は、メタキーワードを入れて管理をしても良いと考えております。

ただし、メタキーワードを導入する場合には、いくら検索エンジンが無視してくれているからと言っても、記述法を間違えている場合は、もしかすればマイナス効果になるかもしれませんので、しっかりと正しいメタキーワードタグの記述を行いましょう。

このメタキーワードタグの記述法については、headタグ内に「<meta name="keywords" content="メタキーワード,Web制作,大阪">」というように、""の中に重要なキーワードを入れ、「,」で区切るようにすることが正しいメタキーワードの導入法になっております。

そして、このメタキーワードと一緒に作成していただきたい要素として、メタディスクリプションがあるのですが、こちらは検索エンジンが認識をしていると公表しているタグになるので、しっかりとメタキーワードとメタディスクリプションをセットで作成するのがオススメになっております。

もちろん、メタキーワードを導入しない場合においても、メタディスクリプションはしっかりと作成することがオススメになっております。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績