大阪のホームページ制作会社

株式会社セブンデザイン

最小のホームページ運営労力で結果が出たホームページ制作事例

最小の運営労力で成果を出したホームページ制作の事例

ホームページを制作する際に、最小の労力で最大の効果を得たいと考えることが普通のことだと思います。

しかし、最小の労力で最大の効果を得ることは非常に難しいものになっていて、成果の出るホームページ制作では、ページ数や質の高い被リンク数、そしてホームページの更新頻度が関係しているのです。

この最小の労力で最大の成果を得た事例については、実際にこれまで数多くのホームページ制作を行っていて、それほど多くはないのですが、この事例に当てはまる企業さまの多くはある法則があることに気が付きました。

そこで今回は、これからホームページ制作を行われる方のために、最小の労力で最大の効果を得た事例をご紹介いたします。

会社名やホームページのURLなどについては公表できませんが、実際に弊社にご契約後であれば、100%ではありませんが、公開できることもございます。

最小の労力とは

労力の最小化

今回ご紹介する事例の最小の労力とは、ホームページ制作時に手を抜くという意味ではなく、ホームページ運営頻度を落としても問題がないという意味になっております。

そのため、ホームページ制作段階でしっかりと自社の製品やサービスを打ち出すこと、そしてホームページ公開後にどこに自社の情報を掲載できるかを考えていくことは必要になりますが、しかし実際に成果を出している企業さまは、ほとんどホームページ運営を行わずに成果を出し続けているのです。

実際にどれくらいのホームページ運営頻度かと言うと、多い月で新着情報を5件程度、少ない月で1件程度の更新作業を行うだけになっており、さらには被リンク対策なども一切行っておりません。

通常であれば、弊社のホームページ制作の提案段階ではどちらかと言うと絶対にダメと言うような内容の更新でも成果を出し続けており、SEOで言うのであれば、グーグルからは高い評価を得ているのです。

そのため、ここでいう最小の労力はホームページ運営の頻度が抑えることができるということになっており、決してホームページ制作段階での労力が低いというものではありません。

また、これらの会社さまの社名などについては公表しておりませんが、実際にご契約後限定にはなってしまいますが、お打ち合わせの話の中でお伝えすることもございますので、ホームページ制作をご検討の方でご興味がございましたら、是非お気軽にご相談ください。

すべての会社で集客が成功している

ホームページの集客で成功

そしてこれらのホームページは非常に高い集客力を持っているホームページであるという共通点があります。

基本的には、すべての会社さまで共通しているのがSEO対策でしっかりと成果を出しているという点であり、SEO対策で毎日信じれない量の訪問者数を獲得しているのです。

もちろん、これは主に狙ったキーワードだけでの集客になっており、さらに言えばですが、この狙ったキーワードの数に違いはありますが、最も成功している会社さまにおかれましては、ほぼ狙ったキーワードすべてで5位以内に入っているのです。

また、それらのホームページは実はSEOだけに依存しているのではなく、その他の集客対策ものんびりと更新業務を行っているという特徴があります。

ホームページ制作手法はあまり関係がない

ホームページ制作手法は関係がない

まず、この最小の労力で成果を出しているホームページを見ると、ホームページ制作手法はあまり関係がないように思われます。

成功しているホームページを見ると、「スマホ対応のレスポンシブウェブデザイン作成もSSL化も行っていないホームページ」や「更新できるコンテンツを作成していないホームページ」など、弊社で行う通常のSEO対策とはかなり異なるものになっております。

そのため、おそらくですが、グーグルはスマホ対応が大切やhttps化が大切だとは言っていますが、実際は確かにSEOにとってプラス要因になってはいると思いますが、そこまで効果がないと思われると思います。

ただし、基本的なタグの利用法などはSEO対策を意識してしっかりと構築しており、ホームページ制作費はすべての企業さまでそれなりにかかっております。

タグの最適化はおそらく必須

タグの最適化

すべての企業さまで共通しているのはタグの最適化を行ったというポイントがまずあります。

ホームページ制作において、検索エンジンを意識したHTMLタグやCSSタグは、それほど関係がないとグーグル自身も言っていますし、さらにはSEOで有名な方やなども言っておりますが、弊社ではかなり大切ではないかと思っております。

タグを最適化することで、HTMLコード量に比べて原稿量が増える点、さらにはCSSなどにおいては、グーグルが分かりやすいように制作することで、グーグルがホームページのレイアウトを正確に判断することができるのです。

そして実際の事例としても、ほぼすべての企業さまでタグ作成をしっかりと行っており、実際に最適化を行ったタグと行っていないタグで効果検証をしたことはないのですが、おそらくタグの最適化の効果と判断して良いと思われます。

被リンクは最初に少し行った

被リンクは少量

次に被リンクについては、最初に少し対策を行いました。

ただし闇雲に被リンクを行ったのではなく、その業界の協会のホームページへの登録作業になっております。

これらの協会のホームページからの被リンク対策を行うことは、かなり効果的ではないかと考えており、その運営元の協会ホームページで、例えば加盟企業一覧などで1ページに大量の被リンクを張っている場合であったとしてもスパム行為になることはないと思われますので、しっかりと登録していく必要があります。

ただしその際には、しっかりとホームページを運営している協会サイトと限定することが大切であり、これらをしっかりと精査して登録することで、最大の被リンク効果を得ることが可能になるのです。

また、こちらの被リンク対策については1点だけポイントがあり、それはすべての成功しているホームページでライバルのホームページよりも圧倒的に被リンクが少ないホームページであり、闇雲に被リンク数を増やしていないということです。

ライバルと変わらないページ数がある

ライバルサイトと似たページ数

そしてこちらは多少ばらつきがあるのですが、ページ数はライバルに比べて、少ないか少し多いかのページ数のホームページになっております。

ただしどのホームページも割合としては、突出したページ数のホームページを除き平均を取ると、2割減から3割増くらいのページ数になっております。

そしてホームページ運営効率を考えた場合に、最初にしっかりとページ作成を行っていること、そしてメーカーさまのホームページであれば、ライバルもすべてそうですが、商品ページをしっかりと制作して、自社の打ち出せるポイントをしっかりと打ち出してページ数を稼いだホームページになっております。

メーカーさまのホームページ以外のホームページにおいては、ホームページ制作期間は比較的長いので、その間に弊社で指定したボリュームでブログ記事を書いてもらったり、ホームページの企画段階でユーザに役立つコンテンツ提案などを行いページ数を増やしております。

これらをしっかりと行うことで、ホームページのページ数は非常に大きなものになり、昔制作したホームページであれば、公開当初に1,000ページのホームページを作成してそこから8年間、ほとんどホームページの更新を行わずにずっと上位表示を行い続けております。

すべての会社でソーシャルメディアを利用している

ソーシャルメディアを利用

そして最小の労力で成功しているホームページにおいては、すべての会社さまでソーシャルメディアを利用しております。

このソーシャルメディアの更新内容については、結構多岐にわたっており、個人的な内容のソーシャルメディアもあれば、しっかりとビジネスに関連するソーシャルメディアもあります。

そして共通点として、成功しているすべての会社さまで更新頻度などはバラバラになるのですが、しっかりとフォロワーが増えているという点があります。

ソーシャルメディアを使って、関連する内容をつぶやいた際には、しっかりとホームページのアドレス付で、紹介するなどを行っており、さらにはそのリンクから大小はありますが、それなりの訪問者が訪れているホームページになっております。

ただし、ソーシャルメディアからの被リンクはnofollowという被リンク効果の無効化がされているので、おそらく被リンクの効果ではなくサイテーション(言及)効果ではないかと考えております。

SEOで成功すれば最小の労力で最大の成果を得れる

SEOで成功しよう

ホームページ制作の最終目標はこの最小の労力で最大の効果を得るという点になっていると思います。

仮にSEOで成功をしていても、莫大な量の更新が必要だった場合には、その更新作業が何年も続くということはないので、できる限り少ない更新量で成果を出す必要があるのです。

そのために決して切り離せないのがSEO対策になっており、SEO対策を最小の労力で成果を出すことでホームページは飛躍的に効果的なものになるのです。

現在言われているSEO手法の多くが非常に多くの努力が必要になっているので、もちろんすべてのホームページで労力が最小化されるような仕組みでホームページ制作を行ったとしても、最小の労力でホームページから成果を出せるということはありません。

しかし、ホームページ運営を最小化できる仕組みを導入することは大切ですので、まずは仕組みを導入して、様子を見ながらホームページ運営を行うことが重要であると考えております。

一般的に、弊社のホームページ制作案件の大半がSEO対策は必須になっており、努力をしてあげている会社さまもいらっしゃるのですが、反面楽をしてあげている会社さまもいらっしゃります。

どうせ高い予算を出して、ホームページを制作するのであれば、最小の労力で成果が出るホームページ制作が良いのは決まりきったことです。

ぜひ御社のホームページも一度上記を参考にしながら、見直してみて、最小の労力で最大の効果を出せるホームページと成長させてみてはいかがでしょうか。

TOP

ホームページ制作実績