HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

グーグルのモバイルファーストインデックスって何?

モバイルファーストインデックスとは

グーグルのモバイルファーストインデックスという単語を聞いたことがある経験がある方も多いと思います。

モバイルファーストインデックスとは、簡単に言うとモバイルを最初にインデックスさせるすなわちモバイルサイトの重要性に対する考え方です。

今回は、これらの言葉の意味や考え方についてご紹介をいたします。

モバイルファーストインデックスとは

モバイルファーストインデックスとは直訳で言うと、モバイルを最初にインデックスするという意味になります。

どういうことかというと、2017年以前のグーグルは、実はパソコンサイトを中心にホームページを評価していました。

それからモバイルサイトがあるやレスポンシブWebデザイン作成を行っているかで、モバイルサイトの検索順位を決定していたのです。

しかし、現在においては、PCとモバイルでまったく別のクローラーを利用して評価を行っているようです。

しかし、昨今ではモバイルの重要性が高まっているため、PCとモバイルを別で評価するようになっています。

ただ、実際の検索順位を色々と調べていると、大体がPCとスマートフォンで似たような検索結果になっています。

そのため、一般の方はそれほど気にするレベルではないと思われますが、一応モバイルファーストインデックスへの理解をしておくと良いでしょう。

影響について

実際に対してPCとスマートフォンで検索結果は変わりません。

あくまで当社の意見としてですが、ホームページ制作実績の会社さまの検索順位を調べていると、スマートフォンの方が結構頻繁に動いている程度の認識です。

逆にPCの方は安定しているイメージがあり、これはおそらく別のクローラーが巡回している影響になっていると思われます。

ただ、PCが上がればスマートフォンも上がり、逆に落ちればどちらも落ちる傾向は見られるため、大した影響がないと考えています。

ただし、ホームページ制作時に、レスポンシブWebデザイン作成やスマホサイトを制作していない場合は不明です。

昨今のホームページ制作は大半がレスポンシブWebデザイン作成になっているので、当社では100%スマホ対応を行っています。

もちろん御社がスマホ対応を行わない場合は不明ですが、スマホ対応だけしっかりと行っていればほとんど影響がないと考えると良いでしょう。

一般論ですが、このスマホ対応を行っている場合といない場合は、大した検索順位に差はないと言われています。

スマホ対応を行っているホームページといないホームページがあった場合に、SEO評価が同点であれば、行っている方が上位表示される程度と言われています。

ただ、モバイルファーストインデックスの影響で実際には大きく変わってしまう可能性もあるので、ホームページ制作時のスマホ対応は必須と言っても過言ではないのです。

おすすめの対策法はレスポンシブWebデザイン作成

このモバイルファーストインデックスへの対応法は、スマホサイト制作とレスポンシブWebデザイン作成の2つがあります。

当社が推奨するのはレスポンシブWebデザイン作成です。

その理由についてご紹介をいたします。

費用が高い

スマホサイト制作は、費用が高い点があります。

単純にスマホサイトで作成するページ数とPCサイトのページ数が同じであれば、実は2倍の予算が必要になってきます。

レスポンシブWebデザイン作成であれば、1.5倍程度で対応が可能なので、かなり安くホームページを制作可能です。

設定ミスで検索順位が落ちる

スマホサイトを制作すると、ユーザーがスマートフォン閲覧時には、スマホサイトへのリダイレクトが必要になります。

このリダイレクト設定を間違えて行っているため、SEO効果を半減させているケースが多いとグーグルが公表しています。

もちろん、PCとスマートフォンで表示する内容を大きく変えたい場合は、スマホサイト制作が必要です。

ただ、もし同じような内容を掲載するのであれば、レスポンシブWebデザイン作成の方が安全であると言えます。

レスポンシブWebデザイン作成でも追加料金はかかってきますが、情報の追加、変更、削除はできますので、レスポンシブWebデザイン作成で検討するのをおすすめします。

存在は知って意識は不要

モバイルファーストインデックスの存在だけは知っていて損はありません。

グーグルは日々進化しており、検索結果ランキングを決定するアルゴリズムを日々変更しています。

今後、モバイルファーストインデックスの在り方が、一切変更されないとも言い切れないものになっています。

損とあめ、存在だけは知っておいた方が良く、もしモバイルファーストインデックスの仕様変更が入ったときに、情報を正しく認識できるようになるためです。

ただ、何かしらの対応は不要であると思われます。

現在のホームページ制作は、モバイル対応が必須であるため、Webサイト制作会社がしっかりと対応をしてくれます。

そのため、SEOを行うにしても特に意識は不要になっていて、ユーザーのためのコンテンツの追加と変更、削除を行っていれば必ず検索順位が高まります。

モバイルファーストインデックスは、モバイルとPCを別のクローラーを巡回させる程度の認識で、それよりもユーザーのための対策を行い続ける方が重要なのです。

全業種でスマホ対応は重要

補足説明として、基本的には現在のホームページでスマートフォンユーザーを意識することは非常に大切です。

当社のホームページ制作実績で言えば、ネットショップにおいては、8割を超えるユーザーがスマートフォンでアクセスしています。

また、BtoC企業では、6割から7割。

BtoB企業では、3割から6割程度が多くなっています。

このようにモバイルファーストインデックス対策を検討する必要はないにしても、スマホ対応は必ず実施しなくてはなりません。

スマートフォンでホームページを見たときに、PCサイトが表示されてしまうと、非常に操作がしづらいです。

そして現在はレスポンシブWebデザイン作成が主流になっていて、大半のホームページがレスポンシブWebデザイン作成です。

そのため、スマホユーザーもPCサイトではなく、レスポンシブWebデザインのホームページを潜在的に想定しているのです。

もちろんスマホサイトでも問題はありません。

このようにスマホ対応をすることで、ユーザーの閲覧効率や操作性が向上するため成約率が高まる可能性があるのです。

そして最大で8割や9割訪れるスマホユーザーの成約率が高まれば、御社のホームページは期待通りの成果を得れるでしょう。

そのため、全業種でスマホ対応は必須であると言っても過言ではないので、これからホームページ制作を行う方はしっかりとスマホ対応を検討しましょう。

ホームページ制作の在り方に変更はなし

モバイルファーストインデックスが話題になったのが、2016年11月5日のグーグルウェブマスター向け公式ブログです。

モバイルファーストインデックスに向けてという記事を公開されており、それ以降モバイルファーストインデックスについてたびたび話題に上がりました。

しかし、確かに実施されるまでは、モバイルの重要性がかなり上がると言われ、こういう対策が必要だというような噂も多く出回っていました。

しかし、2022年の結果から言うと、特に大きな変更ではなかったように思われます。

もちろん、スマホサイトを制作していてリダイレクトの方法を間違えてしまうなどは大きな影響があるかもしれません。

しかし、現在のホームページ制作の大半はレスポンシブWebデザイン作成になっているので、関係のない話です。

また、世の中的にも8割以上がレスポンシブWebデザイン作成です。

そのため、ホームページ制作法やサイト運営法にはほとんど関係がなかった仕様になっています。

基本的にはユーザーのためのホームページを制作し、サイト運営を継続していればSEO効果は向上します。

存在だけを理解して、とにかくユーザーのためのホームページへと成長させる方を優先させましょう。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP