大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

ネットで見るSEOは極端なものが多い

ネットにあるSEO情報は極端

弊社では、ホームページを制作後に、多くの会社さまにSEOサポートを行っております。

そのため、弊社ではSEOについての情報収集を日々行っており、この情報収集で得た知識をもとにお客さまに最適な提案を実施しております。

しかし、ネットで見るSEOの情報は極端な情報も多くあり、普段からSEOに力を入れて取り組まれていない方では、その情報を正しく理解することができないかもしれません。

そこで今回は、弊社がこれまでSEOについて調べた結果、この情報はちょっと極端だろうと思われるポイントについてご紹介をいたします。

ページ数の多さ

ページ数

SEO効果を出したいのであれば、ページ作成は重要です。

しかし、最近では、ページ数はそれほど必要が無いという意見も稀に見かけることがあるのですが、弊社のこれまでのWeb制作実績から言えば、決してそのようなことはありません

もちろん、闇雲に新規ページを作成していてもまったく効果が発揮しないのですが、個々のページで上位表示を行いたいキーワードを定め、そしてそのキーワードで検索したユーザーが訪問したときに、価値のある情報が掲載されているページとすることで、個々のページで成功し、最終的には御社のSEOは期待通りの成果を出せるようになるのです。

では具体的にページ作成によって得られる効果としては以下のものがあり、これらのメリットをしっかりと獲得し続けていくことで必ず御社のホームページはSEOで成功いたします。

狙ったキーワードで詳しい

基本的にはページを作成する際には、それぞれのページで上位表示キーワードを定めると思います。

そしてその上位表示キーワードに御社が上位表示を狙っているキーワードや、その上位表示を狙っているキーワードの周りにあるキーワードを含めることで、グーグルが上位表示を行いたい「ユーザーのキーワードに対してもっとも詳しいホームページ」へと成長するのです。

例えば、弊社のホームページであれば、トップページで【Web制作 大阪】でSEOを実施しております。

そのため、弊社が行っている対策としては、当スタッフブログにWeb制作に関連する記事を公開しており、例えば「ブランディングとWeb制作」などのキーワードを含むページタイトルや「スタッフブログのアイキャッチ画像作成のポイント」などのWeb制作を含まないけれどもWeb制作に関連するキーワードを含んだページ作成を実施しているのです。

このように、ページ数を増やすうえで大切になっているのが、関連するキーワードを利用するではなく、関連するキーワードの周りにあるキーワードでも良いと言うことを理解することになっており、これらを徹底して行い続けることで御社のホームページはSEO効果を飛躍的に高まることが可能になるのです。

ただし、ビジネスに関連するページ数が大切だからと言って、まったく御社の上位表示を行いたいキーワードと関係が無いページタイトルで作成してもSEO効果が上がることはござませんので、しっかりと御社の上位表示したいキーワードと関連する新規ページとしなくてはなりません。

ページ自体に被リンクが付く

そしてページ数を増やすことのメリットとしては、実は、そのページ自体に被リンクが付くことがあります。

まだまだSEOにおいては、被リンクの獲得は非常に重要になっており、御社が作成したページに対して被リンク数を集めることで、御社のドメインパワーを高めることが可能になるのです。

もちろんページ作成だけでもドメインパワーを高めることが可能になるのですが、しかしページが増えたことによるドメインパワーの向上は、本当に微々たるものになるので、ドメインパワーを向上させるためには、被リンク数をしっかりと獲得していくことが重要になります。

そしてこの被リンクは確かに大量に集めようと考えると相当大変なものになるのですが、しかししっかりとユーザーのためになるページ作成を行い、そしてそのページのアドレス自体をソーシャルメディアで拡散することで、多少にはなると思いますが、毎月少しずつ被リンク数を獲得することが可能になり、期待以上のSEO効果の出るホームページへと成長するのです。

現在のWeb制作の提案においては、このページを作成することと、そのページ自体に被リンクを獲得することは必須になっていますので、しっかりと御社が新規ページと被リンクの獲得を意識することでが重要になるのです。

ページ自体の集客力

ページ数が多いことで、そのページ自体が検索結果に表示されるため、検索からの訪問者数を飛躍的に高めることが可能になります。

実際に弊社の例で言うと、通常のホームページとスタッフブログというように2つに分けた場合に、実は検索結果からの訪問者数で見たときには、ほぼ同じくらいのアクセスになっております。

このようにスタッフブログでページ数を増やすことで、御社のホームページの検索からの訪問者数は飛躍的に高いものになっており、現在の弊社のWeb制作では基本的には、スタッフブログは必須になっております。

ページの文字数

1ページの文字数

SEOについて学ばれた方であれば、一度は聞いたことがあると思いますが、SEOには文字数が大切だと言われていた時期がありました。

現在のSEOにおいては、文字数が多いWeb制作を行うことはあまり推奨できないものになっていて、文字数が少ないページと多いページをしっかりと分けることが重要になっております。

例えば、新着情報はそれほど文字数は必要がないが、スタッフブログなどのノウハウを公開するコンテンツは文字数はある程度必要になると言うように、そのページを見たユーザーに対して、最適な文字数でのページ作成が重要になっております。

もちろん、弊社のWeb制作実績のお客さまや弊社において、それぞれの文字数を定めると言うことはしておりませんが、しかしそれぞれのコンテンツに対してユーザーのためにページ作成を行っていると、自然と適切な文字数になっております。

具体的には弊社のスタッフブログでは、文字数は意識したことはないので、平均値は出したことがないのですが、ざっくりと当スタッフブログは2,000文字位が平均値になっていると思われますので、文字数ではなくユーザーのために適切な文字数で作成することが重要になるのです。

そして多くの方がトップページのSEOを意識されると思いますが、弊社では、トップページの文字数を5,000文字から10,000文字に変えてもまったく効果が出す、10,000文字から5,000文字に戻してみても一切検索結果が動くことはなかったので、文字数に捕らわれるのは労力の無駄で、それぞれのページでユーザーのための文字数を意識するだけで良いのです。

strongタグの利用

strongタグ

定期的に言われるstrongタグについてですが、このstrongタグは多様してもスパムになりませんし、さらには利用している場合と利用していない場合でSEOの評価はそれほど変わりません。

弊社のWeb制作実績のお客さまのJAL株主優待券即納サービスのホームページでもともとスタッフブログにはstrongタグを入れたほうがSEO効果があるという理由から大体200記事ほどをstrongタグを導入してスタッフブログの更新を行っていただいておりました。

そしてこのstrongタグを入れるSEO効果が思ったほど出ていないこと、さらにはstrongタグを入れる労力を考えたときに、strongタグの効果測定のためにホームページにあるすべてのページのstrongタグを消してみたのです。

その結果、まったく検索順位も変わらず、さらには検索からの訪問者数も一切変わらないものになっておりましたので、strongタグをSEOのためだけに設置するのであれば、まったく意味がないものになっております。

そのため、strongタグは文字を太字にする効果があり、確実にそのページの読みやすさは向上しますので、ユーザーのためだけに設置することの方が重要になっております。

質の低い被リンク

被リンクと質の考え方

SEOにおいてまだまだ被リンクは重要な要素になっております。

そのため、Web制作が完了したら、もちろん狙っているキーワードの難易度にもよるのですが、難易度が低くないキーワードで上位表示を実現するためには、必ず被リンクが必要になっております。

そしてこの被リンクにおいては、質の低い、すなわち闇雲に張られた被リンクは効果が無いと言われているのが一般的で、質の低い被リンクは否認したほうが良いと言う情報も多くあるのです。

しかし現在のグーグルは、スパム的な被リンク対策を除き、基本的には質の低い被リンクは無視してくれているので、弊社の考え方としては、リンク否認ツールがまったく不要ではありませんが、しかし必要なケースは非常に少なく、リンク否認を行った最悪のケースでは、検索順位が落ちてしまうことがあるので、これらをしっかりと理解したうえで、被リンク否認ツールを利用して、毎日少しずつ被リンクを否認し、もし検索からの訪問者数が減ったり、検索順位が落ちたら、被リンクの否認の取り消しを行うことが重要になるのです。

基本的には相対評価

SEOは相対評価

上記がパッと思いついたSEOの情報で極端なものだと感じるポイントになっております。

もちろん、弊社の意見が正しく、ネットに掲載されている情報が間違えているとは思いませんが、しかし実際に弊社では数多くのWeb制作を行い、そしてそれらの会社さまに対してSEOをサポートした結果で言えば、少し極端ではないかと思われる情報も多くありました。

もちろん、書いている内容を実行したからと言って、SEO効果が出ないとは言い切れず、基本的には1つの対策で検索結果が上下することは非常に稀なものになっており、SEOの基本は相対評価であるため、ホームページ全体をSEOに最適化することが重要になるのです。

SEOの情報収集を行われている方は多いと思いますが、その情報を鵜呑みにするのではなく、ユーザーのことを考えることが最も大切であり、そして自社のホームページではどのような対策を行えば良いかを検討することで御社のSEOは成功するのです。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

これまでの実績