大阪のホームページ制作会社セブンデザインのスタッフブログ

新規ページ作成でお困りの方へ

新規ページ作成の際に

ホームページを制作したら、そこからブログ更新が始まることが一般的です。

基本的にはホームページから成果を出すためには、ホームページの更新が必要になっており、これらの更新を行うことで、ホームページの成果は最大化していきます。

しかし、最初は100記事くらいなら何とかなりそうと思っていても、50記事を超えたあたりから一気に更新ネタが思いつかなくなったりなどの問題が発生します。

その際に一般的に利用されるのが、グーグルの広告代理店になるアドワーズのキーワードプランナーと言われるツールになっており、これらを利用することで、実際に検索されたキーワードを発見できるのですが、しかしこれらのツールを使って調査するのは非常に手間で時間のかかる作業になります。

そこで弊社でお薦めするのは、グーグルマイビジネスの投稿機能になっており、これらをうまく利用することで、効率よく新規ページ作成が可能になります。

そこで今回は、新規ページ作成でお困りの方のために、更新ネタを探せるグーグルマイビジネスの投稿についてご紹介をいたします。

グーグルマイビジネスの投稿

グーグルマイビジネスへの投稿

グーグルマイビジネスはグーグルアカウントさえあれば誰でも利用ができるツールになっております。

グーグルアカウントを取得した後、グーグルで【グーグルマイビジネス】と検索をして、ログインをしたら、左側にあるメニューから投稿をクリックすることで、グーグルマイビジネスの投稿を行えます。

そしてこの投稿をすることで、実はグーグルの検索結果に地図が表示されることがあるのですが、その地図の上位表示対策にもなっており、実際にグーグルマップで3位以内に入れば、SEOで成果を出せていなくてもかなりの数の訪問者を集客することが可能になります。

今回はこのグーグルマップの上位表示であるローカルSEOの話ではないので、このような効果も得られるというだけにとどめて置きますが、このグーグルマイビジネスの投稿をすることで、それぞれの投稿が何回表示されたかを知ることが可能になるのです。

投稿の閲覧回数はばらつきがある

閲覧回数のばらつき

そして実際に弊社でも、150ほどの投稿を行ってみて気が付いた点としては、この投稿ごとの閲覧回数にはかなりばらつきがあるということです。

例えば今日の投稿は40回ほど閲覧されていたけれども、1週間前までの投稿はすべて0回あるいは数回しか閲覧をされていないというデータとなることが多くあります。

そして弊社では大体150回の投稿のうち、100回は閲覧数が0になっているのですが、これらの0の投稿がなぜ0かを考えたときに、「そもそも検索者がいない」または「グーグルマップSEOで上がっていない」のどちらかになってくると思われます。

そしてこの投稿については、そこまで詳しく見ていく必要はないと考えており、0のモノはニーズがない投稿であり、閲覧回数が10を超えるものは少なくとも検索者数が存在するものであると考えました。

そのため、この投稿については、投稿して10回以上の閲覧者数がいる投稿内容については、実際にそれなりに検索エンジンユーザが検索をしていて、集客ができる内容となっていると思われますので、これらをスタッフブログで記事を書くことで、ホームページ制作の成果を飛躍的に高めることが可能なのです。

投稿の文字数は少なくて良い

文字数は少なくて良い

そしてスタッフブログの更新を行う際に、いきなり作成せずになぜこの投稿機能を使うかというと、現在スタッフブログを作成してそこに記事を書く方は、それなりの文章量で記事を書いていると思います。

よく弊社が聞くのは、お打ち合わせの際に、弊社の競合他社が「2,000文字の記事を書いたほうが良いと言っていたが御社もそうなのか?」とご質問をいただきます。

これについては「もちろんそうです」と言っており、この2,000文字の記事を効果があるかどうかが分からないにもかかわらず作成し続けることは本当に大変だと思われます。

そこで出てくるのがグーグルマイビジネスの投稿機能になっており、この投稿機能では、実は500文字も書けば、検索結果にしっかりと表示されるものになっているので、500文字の記事をしっかりと公開していくことで、それぞれの作成しようとしている記事ページが本当に検索されているかを知ることが可能なのです。

ただ、検索はされていたとしても、グーグルマップが表示されないキーワードもあるので、一概には言えませんが、しかしブログの記事更新のネタを探すには非常に便利なものになっています。

時間が関係していると思う

投稿時間が関係

そしてこのグーグルマイビジネスの投稿について、閲覧回数を見ていると、投稿から検索結果に表示される時間が極端に短いように思われます。

基本としては一致情報としてグーグルマイビジネスの投稿が検索結果に表示されるのですが、この期間が極端に少なく、弊社がこれまで計測してきた限りで言うと、多くて2日、短いと1日になっていると思います。

そのため、もちろん表示キーワードにもよりますが、100回や1,000回などの閲覧数を狙うのではなく、大体10回もあれば十分ではないかと思っております。

そしてこれらのグーグルマイビジネスの投稿内容は500文字程度になるのですが、表示回数が多い投稿内容については、2,000文字以上にリライトを行い、ホームページ内のブログに記事を公開することで、御社のホームページの成果は飛躍的に高まるのです。

まずは100記事投稿しよう

100記事投稿

上記が大阪のホームページ制作会社 株式会社セブンデザインが考えるグーグルマイビジネスを使ったホームページの更新方法になります。

これらは非常に効率的ですので、グーグルマイビジネスの投稿を毎日行い、そして別に毎日閲覧回数をチェックする必要はありませんが、しかしネタ切れが起こった時にチェックをしていくことで、効率よくブログ記事を作成することが可能なのです。

ただし、投稿数が少ないと、実際に閲覧回数が多い記事自体が見当たりませんので、しっかりと記事を作成していくことが推奨になります。

その記事数としては、まずは100記事になっており、100記事もあればある程度表示されている投稿も多く見られますので、ホームページ制作後にいきなりブログ更新を行うのではなく、まずは100記事を作成して、それから投稿の閲覧回数を見ながらスタッフブログなどの更新を行うと良いでしょう。

こちらのデータを利用することは確かに、期間で言えば、スタッフブログの更新をいきなり始めるよりも、多くの時間がかかりますが、しかしある程度スタッフブログの更新が行われたときのネタ切れ対策になりますので、しっかりとこれらを利用してスタッフブログを更新することがオススメになります。

類似記事

TOP

ホームページ制作実績