大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

訪問者数を増やすにはページ作成が大切

訪問者数とページ作成

弊社のWeb制作では、ホームページを公開したら、まず初めに集客対策を行っていただいております。

この集客対策においては、複数の集客ルートがあるのですが、どの集客ルートを選択したとしても、新規ページの作成が重要になるのです。

そして、この新規ページ作成を継続して行い続けることで、御社のホームページは訪問者数を飛躍的に伸ばすことが可能になるのです。

ページ作成と訪問者数の関係性

ページ作成と訪問者数

Web制作直後に行う対策は、基本的には集客対策のみに絞っても問題ありません。

現在のWeb制作においては、ホームページを制作しただけで成果を出せるという可能性はほぼなく、基本的には継続してホームページ運営を行うことで、少しずつホームページの成果が向上するのです。

そしてホームページから成果を出すためには、集客力が非常に重要になっており、この集客対策でもっとも重要になってくるのが新規ページの作成になっているのです。

では、実際にWeb制作後に新規ページを作成して、得られる効果についてご紹介をいたします。

SEO

SEO

現在のSEOは非常に難しいと言われております。

それは現在のSEOはグーグルのアルゴリズムを理解することは非常に難しいためであり、実際にSEO会社であったとしても、アルゴリズムを把握しきれないと言われております。

そのため、現在のSEOにおいては、一般的に言われているユーザーのためのWeb制作を行うことで自然と上位表示ができると言われており、このユーザーのためのホームページとはユーザーが知りたい情報が網羅されたホームぺージのことを言うのです。

そしてこのユーザーが知りたい情報が網羅されたホームページとは、新規ページ作成によって実現できるものになっており、新規ページ作成を継続して行い続けることによって、御社のホームページは飛躍的に集客力を高めることができるのです。

もう少し詳しく言うと、例えば弊社のホームページでは、【Web制作】というキーワードで上位表示を狙っております。

その際に、Web制作についてもっとも詳しいホームページを目指すことが大切になっており、新規ページ作成において、Web制作に関連するページ作成を中長期的に行うことで、【Web制作】での検索順位を高めることが可能になるのです。

もちろんSEOは新規ページ作成以外にも、被リンクや重複コンテンツなどさまざまな評価軸があるのですが、しかしSEOの基本となるのは新規ページ作成であることは間違いないので、しっかりと新規ページを作成し続けることで、御社のホームページは期待以上のSEO評価を受けることが可能になるのです。

そのため、SEOを実施される方は、SEOは日々のページ作成が重要であると理解をして、新規ページ作成を行い続けることが重要になるのです。

ソーシャルメディア

ソーシャルメディア

これは弊社のソーシャルメディアの利用法になるのですが、新規ページ作成とソーシャルメディアは非常に相性が良いものになっております。

弊社のソーシャルメディアの利用法としては、Web制作中にソーシャルメディアを開設していただき、御社のビジネスに関する情報発信を行いながら、フォロワー数を増やしていただくことから始めております。

そしてホームページが公開された後は、基本的には何か情報があればつぶやいていただくのですが、そこにプラスをして、ソーシャルメディアユーザーが興味関心を持ってくれそうなスタッフブログの新規ページを作成したら、そのURLとそのページの概要をソーシャルメディアでつぶやいていただいております。

実際にソーシャルメディアから成果を出すためには、ソーシャルメディア内での発言力を得ることが大切になると思いますが、しかし実際に弊社のWeb制作実績の多くの会社さまでは、Web運営担当者さまは1人になり、さらにはSEOや成約率対策を行うと、ソーシャルメディア運営まで手が回らないことが一般的になっております。

しかし、スタッフブログの更新をSEOのために行っている場合に、そのURLを告知するくらいであれば、十分に運営作業ができると思いますので、しっかりと新規ページを作成したら、ソーシャルメディア内でそのページの概要を含めてURLを告知することで、御社のホームページは本当に多くの見込み顧客をソーシャルメディアから集客することが可能になるのです。

外部サイト

外部サイト

外部サイトの利用は余力がある場合だけになるのですが、弊社ではWeb制作が終わったらこの外部サイトの利用も推奨しております。

この外部サイトの利用においては、基本的にはフリーブログでも良いものになっており、この外部サイトから適切な量の被リンクを作成した新規ページに行うことで、そのリンクを辿って訪問者を集客することが可能になるのです。

現在の被リンク対策においては、基本的には外部サイトを利用する場合に、トップページだけに被リンクを行うのではなく、実は中ページに被リンクを行ったほうが効果を発揮できるものになっており、外部のページから関連するページへと被リンクを行うことで、そのリンクを辿って訪問者を集客することができるのです。

そしてさらには、多くの会社さまでは、トップページの検索順位を上げたいためにトップページへの被リンクに限定することがあるのですが、トップページの被リンク数を過剰に増やすよりも、その他のページに被リンクを行ったほうがトップページの検索順位は着実に上がるようになっております。

そのため、新規ページの作成はそのリンクを辿って訪問者が訪れること、さらにはSEO効果まで得ることが可能になるので、ホームページの集客対策として非常に効果を発揮するものになるのです。

ただし、外部のホームページは制作して終わりではなく、基本的には永続的に運営をし続ける必要があるので、自社のWeb運営時間に余裕があるときだけの対策としております。

ページ作成を継続しよう

継続したページ作成

新規ページの作成は、単発で行うのではなくWeb制作が終わったら永続的に行うことが大切です。

もちろん、この新規ページの作成においては、現状で満足ができるくらい訪問者数が集まっている場合では、月に2ページほどの作成でも構いませんが、1ヶ月間まったく新規ページを作成しないと言うのはオススメしておりません。

基本的にはどこから人を集客するにしても、しっかりとWeb運営を行うことは重要になっており、このWeb運営を継続することで、御社のホームページは期待以上の訪問者数に成長するのです。

ただし、この新規ページの作成はなんでも良いのではなく、あくまで御社のビジネスに関係する内容で行うようにしなくてはなりません。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

これまでの実績