大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

インデックス未登録からの被リンクは意味がないかも

インデックス未登録からの被リンク

弊社では、Web制作が終わった後、多くの会社さまに無料のSEOサポートを提供しております。

この無料のSEOサポートにおいては、本体のホームページすなわち内部SEOだけではなく、外部SEOになる被リンク対策もサポートしているのですが、この被リンクサポートを行っていると、被リンク効果により、成果が出ているホームページとまったく成果が出ていないホームぺージには傾向がありました。

その傾向とは、もちろんすべてのホームページでと言うことはないのですが、しかし被リンク効果で検索順位が上がっていないホームページ、あるいはどこかのタイミングで大幅に検索順位を落としているホームページでは、被リンク元のホームページに大量のインデックス未登録のページが存在していることが分かりました。

インデックス未登録が大量発生

インデックス未登録が大量に発生する

外部のホームページを運営して、そこから本体のホームページへと被リンクを行われている方は、その外部のホームぺージにどれくらいのインデックス未登録があるかを計測しているでしょうか。

実際に弊社がWeb制作を行った会社さまのSEOサポートをしていると、お客さまの中には、この外部のホームページのインデックス未登録が膨大なことも多くあり、一例ですが、100記事くらいあるホームぺージにもかかわらず、【site:sevendesign.biz】のように【site:ドメイン】で検索を行ってみると、5ページくらいしか認識されていないホームページを見かけます。

そしてこれらのホームページは被リンク対策を行っているにもかかわらず、ある日突然、本体になるホームページの検索順位を落としてるという傾向があり、これらのホームページについては常にインデックス数を計測しているわけではないのですが、しかし被リンク対策をサポートしてすぐに計測したときには、しっかりとインデックスされておりました。

おそらくですが、現在のグーグルはアップデートを頻繁に行っているため、どこかのタイミングで大量にそのホームページのインデックスが削除され、その結果、被リンクを掲載しているページの多くがインデックス未登録になってしまい、検索順位を落としてしまったことが予測されます。

このように、現在のSEOにおいては、外部のホームページもしっかりとインデックス状況の把握を行うことは非常に大切になっているため、しっかりとインデックス状況を把握して、そして適切な対応を実施する必要があるのです。

noindexも意味がない

noindexでは対応できない

外部のホームページのインデックス未登録が増えてしまい、本体のホームページのSEO効果が落ちてしまったこともあったので、一度被リンク元のホームページでインデックス未登録になっているページのnoindex設定を実施いたしました。

そして本来であれば、インデックス未登録のページはグーグルのデータベースに入っておらず、さらには被リンクも認識されていないはずなので、検索順位が落ちることはなく、noindex設定を行うことで、被リンク元のホームページのクローラビリティーを高め、1つ1つの被リンク効果が向上するはずなのですが、実はnoindexを行った結果、本体のホームページの検索順位まで落としてしまう結果となったのです。

そしてさらには、外部のホームページにおいても、それほど多くの検索キーワードでの検索順位は計測しておりませんが、しかし計測しているキーワードすべてで検索順位を落としていたため、実はこのインデックス未登録を改善するために、noindexを行うことはまったく意味がないように思われます。

そのため、外部のホームページを制作する際には、しっかりとその外部のホームページがインデックス未登録にならないように、Web制作と運営を行うことが現在の被リンク対策はもちろん本体サイトのSEOにおいて重要であると思います。

しっかりと被リンク元を育てる

被リンク元を育てる

外部のホームページからの被リンクにおいて、弊社が考える最大の問題は、外部のホームページで大量にインデックス未登録のページが発生してしまうことになっております。

そしてこの改善法は、楽をして改善をする方法としてnoindexの設定などがあると思っていたのですが、実はnoindexを行ってしまうとなぜか本体のホームページはもちろん外部のホームページの検索順位もただ落とすだけになるので、簡単にインデックス未登録の改善作業を行うことはできないのです。

そのため、基本的にはnoindex設定で対応をするのではなく、外部のホームページであったとしても、インデックス未登録にならないように、正しいWeb制作と継続した運営を行うことが重要になっており、これらを徹底して行い続けることが唯一の被リンク効果を得る手段であると思われます。

現在のSEOにおける被リンク対策は非常にハードルが高いものになっており、この被リンク対策を自社でも行わなくても済むように、ホームページ内の質を高めて、自然な被リンクを獲得できるホームページへと育てることが大切になるのです。

この自然な被リンクを獲得できるホームページとするためには、単にコンテンツの質だけではなく、Web制作と運営法などにもポイントがあり、本当に訪問者にとって分かりやすく魅力的なホームページとすることが重要になるので、基本的なSEOとしては、ホームページ全体をユーザーのために制作することに注力することが重要になります。

これから被リンク対策を行おうとご検討の方は、当ページをご覧の上で、実際に自分で行ってみることも良いですが、しかし被リンク対策のために膨大な時間をかけることももったいないので、ぜひ自然な被リンクが集まるホームページへと成長させることをオススメいたします。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

ホームページ制作 大阪|株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績