大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

トラブルにならない通販サイトとするのために

トラブルが発生しない通販サイト

昨日、消費者庁のホームページを見ていると、通販サイトのトラブルについて紹介されているページがありました。

通販サイトのトラブルのページに記載されている例を1つずつ見ていると、実際にこの消費者庁のホームページを見ずにWeb制作を行ったとしても、トラブルが発生していないホームページが行っている対策もいくつかございました。

弊社の考えとしては、これらのトラブルになる可能性がある対策は行わない方が良いと言うことはなく、基本的には消費者庁のホームページに紹介されていると理解をして、本当に必要であれば対応を行い、代わりにその他の箇所でしっかりとユーザーのための通販サイトを制作することが重要になっていると考えております。

意外と通販サイトはトラブルが多い

通販サイトのトラブル

弊社で制作・運営を行っている通販サイトでは、通販サイトを制作する前の企画段階で、しっかりと運営法を考えてから通販サイトを制作しているので、大きなトラブルが発生した経験がありませんが、実際に消費者庁のホームページを見ていると、結構トラブルが発生しているようです。

上記は消費者庁のホームページにある、「インターネット通販トラブルのページ」になっているのですが、こちらのホームページに掲載されているような対策を行う場合には、注意をした方が良いという内容になっております。

掲載されている内容については、Web制作会社が通販サイトを制作する場合は、ほとんど行わないような内容になってはおりますが、しかし値引きの箇所については、在庫処分などの関係から稀に行う対策になっており、この値引きを行った場合に、訪問者が消費者庁のホームページを見たことがある場合は、少し警戒されてしまう可能性があるのです。

さらに、決済方法についても、初めて通販サイトを制作される方の場合、銀行振込だけで対応して様子を見ながら決済方法を拡張していくこともあり、このような場合も警戒されてしまう可能性があるようです。

そのため、これから通販サイトを制作・運営される方は、もちろん大幅な値引きが駄目や銀行振込だけが駄目ということはありませんが、消費者庁のホームページをしっかりと確認し、記載されている内容を理解をしてからWeb制作を行うことが大切になっており、例えば銀行振込だけで通販サイトを制作する際に、「銀行振込だけは少しリスクがあるけど、別の箇所で信頼性を高めよう」というように対策を立てることで、多くのユーザーに商品を購入してもらえる通販サイトとすることが可能なのです。

もちろん通販サイトの制作前には、予測ができなかったトラブルが発生してしまうことはあるのですが、万が一トラブルが発生した場合は真摯に対応をしていくことが求められており、通販サイトを制作する前に、どのようなトラブルが発生する可能性があるかをすべてピックアップして対策を取る、万が一予測できなかったトラブルが発生した場合は真摯に対応していくことで、本当にユーザーが安心して買い物ができる通販サイトとなるのです。

企画段階で問題点を洗い出そう

企画で大きなトラブルを潰す

通販サイトは、大なり小なり必ずトラブルが発生するものであると考えております。

弊社のWeb制作実績にあるANA・JAL株主優待即納サービスの通販サイトでは、しっかりと企画を立てて通販サイトを制作しており、通販サイトを公開してから大きなトラブルが発生したことはございませんが、小さなトラブルは多く発生しております。

まったく何も考えずに通販サイトを制作してしまうと、いざ運営が始まると、さまざまなトラブルが発生してしまい、通販サイトを利用するユーザーから、高い頻度でお問い合わせが発生するので、そのお問い合わせにすべて対応ができていれば良いのですが、その数が多いと対応が追い付かなくなってしまうことがあります。

そのため、通販サイトを制作する前に、どのようなトラブルが発生する可能性があるかを検討して、そのトラブルが発生しないように通販サイトを制作することによって本当に成果の出せる通販サイトとなるのです。

また、こちらは通販サイトの話になりますが、基本的にはコーポレートサイトなどの一般的なWeb制作においても同様で、しっかりとWeb制作前の企画段階で問題点を洗い出すことは必須となっております。

運営しながら改善

運営中の改善

実際に企画段階で、トラブルが発生しそうな箇所については、すべて問題が解決された通販サイトを制作することで、可能な限り通販サイト制作後に、トラブルが発生しない通販サイトにはなるのですが、しかし実際には、通販サイトの企画段階で思いもつかなかったような小さなトラブルが発生することがあります。

例えば、上記のANA・JAL株主優待即納サービスの通販サイトでは、お客さまからのお問い合わせ内容としては、「請求書の名称を変更したい」や「スマートフォンで商品を購入をしたら途中で回線が切れたため納品されなかったのに決済されてしまっている」などになっており、これらの小さなトラブルに対しても、ANA・JAL株主優待即納サービスの運営者であるチケットキング荻窪さまでは、それぞれの顧客に真摯に対応することと、次にそのようなトラブルが発生しないように、しっかりと通販サイトの改定を実施されております。

この同じようなトラブルが発生しないようにしっかりと対策を行うことは非常に大切になっており、ANA・JAL株主優待即納サービスを見ていても、チケットキング荻窪さまからの修正要望は年々少なくなっているように思われます。

そして小さなトラブルであっても0にすることが目標になっており、トラブルに関するお問い合わせ数が0になることで、お客さまの通販サイトの運営効率は飛躍的に高まり、本当に利益率の高い通販サイトへと成長するのです。

そして、チケットキング荻窪の場合は、実はANA・JAL株主優待即納サービスは、2サイト目になっており、1サイト目でもWeb運営の中で発生するトラブルをすべて改善してから、新規のWeb制作を行われており、更なる売上の向上を実現されております。

成果を出すにはユーザーのために

ユーザーのためのネットショップ制作で成果を出す

現在のホームページの制作は、基本的にはユーザーのためのWeb制作であることが重要であると言われております。

そしてユーザーのためにというのは、通販サイトであっても同様の考え方になっており、通販サイト公開後のトラブル予測や通販サイト制作の基礎知識を学んで制作を行うことで、飛躍的に通販サイトの成約率を高めることが可能になるのです。

実際にANA・JAL株主優待即納サービスにおいては、細かなテクニックは意識せずに、とにかくホームページをユーザーのために新規ページを作成したり、さらにはお客さまからの細かなトラブルメールに対応することで、そのホームページの成果を飛躍的に高められております。

今回は消費者庁のホームページを例に、通販サイトのトラブルについてご紹介をしておりますが、通販サイト制作前にトラブルになりそうなポイントをしっかりと潰しておくこと、そして通販サイト運営中にお客さまからの細かなトラブルにしっかりと対応していくことで、御社の通販サイトは必ずその成果を最大化できるのです。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績